リキペディア、大量出血の巻   

さて、みなさまお久しぶりです。





先週金曜日に始まった試験も2日目。


我らが工科短大では阿鼻叫喚の声が至るところで聞こえてきます。











そんな今日。


リキペディアは大量出血に見舞われておりました。













だいぶ前から。



そう、「なんかおかしいな」とは感じていたのです。




でも、「まぁ、大丈夫だろう」と自分をごまかし続け。












そんな中、訪れた今日。







医者から宣告された短い余命。




























ヽ(`Д´)ノリキペニウム
「てめぇ、嘘ついてんじゃねぇ」


∠( ゚д゚)/リキペディア
「ちょっと場を盛り上げようとだな?」


( ノ゚Д゚)リキペニウム
「次やったら殴るからな」












というのは全くうそで。
(すみません・・・)











端的に申し上げましょう!











リキペディアになりました!\(^o^)/














というわけで、以下その流れと今日どのようにして乗り切ったかを書いておりますが。








いかんせん。











非常に内容が汚い。








まぁ、それはそうですね。


場所が場所ですし。








まぁ、わかりやすい表現というか、開き直って下ネタに下ネタを積極的に絡めた結果、結構なひどい記事となっております。










というわけで今一度。



お食事中ではないか、とか。



今からカレー食べるようと思ってる、とか。



周囲の目がないか、とか。




再度お確かめの上、下にある「記事の続きを読む」をクリックして頂いて続きをご覧ください。





それでは、一旦はここで失礼しますm(_ _)m



↓      ↓

記事の続きを読む
[PR]

# by rikipedia | 2014-09-16 23:26 | 歴史バカの日記

2014年:夏休みの出来事(前編)   

さて、気づけばなんやかんやあってもう9月が始まりましたw






結局、夏休みのあった8月は1回も更新してませんでした・・・。

ヒエェー









さて、そんなリキペディアですが最近ずっと遊び通しておりました。

まぁ、艦これの夏イベントに全力を尽くしてたり、帰省先の東京でエンジョイしたり。




そしたら8月20日から学校が始まってうへぇ、ってなったり。













というわけで、今回はまぁ、ざっくりと。


最後の更新から今日ここまで何があったかを簡単に書き留めておいて、リキペディア自身の記憶の整理とだいたいこんなことやってましたよーという広報をいっしょくたにしてしまいます。









それではレッツラゴー。







まず、少し前に書いた「書き溜めてる更新一覧」


せっかく書いた割に、書き溜めてる割に全く更新しておりませんが。







まぁ、そっから書いていきましょうか。




まずは7月。






リキペニウム
「え、そっから!?」

リキペディア
「だって最後の更新が7月30日だし、書いてないのでいえばもっと前からあるし・・・」


リキペニウム
「どんだけさぼってたんだ」

リキペディア
「宿題は夏休み最終日にやるもん、って俺の中で相場が決まってる」


リキペニウム
「・・・独自通貨理論、って知ってる?」

リキペディア
「自国内経済が他経済に飲み込まれるとこまでしっかりと」


リキペニウム
「早くやろうか」

リキペディア
「そだね・・・・・・・」








さて、気を取り直してそれでは。










7月5日:大分高専オープンキャンパス


後輩や同期に呼ばれて参上。

そして、久々に会う先生方やクラスメイト。

みんなから「よく来たなぁ」「そうかそうか手伝いか」「最近どうだ?」と色々な話をしました。





リキペディアレベルになると、知り合いが多くて困っちゃう☆









リキペニウム
「単に留年しまくってクラスメイトが3年分いるだけだろ」

リキペディア
「そうともいう」


リキペニウム
「そうとしか言わん」












7月6日:大雨ガンプラ大会



高専祭翌日。

メシア様の運転で、文芸部長のまつりくんジャスコとともに4人でガンプラを買い漁る旅に出かけました。

出かけたはいいのですが、この日は大雨でギャースカ言いながら早々に買い物終了。





・・・と思いきや、ジャスコとともに駅前のラーメン店「おめでたい」に行ってきました。


ここは鶴崎通りにある「トラの夢」の3号店のようなとこ。

濃厚でこってりとんこつが美味しいのですが、麺が細くてスープといまいち絡んでないのがうーむな点。



もうちょっと器が大きくて、麺がスープの中を泳げるようになるともっと絡んで美味しくなるかもしれません。

・・・と思いました(あくまで勝手な感想です)。









リキペニウム
「何いっちょまえにラーメンについて語ってるんだこの素人」

リキペディア
「素人だからいいんじゃないか。 ・・・ところで、素人モノっていいよね」


リミペニウム
「お前は一体何を行ってるんだ」












7月9日:同期と温泉。



この日は中学校の同期、KとA、そしてAの弟の4人で風呂に行ってきました。

別府だと「よぉ、今日暇か?風呂行こうぜ」って言って車に乗って風呂に行く、なんてことは日常茶飯事です。


そんな別府人らしい一コマを記事にしました。







さて、前回の更新ではここまでを書き留めてる、と発表しました。


こっからは、それよりもさらにあったことをちょこちょこと書いておりますので、また大雑把にですが書き出していきます。














7月13日(日):リキペディア誕生日会


7月14日はリキペディアの誕生日。

というわけで、我が家にて家族やら親戚集まってわいわいと誕生日会をしておりました。



親からは「彼女さんと出かけなくていいの?」と聞かれました。







彼女さんいないの知っててこの質問ですよ・・・・・・!!









