人気ブログランキング |

21世紀艦隊決戦の様子。(勝手に趣味レート)

2月9日。月曜日。


さて、今日は軍事オタクの私が、少ない脳をフルに活用し、今後、艦隊決戦が起きた場合、どうなるかを、趣味レートしてみた。



さて、まず、いきなり自分が行きついた答えから言おう。


第二次大戦以降、続いてきた戦艦不要、航空機主力の艦隊決戦だが・・・・。


私は、今後、超大型戦艦が登場すると考える。



そして、航空機は不要となる。

21世紀以降の艦隊決戦においては「超・大艦多砲主義」となる。





さて、では理由を述べよう。




まず、イージスシステムのことから。


1975年にイージスシステムが開発され、新しくイージス艦なるものが登場した。



これは高度のコンピューターや処理能力を持ち、一隻で迫りくる脅威200個まで対応できると言う素晴らしきシステムだ。


つまり、航空機が200機束になってかかろうと勝てないのだ。


まぁ、一機当たり5発の対艦ミサイルを放ったとすれば40機までか・・・・。



8隻ぐらいのイージス艦が集まって艦隊を組めば300機の航空機に対処可能。


通常、イージス艦だけでは艦隊を組まないため、通常艦艇(イージス艦以外の艦艇)もあるとすると300機以上対処可能。


大型正規空母一隻には大体100機程度の航空機(戦闘機や偵察機など、対艦用でないものを含め)が収容可能だから、対艦用のものは50機もないはず。


つまり、空母6隻と航空機300機が束になってかかってもイージス艦8隻には無力。


当然、イージスシステムを妨害するために航空機からジャミングの類が発信されることは容易に察しがつく。


しかし、航空機と軍艦一隻の情報処理能力を比べた際、軍艦の方が圧倒的に上なのは説明しなくてもわかると思う。


一応解説するならば、大型デスクトップと小型モバイルで情報合戦するようなもんだ。



さて、これで航空機は無力と言うことが証明された。



まぁ、陸上に近いところでは空港からも航空機が来るだろうし、1000機も束になれば勝てるかと思うが、今回は海のど真ん中、艦隊決戦である。



さて、では。



イージス艦の艦隊を倒すのに、通常艦艇では歯が立たないの明らか。


よってイージス艦10隻と同じくイージス艦10隻が刃を交えたと仮定しよう。



まず、水平線より向こうの彼方からミサイルの応酬が始まる。

通信衛星によりレーダーで探知できない水平線より向こうも攻撃できるからだ。

さて、しかし、イージスシステムはそのミサイルをすべて迎撃。
艦対空ミサイルやCIWSなどの兵器だ。


さて、対艦ミサイルをすべて撃ち尽くした両軍はさらに接近。

主砲・魚雷による攻撃を開始する。

しかし、これもイージスシステム。ほとんど撃墜できる。


まぁ、魚雷は難しいが、チャフ・フレアや近接爆雷等で十分対処可能だ。




さて、そうなると、どうなるか。


「弾薬の欠乏」である。




つまり、両軍とも決定的な打撃を与えられないまま、自分の基地へ引き返していくことになる。


まぁ、殺気立った軍隊なら愚かにも敵艦に乗り込んで白兵戦しようとするかもしれんが、対空用の機関銃(CIWS)がある限り、生身で近づくのはバカである。



さて、これを解消するには、もっと軍艦を増やすか、軍艦の弾薬庫を増やすしかないのだ。


当然、補給船を増やすと言うことも考えられるが、補給中は一切攻撃も防御もできないから戦闘中にそれはないだろう。


さて、前者を選ぶとなると編成や人事が面倒なことになる。


だが、後者ならば簡単だ。



改装によって住居区画を削って弾薬庫にすればいいんだから。




もしくは。


巨大な軍艦を作るか。





さて、艦隊決戦でも両者互いに通信の傍受や偽装などをするだろう。



となると、それに対応する巨大な処理能力を持つ艦が必要となる。


味方と確実な通信を保ち、敵を混乱させる意味で、処理能力は大きくて困ることはない。



となると・・・・・。




