人気ブログランキング |

中国海軍、海自機に照準を合わせる。

引用。


ヤフーニュース。


「中国海軍、海自機に照準向ける」





・・・。




・・・・・・・・・・。





え、マジで?






なんか、最近この方面が結構、きな臭い様子を出しております。



少し前は韓国軍の哨戒艇が爆沈し、今月10日には沖縄と九州の間を中国海軍の艦隊が太平洋方面に移動してますし・・・。





なんか・・・。

大丈夫か?



少しでも間違ったら軍事衝突起きるんじゃないか・・・?









ヤフー記事にあったように、冷戦時代のソ連でさえそんなことはなかったそうです。

冷戦時代のソ連と言えば、いわば敵対国です。


まぁ、正確には同盟国の敵対国。
(ほぼ同意義ですが)

それに比べ、敵対国(まぁ、領土問題は多々ありますが)ですらない中国がこのような行動を取るのは、激しく疑問。



正直、不安でしょうがないリキペディアです。


さてさて。ではでは。















追記。

現代の日本人って戦争に対して、無関係と言うか「ありえないもの」って先入観があるっす。


有事の際にどうなるかが自分含めて心配。





・・・大丈夫かなぁ。




ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

久しぶりのφ(._.)カキカキです

最近多いですよね…

大三次世界大戦勃発なんてことになったら日本が危険すぎる気が…

いつの時代も過激派はいるものですね…北朝鮮も動く気が…

アジア大戦(笑)

兵役が強制になるかもしれないですねそうなると…軍隊を持たないとか破棄しそうで怖いですね
Commented by rikipedia at 2010-04-21 21:09
>kirinaさん
確かに、日本は戦略的な資源こそないものの、拠点としては申し分ない位置にありますからね。

しかし、最後の、軍隊の件ですが。

自分は、軍隊(自衛隊、ないし日本軍)があってもよいと考えます。

外交の裏にはいつも軍事力のカードがないと外交自体が行えないからです。
どの国家も外交に於いてアメリカに対し恭順し、敵対行動を取らないのは、(通常戦力で)米国を除いた世界中の軍隊全てを結集しても、米国に劣るからです。

また、「国家」として、国民の生命・財産・権利を保障し、保護するのは当然の義務。

軍隊を放棄するってことはその国民を保護する義務をも放棄するに等しいので、国防軍だけは何としてもあるべきかと。
そして、それが暴走しないように目を光らせるのが、我々国民側に課せられた義務なんです。
お互いがお互いの義務を順守してこそ、お互いが成立できるもんだと、自分は考えます。<(_ _)>
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by rikipedia | 2010-04-20 22:42 | 歴史バカの日記 | Comments(2)