というわけで
絶賛彼女さん募集。

というか、毎日ただただ一緒に駄弁ってくれる女の子がほしいです・・・・・。








なお、この前日の7月12日、車校に入校いたしました!
















7月19日(土):工科短大オーキャン



この日は工科短大のオープンキャンパスでした。

事前予約していた高校生たちが来るのですが、そんな彼らのお世話は彼らの先輩、つまり同じ出身校の方が行います。

例えば、別府鶴見丘高校の学生さんが見学に来るのなら、工科短大の在校生の中から鶴見丘出身の人探してきてー、みたいな。



さて、もちろん(?)、リキペディアの後輩は来ないのでリキペディアは説明ではなく来場された方へ延々ジュース配りしていました。


まぁ、いつも高専のオーキャンやら高専祭でやってたような作業なので、こういった作業はお手のものです。


可愛い女の子が受け取りに来てくれたのが嬉しかったです。はい。





なお、この日Y先輩とskypeで話す予定だったのをすっぽかして翌日に超怒られる事案が発生。















7月20日(日):機械保全3級学科試験



普通なら日曜日で休日のこの日、学校へわんさかと集まって学科試験を受けました。

なお、この時電車に乗り遅れるまくって、結構やばかったですw




というのも、まず東別府駅から中津駅まで行く普通電車を「8分発」と「6分発」を見間違える、というミスで逃します。

しかし、次の電車に乗って、別府駅で特急(ソニック)に乗り換えれば大丈夫なことが判明。



じゃぁ、それに乗ればいいや(特急代かかるけど)、で20分後、東別府にて乗車。



しかし、いつもの感覚で別府駅で降りるのを忘れておりまして。
(あー、別府駅だー人が降りたー座ろうー、って悠々自適に座っておりましたw)








慌てて気づくも既にドアはしまった後。

次の別府大学で降りて押し返しの電車を探すも、折り返しの電車はなんと1時間後。



うっへぇ、ということでタクシー捕まえて別府駅まで1200円払って無事ソニックに乗れましたw




なお、このソニックさんは最初乗ろうと思ってたソニックの次発なので、到着時間は試験開始10分前というギリギリさ加減。




色々とヤバい日でしたw





やれやれー(;´∀`)


















7月21日(月):ガンプラ制作・爆破大会。




某所に集まった高専文芸部員。

呼ばれたリキペディアものこのこついていきます。


まぁ、文芸部との癒着というよりは、単純に距離の問題で中津の友人よりも未だつるむ機会が多かったりします。




というわけで、集まった文芸部員はその数10名以上。


集まって何をしたかといえば、クソ暑い炎天下の中、ガンプラをいそいそと作る作業に没頭しておりましたw





その後、その作ったガンプラに爆竹を絡ませて、着火。


ザクは星となった・・・・・・。








注:ちゃんとゴミは持って帰りました。



なお、このとき我らがごまどれさんが車に大きなキズを入れた模様。












7月23日(水):工科短大、夏休み開始。


世間一般では20日位から夏休み開始でしたが、我ら工科短大はこの日からでしたw




悲しいけど、これ退学なのよね。













7月26日(土):家族で駅前のお店でご飯。


親父が単身赴任先から帰って来てたので、一緒にご飯食べに行きました。


そういえば、最近自衛隊弟と会ってないなぁ、などと。


弟は何歳になってもすべからく可愛い。















7月27日(日):護衛艦見学


大在埠頭にやって来た、海上自衛隊の護衛艦。


これを見学に行ったのですが、今年はなんと女子2人男子2人というまるで合コンのような組み合わせで行くことに!!

具体的にはリキペディア他、工科短大のK先輩M先輩F先輩の3人で行ってきました。





はい、超楽しかったです。


実はこの日の夜、別府市内で花火大会があったのでもしかしたら一緒に行けるかなーなどと 目論んで 考えておりましたが、やっぱりみなさん中津の方に家があるので時間的に長居が出来ず・・・。

というわけで、弟2人と行って来ました。これはこれで楽しい。




なお、女の子と軍艦見に行くという、なんともまぁリキペディア的に一挙両得な日だったので、結構テンション高いといいますか、ちょっといつもと違うリキペディアがお送りしております。




今度、築城基地の航空祭も行く予定なので楽しみ。

現在、呉の海軍基地も行けないかなぁ、と色々考えている最中です。














7月28日(月):機械保全3級実技


この日は検定試験の実技がありました。


以前受けた学科と合わせて、合格になるのですが、まぁ誰も落としたことがないそうですよ、この試験。

というわけで、余裕で合格でした。いぇい。



なお、午前中で終了だったので、午後はみんなでカラオケ行ってました!