超巨大な軍艦が誕生するのである。




確かに、情報処理能力を持った小型艦を大量に作るのもいいだろう。


しかし、それでは司令部がバラバラになってしまう。



戦争において、指導権や指揮権ほど一つがよいものはない。




司令部要員を大量にかくまうためにも、やはり巨大な軍艦が必要だ。





さて、そしてその武装のミサイルだが・・・・。


確かに、巨艦ゆえに巨大な弾頭を装備するのもいいだろう。



しかし、それでは弾薬庫を増設しても意味がない。


数が増えずに大きさだけ増えるのだから。




となると・・・・・。



今後、大艦巨砲主義ならぬ




大艦多砲主義が出てくるだろう。




ミサイル発射管を多量に装備していれば、それだけ相手に一度に大量のミサイルをお見舞いできるし、防御時もさらに多くのミサイルを迎撃可能となる。




さて、以上の点より、今後大和型以上の「イージス戦艦」が誕生するだろうと私は考える。




さて、こんなものかね。







まぁ、自分の意見として、私は戦争を否定しない。

あ、勘違いのないように注釈。

「戦争をスポーツマンシップにのっとり正々堂々とやるのなら」、というだけであり、そこに一般市民を巻き込んだり、ましてや核兵器までの投入は否定する。





殺し合いが好きな死んでもいいって方は自由に。

ただし、我々と地球に無関係な木星あたりで。





ってことなのだ。


さてさて。ではでは。



クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 17:51 x
いっそのこと、それで小説書いちゃえw
なんて言ってみるw

超巨大戦艦を作るったって、そこにかかる造船技術、ならびに人件費、さらにその規模の戦艦を操る人員育成なんかを考えたら、あまり得策ではない気がするw
Commented by rikipedia at 2009-02-09 18:11
まぁ、イージス艦3隻建造するぐらいならイージス戦艦作っちゃえ。と。苦笑。

まぁ、そこまで軍備追及する国なんてないからあり得ない話。

一隻1200億円(運用費や人材育成は含まず)。日本の海上自衛隊1年分の予算に等しいぞ。

アメリカがイージス艦を70隻以上持ってるけど、その他の国全て統合しても10隻とチョイだからねぇ・・・。

ちなみに日本は6隻。
世界第二位のイージス艦保有国だよ。笑。

平和主義だからこそなのか、平和主義なのに・・・なのかは微妙だなぁ・・・。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 18:49 x
平和主義、平和を守るための武力はした方ない、ってやつだろ。
是が非でも戦争がしたい政治家どもの、予算の組み方っちゃそんなもの。


まぁ、正直な話、今のうちに核保有国で危ない国をたたきのめして、そしてその講和条約で日本の戦力を廃棄、ってのが理想だな。
つか、いい加減、戦力捨てちゃえばいいのになw


戦争する気満々、ってのが予算案からもわかるわw

Commented by rikipedia at 2009-02-09 19:21
核保有国に通常兵器で戦争挑むのはやはり不安だなぁ・・・。
まぁ、アメリカくらい通常兵器が湯水のごとくあれば問題ないんだけど。

まぁ、しかし、何も持たないのも不安だと思うぜ。
いきなり北朝鮮あたりがミサイル放とうと国民を守れない国家ってのもなぁ。
イージス艦はその名の通り守護神、つまり高度防衛用の艦。
あまり攻撃には向かないが日本には必要なのかもな。

特に中国と北朝鮮の近くとあれば。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 19:26 x
まぁ、確かにそれは否定できないな。
悲しいけど、それが世界なんだろう。

いっそのこと、宇宙から何かわけのわからん生物がやってきて、地球一丸となって守ってくれるとガンダム的ちきゅう(ry
みたいな感じで、一つにまとまれるのになぁ;