クラスメイトのNくんがぐうかわ。















7月31日(木):塾の同僚と一緒に帰る


塾のバイトをやってるリキペディア。

少し思い悩んでることが会ったので、同僚の女子大生さんに相談してみました。



方面が同じなので、一緒の電車でずっと話してました。





・・・が、まぁ、あれですね。


いつも同年代の女子と話す機会が皆無なので、どうも肩肘張ってしまうと言いますか。





まぁ、要は緊張してしまいますね・・・。


やれやれ・・・。


とは言いつつ、普通に女の子と話すのは楽しくも大好きな模様。

多分きっとデレ隠しに違いない・・・。











というわけで、7月が終了しました。



こっから怒涛の8月に入っていきますw












と、ここで分量が多すぎて投稿できなかったのでちょっと記事をわけます。すみません。




また次回、「後編」を更新していきますのでお楽しみに!






さてさて。ではでは。






















追記。


最近の流れとして。









ブログ更新する


ほったらかす


twitterで「更新しろよー」と言われる


ブログを更新する







・・・というループな気がしてきましたw









リキペニウム
「自分でちゃんと更新しろよ」


リキペディア
「毎日が時間ないんだよ・・・」








まぁ、毎朝起きるのが早いので、どうも返ったらすぐネてしまいます・・・。





しかし、今回は流石に長かったので、今後気をつけます。





それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-09-02 00:38 | 歴史バカの日記

リキペディアと初体験   

7月29日。




今日はリキペディアの初体験でしたので。


絶対に記事にしてやろうとテンションを上げてお送りします。





というわけで、こんばんは。


リキペディアです。




それでは、れっつらごー













リキペディアの住む別府市。



昔から別府市は温泉があるために、歓楽街として発達してきました。

まぁ、いろいろと、慰安旅行的な行き先だったり、慰安的な何かだったり。


大通りから一本路地に入ると、まぁ、そういうアダルティなお店がたくさん立ち並んでいたりするところです。
















そんな別府市内の某所。





ここに来る人の大半は18歳以上。そんな場所にリキペディアはおりました。


・・・・・・まぁ、時々16歳くらいの人もいるそうですが。














リキペディア自身、こういうところに行くのは今まで全く経験がなく。



しかも「実技」となると今日が初めてなので、とても緊張しておりました。























「えーーっと、リキペディアくんですか?」

「はいっ、そうです」






名前を尋ねられ、返事を返しますが自分でもやはり緊張しているな、と実感します。




少なくとも、記事を書いている現在ですら「返事を返す」などという記述ミスをうっかりしてしまうくらいには緊張しておりました。



はぁ、いかんいかん。













「じゃぁ、早速ですがはじめましょうか。中に入っておいてください」

「はい」








そう言われ、ドアを開けて中に入るリキペディア。

まぁ、右も左もわかんないので、ひとつひとつ丁寧に教えてくれるのは助かります。








「まずは両手を伸ばして軽く手をかける感じで。」

「は、はい」

「あ、力は抜いてリラックスしてくださいね」

「こうですかね?」




言われて、少し慌てて力を抜いてみるリキペディア。

やっぱり、どうしても初めてというのは緊張して力が入ってしまいます。







「そうですね。でもやっぱり少し力んでますね。 とはいってもこればっかりは慣れが必要なので難しいんですけども」

「すみません・・・」

「いえいえ。 それじゃぁ、始めてみましょうか」

「はい」












というわけで。

運命の本番です。








すぅ、はぁ、と大きく深呼吸します。





























(・∀・)ノ先生
「じゃぁ、まずは始動から」


(`・д・´)リキペディア
「クラッチよし、エンジン始動」


(・∀・)ノ先生
「ギアを入れて前進しましょう」


(`・д・´)リキペディア
「サイドブレーキよし、ギア1速よし、アクセル」


(・∀・)ノ先生
「そうそう、そんな感じでー」



















というわけで、本日。




初めて自動車運転してきました!!












もちろん、まだまだ構内をぐるぐると何周か回っただけですが、それでもリキペディアの初体験です。



自動車童貞、卒業です!














(ili゜Д゜) リキペニウム
「自動車童貞!?」


(´∀`*) リキペディア
「いや、なんとなく語呂がいいからさ?」











しかしまぁ、いきなり1速から2速に入れさせられて、30kmも出させられるとは思ってもおりませんでした。



しかも、アクセルとか意外にも敏感すぎます。








(・∀・)ノ先生
「じゃぁ、アクセル軽く踏んでー」


(`・д・´) リキペディア
「了解です」(チョイ










グォォォォォォォッォオン!




Σ(゜Д゜ノ)ノリキペディア
「!?!?!?!」










とか。







(・∀・)ノ先生
「はい、ここで軽くブレーキー」


(`・д・´) リキペディア
「はい、了解です」(チョイ









ガグンッ



リキペディア
(ヽд) ゜゜「ぐぇ」












・・・・・・などなど。




なんかもう、気軽に運転出来る気がしません。







少し運転しただけですが、それでも前方や左右を見て、ハンドル回しながら、アクセル踏んだりブレーキ踏んだり、クラッチつないでギアチェンジしたりと大忙しです。




太鼓の達人のノーマルですら、後から後から来る譜面に処理能力が追いつかずフリーズモードになってしまうのに、こんな複雑なの一気に来られたらフリーズどころか強制シャットダウンを始める勢いです。


はぁ、いかんいかん。












というわけで、22歳になってようやく自動車学校に行き始めたリキペディア。



一体どういうことになるのでしょうか。










今後、「自動車学校、悪戦苦闘編」みたいなのがちょくちょく更新されると思いますので、お楽しみくださいw



それでは!

























追記。

(# ゚Д゚)つリキペニウム
「まぁ、確かに自動車学校は18歳以下いないけど」


( ̄∀ ̄)リキペディア
「時々、原付の免許とってる人とかがいるくらいかねー」


(#`Д´)ノ リキペニウム
「ともかく、自動車童貞脱却おめでとう」


(´・д・`)リキペディア
「おぉ、おまいさんが素直に褒めるとは珍しい」


o(`ω´*)oリキペニウム
「あぁ。早く『自損事故童貞』も卒業して欲しからな」


ι(´Д`υ)リキペディア
「さっきの感嘆詞返してくれよ・・・・・・」










まぁ、安全運転に努めますw



それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-07-30 00:05 | 歴史バカの日記

ハッピーバースデー! トゥーミィー!!ヽ(・∀・ )ノ   

というわけで、こんばんは!










日付が変わりまして、2014年7月14日月曜日。




またもややってきた月曜日なので、やれやれというか、辟易させられるというかな日ですが。












本日の7月14日を以って。











リキペディアはなんと!














22歳になりました!!

















イェーーイ!!ヽ(・∀・ )ノ

















・・・・・・とは言ってみても、22歳です。




正直、年齢なんて19歳で止まってくれればいいのにと思うほど、もう年を取るのが億劫です。






というのも、18歳で迎えた「ピンクののれんをくぐる権利」「自動車運転免許」が嬉しすぎて、20歳なんてーと思っているフシがあります。


まぁ、20歳の喜びはお酒が飲めるようになるくらいで、選挙権やら納税やら年金やらで、メリットを打ち消してきます。


つまり、リキペディアは責任ある立場、になるのが嫌なのでしょう。

















・・・・・・なんというか、まぁ。





書いてて思いますが、リキペディアの頭のなかは未だにお花畑なわけで、つまり自分が大人になった、という事象を全くもって認めようとはしておりません。



それはつまり、学生時代が他人よりも長かった結果に起因するものなのですが、やれやれ。














そんな「またつまらぬ年をとってしまった・・・・・・」とでもいうような22歳の誕生日。



とはいっても、全く嬉しくないわけではありません。








何を以って「人並み」と表現するかは分かれるところですが、とりあえずここまで色々ありました。


多分、人並みには色々やらかしてはいるでしょう。









そんな中でも、無事に笑って22歳を迎えられたこと。







これを喜びと言わずなんとしましょうか。











ってかまぁ、本来の誕生日の由来としては産んでくれて育ててくれた親に感謝するべきなので、改めてこの場でも「ありがとーございました」と申し上げておきます。













22年間と長い間ありがとうございました。



が、しばらくまだまだ厄介になりそうなのでこれからも是非によろしく願いますm(_ _)m


















というわけで、恒例になりました誕生日のブログ更新。




ここまで、なんだかんだとぶつくさ言ってはおりますが、まぁ、基本的には誕生日を喜んでおります。













既に親戚やら家族、友人やらからなんやら「おめでとー」と言われましたが、やっぱ祝われるのは嬉しいもんですね。










と、同時に感じるこのむず痒い感じ。



やっぱり、リキペディアは祝う側のほうが好きかもしれないなぁ、などと思いつつ本日の更新とします。

















あ、祝われるのは嬉しいんですよ!?






祝われるのは嬉しんですよ!?










大事なことだから2回言いましたからね!





さてさて。ではでは。
































追記。

ヽ(・∀・ )ノリキペディア
「いやぁ、ついに22歳か!」


(;^ω^)リキペニウム
「その割にまだ学生やってるけどな」


(´・д・`) リキペディア
「だ、大学生とかだったら普通だし・・・?」


(#`皿´) リキペニウム
「お前がいるのは短大だけどな」


(・∀・ )っ リキペディア
「ほら、短大! 大学じゃん!!」


(´・ω・`)リキペニウム
「厳密には『短期大学校』だから、大学じゃなくて職訓だな」


ι(´Д`υ) リキペディア
「今日は一段と辛辣デース・・・・・・」








株式会社リキペディアの先行きは未だ不安で株価はストップ安・・・・・・。


次回にご期待ください!