守護神、か。その守護神ですらも楯ではない矛を持とうとしている。
また戦争がしたいのか、ってなw

いっそのこと、永世中立国になってしまえばいいのに;
Commented by rikipedia at 2009-02-09 19:35
中立国(ノルウェー等)は前時大戦においてドイツに占領されてたが・・・。

やはり、自衛のためには戦力の保持は致し方ない。
よって、海外派遣には反対だ。

国内防衛のみが任務。まぁ、災害救助は大目に見るか・・・。

加えて経済も。防衛庁が大量の金使って企業に兵器の製造頼んでるからまぁ、少しは経済向上してるのかなぁと。

まぁ、「贅金」なんだけど。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 19:37 x
防衛庁→防衛省なw

今や12省庁だぜw;
めんどくさいったらありゃしないw 

国民の知らないところで戦争する準備は万端だww
Commented by rikipedia at 2009-02-09 19:42
せめて専守防衛の理念だけは守ってほしいものだ。
まぁ、逆に厳守しすぎると戦わずして敗北してしまう理念でもあるんだが。

・専守防衛・・・自衛隊の基本理念。簡単に言うと、「撃たれるまで撃ち返さない。」
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 20:14 x
そだねー、確かに専守防衛だけは守っていただきたい


っていうか、第9条とそれって、矛盾じゃないのか?
撃ち返している段階で交戦状態、ってことは撃ち返すのが高宣研に当たるのでは?

そこらへん、どうなんだろ?
Commented by rikipedia at 2009-02-09 20:46
撃たれた後ならば「正当防衛」ってなるんじゃないかな。
まぁ、その後に敵の領土に侵攻したら問題だけど。

撃たれたミサイルを撃ち落とす・撃ってきた標的を撃ち落とす。
これは「自衛権の行使」であり、自身の安全を確保するため、仕方ないだろう。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 20:57 x
なるほど~w

まぁ、国家間の正当防衛となるか;
問題は撃ってきた方がさらに攻撃をしてきたとき、ってところか?;

よく分からんww

つか、久しぶりに語ってるけど、GreenPC帰ってきてたのか?
Commented by rikipedia at 2009-02-09 21:08
その通り。ネンドバンぐりーん復活っすよ。
レポートするつもりだったんだが、プリンタが使えないらしく結局手書き。
よって昨日はほとんど寝てませんとも。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 21:20 x
今、日本史のノートまとめとかしてたけど;
勉強してねぇww

やべぇな、こりゃ;

今から、少しでもやってくるさww
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 21:20 x
今、日本史のノートまとめとかしてたけど;
勉強してねぇww

やべぇな、こりゃ;

今から、少しでもやってくるさww
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 21:21 x
連続込め、すいませんw;
えんたーを2連打してしまったw;
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 21:21 x
連続込め、すいませんw;
えんたーを2連打してしまったw;
Commented by rikipedia at 2009-02-09 21:26
うぉっ! 4連続。
まぁ、日本史の勉強頑張って。
私も物理と交戦してきますかね。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-09 22:25 x
なんか知らんけど、連打してしまう、癖らしい;
ごめん;

英単語小艦隊、撃破っ!
左舷より工学演習、右舷後方より、化学プリント艦隊を確認、引き続き、交戦を続ける。

今日は長い一日になりそうだby黒夢艦長
Commented by rikipedia at 2009-02-09 22:34
我に勢力すでになし。
孤立無援・四面楚歌なり。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-10 06:47 x
四面楚歌ktkr

数Ⅱはkoteの得意分野だし、物理なら少しくらいは教えられる

独りじゃないぜw
Commented by rikipedia at 2009-02-10 07:55
いや・・・。行く手を巨大な教科群が幾重にもわたって・・・・・・。
しかも後ろには親が。

いわゆる
「前門のテスト。後門のおかん。」ってやつ。
Commented by くろゆめゆき at 2009-02-10 19:23 x
うっ・・・それはそうかも;
頑張ってくれ、と言わざるを得ない
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by rikipedia | 2009-02-09 17:08 | 歴史バカの日記 | Comments(22)