【余談:書き溜めてる更新一覧】

・7月5日大分高専オープンキャンパス

・7月6日大雨ガンプラ購入大会

・7月9日同期と温泉

・7月10日リキペディアと日常




ゆっくりと更新していきますので、ご期待せずにお待ちください・・・。



それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-07-14 00:05 | 歴史バカの日記

明日は大分高専、オープンキャンパス!!ヽ(^o^)丿   

こんばんは!


リキペディアにございます!





さぁ、さて明日はなんとリキペディアの母校たる大分高専のオープンキャンパスです!



リキペディアも「暇なら手伝え」の誘いに乗って朝っぱらから行ってきます。









まぁ、久々に先生に会って挨拶したり後輩の顔を見に行ったりしたいですしヽ( ̄▽ ̄)ノ





それと、リキペディアの中学校からも大分高専を受験する生徒がいるのですが、彼らの案内を請け負うことになりました!







というのも、その生徒さんはリキペディアの働いてる塾に以前まで来てた生徒さんらしく、今回そういう縁でちょっと一緒にわいわいしてきます(・∀・)ノ








ここまで書いてわかるように、大分高専のオープンキャンパスは事前に予約がいったりだとか、先生が順路に沿って案内するとかいうのではありません。




簡単に言えば学園祭のような感じで、地域の子供や家族連れ、女子高生やおじいちゃんおばあちゃんなど、幅広い人たちがやってきて、高専の行う「工業技術」を見ていきます。





本当にお祭りっぽいので、人混みや騒がしい方が大好きなリキペディアが喜ばないはずがありません。




加えて言えば、地元で働く同期や後輩とかもやってくるので、もしかしたら彼らにも会えるんじゃないか、と期待しております。











というわけで!

明日の大分高専オープンキャンパス!







気合い! 入れて! 行きます!



さてさて。ではでは。
























追記。

オープンキャンパス。



略して、オーキャン














大分高専においては、このリキペディアが初めて「オーキャン」という略称を用いた、と言われておりますが、それはさておき。















久々に行く母校はどうなってるか。


そこにいた人たちは今何してるか。





色々な楽しみを秘めて、リキペディア出撃します!













ご覧になってるみなさんも、興味があれば是非お越しください!


下は大分高専のHPです。






大分高専HP





確か、朝9時か10時ぐらいから始まって、午後3時位までやってるかと思います。


ぜひぜひ!






それでは。
[PR]

# by rikipedia | 2014-07-04 21:26 | 歴史バカの日記

試験が返却されました!   

はいはい、こんばんは!



さて、前回の土日の更新から1周間経ちました。









というわけで、試験が全部返ってきたので早速発表します。






いざ、公開!








情報文章:94点
(平均78)

2DCAD:100点
(平均81)

工業力学:94点
(平均31)

数値制御:81
(平均73)

生産工学:100
(平均51)

情報工学:86
(平均63)

機械製図:89
(平均62)

機械加工:82
(平均58)

基礎数学:80
(平均66)

精密測定:91
(平均76)





でした!









というわけで、13教科の合計点は1191点。

個人的には1200点を堅守したかったのですが、力が及びませんでした……。






なお、平均点は92点



順位は機械科1位でした!









まぁ、どの教科もそうですが、リキペディアは高専を4年まで行くのに6年かけております。



つまり、大抵の基礎的なとこは大体網羅しているので、ほとんどの教科において「あぁ、これか」というデジャブを味わっております。


まぁ、デジャブがあるだけで、一見して出来るわけでもないのですが( ̄▽ ̄;)






しかし、それでも「こんな感じに解く」ことがうっすらと脳裏に浮かぶので、やはり他同期よりは難易度や敷居といったものが低いです。










ι(´Д`υ) リキペニウム
「そりゃ、7年も工業やってればな」


(´∀`*) リキペディア
「亀の甲より年の功、ってやつかな」












ってか、工業歴7年のリキペディアが、工業歴3ヶ月の同期に負けてたら、いよいよ首つりにかかるしかありません。










例えば部活でも、「おいおいあの先輩、俺より3年も上なのに、俺の方が上手いぜ」「しかも俺たちまだ3ヶ月なのに、あの先輩7年もやっててそれかよ」と言われること必至です。





また、なにより堪えるのが「高専いてそれかよ」「高専大したことねぇ」と思われることです。




自分自身の名誉やプライドなんかは、まぁ自分でどうにかしますが、それで母校を辱しめるわけには参りません。









というわけで、既に7週回った上での「強くてニューゲーム」を地でやるリキペディア。


年上としての意地を大人げないまでに張った結果が今回の試験です。














(#`皿´) リキペディア
「張れない意地なんてこっちから願い下げだっつーの」


(´・д・`) リキペニウム
「プライドだけは無駄に高いやっちゃな……」















しかし、喜んでばかりもいられません。


リキペディアが望むのは、「みんなで進級」です。





青臭い理想論だ、と思われるかもしれませんが、それでも留年退学してるリキペディアとしては、もう誰も留年させるわけにはいきません。


あんな思いは、もう、誰にも味わって欲しくはないのです。








まぁ、今まで散々、欠点とって留年してきた奴が何を偉そうに天狗になって言ってるんだ、と思われるかもしれませんが。











さて、そんなわけで今回の試験前、出来る限りの範囲で、勉強会を開くなりしてやってみたリキペディアでしたが、それでもクラスの点はあまり良くありませんでした。



つまり、それでは足りなかった、ということです。










であるならば、次はもっと前から。


そしてもっと居残る時間を増やして対応するほかありません。




もちろん、単純に時間が多ければいい、ということではありませんが、それでもやはりテスト直前になって「あそこをもっと教えとけば」「やりようがあったはず」と思ってしまうのです。













とは言ってみるものの。




もしかしたら、他人に教える、っていう行為で優越感に浸りたいだけかもしれません。


もしくは、昔憧れてた先生の真似事をして、雰囲気を味わってみたいだけかもしれません。








つまり、全くの偽善の可能性があります。

自分でどうなんだろうと考えてみても、結局わからずじまいです。















しかし。



しかし、それでも。















リキペディアは彼らより年上で。

工業もずっと長くやってて。

留年も退学も経験して、その辛さも知ってて。



そして現在、救うことが出来るかもしれない位置にいて。









ならば、出来る限りやりたい、のです。









というわけで、まぁ、結果的に留年を防げるならばそれでいいか、と開き直り、現在のようになっております。





続く第二回目の定期試験。

それまでにどれだけのことが出来るでしょうか。



頑張ってみます。





さてさて。ではでは。




















追記。

現在考えてる案としては、まず宿題を作ること。




色々話を聞いてみた結果、放課後居残っても、帰ってから何もしないというパターンが結構ありました。




なので、例えば練習問題を1つやらせるとか。

もしくは、プリントか何か作って、学校で印刷してみんなに配る、とか。


そんな感じで、居残って教えた部分をもう一度自分で解いてみる、というシステムを作りたいのです。







あとは、勉強会の計画をちゃんと立てること。


前回はただ「今日教えて欲しいとこあるー?」とかだったので、同じ範囲を2度教える、というようなことがありました。


次回はより広い範囲をまんべんなく網羅しなくてはいけないので、事前に計画を作って、参加しようと思う人に連絡して実施していこうかと思います。




こんなかんじで色々とやっていきながら、なんとか留年生を減らせるよう努力したいです。





留年する方も辛いですが、残される方も結構くるものありますし。


それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-06-29 20:50 | 歴史バカの日記

進撃のリキペディア   

さぁ、こんばんは!


試験が返却されつつあります。


リキペディアです。








さて、それでは。

本日から試験が返却され始めましたが。








久々に恒例でありました点数公開をしていきましょう!







というわけで、リキペディアの試験結果!










材料工学:94点
(平均78)

電気工学:100点
(平均76)

油空圧力:100点
(平均未算出)






以上です!










材料工学は学年1位の96点に次いで次席

電気工学は3人タイで100点。

油空圧力は単独学年1位でありました!












というわけで、まずは単純に点数が良かった事を喜んでおります。

なんだかんだいって、やはり嬉しいもんです。




新天地とあって不安を抱かせていた親にもようやく説明責任の一部が果たせるというものです。













しかし、だからといって両手を挙げて喜べないのも事実。


周知の通り、リキペディアは高専にて留年を繰り返したのち、現在の工科大に在籍しております。








その積み重ねた工業歴は実に7年。


そして、今やっているのは基礎的な部分であったりその前の導入、初めて工業を学ぶ人向けの内容であります。






つまり、簡単に年数で比較するなら、中学1年生が小学1年生の試験を受けるのと同じだけの開きがあります。


どんなに成績劣等生であっても、中学1年生が小学1年生のテストを受ければ、それは満点に近い点数がとれるでしょう。






もちろん、工科大の試験はそこまで簡単ではありませんし、元々リキペディアが高専にいた時代も満足にできていなかった部分が多々あるので、頑張らなかったか、と言われたら嘘になります。


不肖ながら、リキペディアなりに頑張っておりました。









ですが、やはり7年もの工業歴、同期より3年も年上という事実を含めて比較すると、まだまだこれでは足りません。





というわけで、リキペディアはまだまだ頑張り続け、さらにより高いレベルになれるよう努力せねばなりません!












具体的に何をするかというと。



とりあえずは満足すべき結果でクリアした定期試験。

これを第1の矢とすると、続く第2の矢は資格や検定です。








現在、リキペディアは3つの検定・資格の受験申し込みを行っており、それらは7月下旬から9月にかけて実施されます。

もちろん、資格保有後はさらに他の検定や次級に向けて勉強していく予定です。








これらをクリアし、現在の工科大同期よりも多くの資格と成績を保有することで、3年の埋め合わせとする。



これがリキペディアが思い描いているドリーム計画であります。











まぁ、さすがに高専辞めて、ぼちぼち働かんとなぁ、などと今更の勤労意欲に目覚めたのです。


今までは特に「卒業さえすればなんとかなる」でしたが、この学校では「数年分の埋め合わせが必須」という状態なのです。









しかし、だからこそリキペディアは頑張れる。



否、頑張らんと悪いのです。













それに、やっぱりなんであれいい点数をとれると、さらに勉強がやりたくなります。



ここから始まるリキペディアの急成長物語。








きっと、ゲームならここが一番面白いとこでしょう!





というわけで。

今後とも頑張っていきまっしょい!ヽ( ̄▽ ̄)ノ


さてさて。ではでは。




















追記。

リキペディアはこれまで3回も留年・退学しているため、授業全くついていけないことや、試験わかんねー、なんでことを一通りは体験しております。





もちろん、留年することでの悔しさ、寂しさ、悲しさなんかも体験しとります。



それらは全て自分の不勉強の結果なんだけども。

それでも、やっぱり何も感じないわけではありません。








だから。


だからこそ。





もう誰にもこんな目にあってほしくない、と放課後みんなと勉強会するのが最近の恒例になってきました。


通常であれば1時間、試験前は3時間程度の勉強時間です。



内容としては、その日の授業や試験範囲でわかんない部分とかを集めて、リキペディアが解説する、という感じ。




まぁ、塾のバイトをしていることもあり、また昔は学校の先生になりたかったこともあり、リキペディアは人に何か教えたりするのが好きというか、得意な部類に入ります。





これが留年生を減らすのに効果があれば、と思いつつリキペディアなりに頑張れることを頑張っていきます!




それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-06-20 22:14 | 歴史バカの日記

第1Q、試験終了!   

さてと。



お久しぶりにございます。


リキペディアにございます。









さて、高専から工科短大に変わって既に3カ月が終了しようとしております。




みなさんも新しい環境にはもう慣れましたでしょうか?










というわけで、リキペディア。



まぁ、パソコンが壊れてどうしようもなくなる、という事態が起きながらも試験を迎え。







本日、ようやく5日間に及ぶ試験が終了しました!








高専であれば、午前2限を8日間、とかやるのですが。





こちら工科短大は普通に3限や4限、または試験終了後に実験や実習を入れてくるえぐい編成でありました。




それが5日間なので、合計した教科数ではそれほど高専に後れをとっておりません。








まぁ、さすがに16教科とかはありませんでしたが、それでも12教科とそこそこ多い数をやらかしてくれましたw









そんな試験も今日で最後!






工科短大では1年を4クオーター制としているので、明日からの授業はもう第2クオーターになります。


いやぁ、教科を間違えないようにせねば。














というわけで、明日から試験が順次返されますが!



リキペディアの成績やいかに!












ここで高専の二の舞となるのか、それとも努力して一矢報いたのか。





続報にご期待あれ!


さてさて、ではでは。

















追記。

というわけで、試験が終わりました!



これで点数が悪くなかったら自分へのご褒美というかお疲れ様の意味を込めて3DSのLLを購入するつもりです!



というのも、今年初めにリキペディアが大いに大好きな鉄道会社経営シミュレーション、「A列車で行こう」の3DS版が発売されたのです!



何回かの発売延期を経験しているので、その感動はひと押し。







長らく買う機会を逃し続けていたのですが、先ほど一番下のバスケ弟が自分の3DSを持ってきて「体験版DLしてみた~」と渡してくれたのです。




というわけで、ちょいとやってみましたが、おぉ、これはもう名作の香りがします!








というか、DSの拡大版みたいな感じです。



これはもう、買うしかねぇです。







というわけで、試験の結果を見て上位5位以内(クラスは50人弱)だったら買う予定です。




まぁ、そのためにも結構頑張りましたし。



さてさて、一体どのような結果になるでしょうか・・・。





お楽しみあれ。





それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-06-20 01:23 | 歴史バカの日記

パソコン、壊れる   

どうもこんばんはございます!


いつもニコニコ!

にっこにっこに〜☆


リキペディアだよぉ↑(σ≧▽≦)σ










リキペニウム
「くっそきめぇ」



はい、気を取り直してリキペディアでございます。





さて、タイトルの通りパソコンが故障しました。


まぁ、リキペディアが高専1年の7月に購入したものなので、実に6年近く前のことになります。


何度も熱落ちする欠陥を持ちつつも、次々と出るゲームをそこそこ動かす性能を持った謎パソコン。


当時12万したデルの最新ノパソで、性能は250GBのHDに2GBのメモリでAMDのコア2。
トゥリオンとかセルロンとかそんな名前のCPUでした。




リキペニウム
「パソコン詳しくねぇのに」

リキペディア
「CPUがよくわかってないからね」




なおセンチュリオンなら、イギリスの戦車です。


さて、そんなわけで現在どうしようもない状態です。




更新こそケータイで出来ますが、これは文字の強弱や色彩の操作が出来ないため、なんかあまり面白くありません。



しかし、現状ではこれで頑張っていく予定です。



すみませんが、よろしくお願いします。


さてさて。ではでは。










追記。


パソコンから更新出来なくとも、「さてさて。ではでは」と「追記」の欄は忘れません!



というわけで、記事の質が下がっている分は回数でカバーしますのでご期待下さい。



それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-05-30 18:51

【予告記事】 「運動会と新歓と、保護者さま」   

さてと。


昨日5月26日は色々なことがありました!!






というわけで、現在更新中ですがまぁ、例によって長いので適当にざっくりとした内容をここでお知らせしておきますw






まず、午前中から午後少しまでは一番下の弟(中2)の運動会がありました!


お兄さん張り切っていきました!( ´▽`)






続く午後は文芸部の新入生歓迎会。










大分県立工科短大の文芸部ではありません。


大分高専の文芸部です!( ̄▽ ̄;)







まぁ、こうやって学校を去ったあとも後輩から「来ませんかー?」と声かけてもらえるのは嬉しきことです。




というわけで、わいわいとやってきました。



1年生は4人来てましたが、この日がリキペディアと初対面。









運動会のため途中参加だったのですが、部屋に入った瞬間の「え、誰コイツ」的な視線がリキペディアにぶち刺さり、もうゾクゾk・・・・・・ではなくビクビクしてしまいました。








しかし、そこは文芸部員。


同じ穴のむじろです。











ちゃっちゃかと話せたのでよかったですw


1回で全員の顔と名前一致させるまで出来なかったので、次回以降機会があればゆっくり覚えていきますw











さて、簡潔に書くつもりでしたが、ここでひとつだけ。







1年生の多くが。







この「リキペディア」を知っておりましたw











しかも。







毎度のごとくですが。











「親が見てまして」






というパターン!!!!














確かに、このブログサイト「リキペディア」は結構高専関連でも上に来るくらい有名というか、ただただ皆様が足を運んでくださってるおかげです。


ありがとうございます!m(_ _)m












もちろん、見てくださって嬉しいのですが!




リキペディア、あまり高専生としては褒められたものではありません。


















いや、謙遜ではなく!





成績は超低空飛行で何度も撃墜(留年)した上、結局除籍(退学)になっておりますし!!











というわけで、「高専生代表」としてリキペディアをご覧になられると、その、高専生の印象が悪くなるといいますか。


高専生、もっと素晴らしい人たくさんおりますのでので!











まぁ、なので。


「高専生:留年代表」とかならぴったりかもしれません。






あと、「文芸部・気象天文部」枠と「寮生」枠。







文芸部・気象天文部に関してだけなら、校内どころか歴代に渡っても負けることのない成果を残したと自負しております!


また、寮生においても、まぁ、成績を除けば大多数の寮生と同じくみんなでワイワイと楽しく過ごしてきたので、寮生活がいかに楽しいか、ということならば存分にお伝えすることができます。



寮生5年間の内、会計2年間やってて寮生会役員の一員だったこともリキペディアの中ではちょいと自慢なのですよ( ´▽`)











というわけで。

えっと、はい。






いつも見てくださってる保護者の皆様には本当に感謝しております!(^O^)



しかし、成績がダントツに悪くあまり自信持って推奨できるブログではないので、ご了承ください・・・・・・m(_ _)m








しかし。


高専、めっちゃ楽しいです。







このブログはお勧めできませんが、高専はオススメできます。



もしリキペディアに子供がいれば、高専に入学させることでしょう。

リキペディア自身、退学になってはおりますが、それでも子供にも高専という場所を味わってもらいたいと思います。





なるほど、「リキペディアが高専退学になったから代わりに子供に卒業して欲しいのでは」と思われかねない面もありますが・・・・・・。


それでも高専が楽しい場所であるのは事実。












もちろん、リキペディアは一般高校知らないし、大学も知らない、いわば井の中の蛙ですが。




しかし、高専は本当に素晴らしかった。


それだけは胸張って言えます。












就職率がいいとか、高度な勉強できるとか。


当然、それもありますが、そんなもんは置いておいて。





部活であるとか、友人であるとか、先生であるとか、授業であるとか、休日であるとか、行事であるとか。



もう本当に何から何まで楽しかったですよん(´∀`)










というわけで、手短にですが更新でした!




まぁ、リキペディアは既に高専にいないのに、それでも見てくださっている方々がいて、しかも1年生も知ってる、とのことだったので「何か書かねば」と思った次第。






今後とも、リキペディアはともかく高専をよろしくお願いします。


そして、工科短大も。




さてさて。ではでは。




















追記。

ちなみに、ラウンドワンでの新入生歓迎会(カラオケ)のあとは、近くのジョイフルに行ってきました!



バイト代が入る直前で、つまりは財布の余裕がなかったため、1年生おごってやれなかったのが悔やまれる点。

今回はドリンクバーとポテトで勘弁してくだし・・・



というわけで次回、ご期待あれ!





それでは!
[PR]

# by rikipedia | 2014-05-25 17:30 | 歴史バカの日記