「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

春休みと文芸部!!   

さてと、どうもこんばんは。


ぶくぶく太るリキペディアです。






さて、今回は春休み中に行った文芸部の活動について列挙していきたいと思います。




というのも、まぁ、本当はその時々でブログにしていきたいのですが、帰ってから寝てしまったりでまともに更新できていなかったからです。



・・・つまりまぁ、今までサボっていたので、ここで少々まとめてみようかと。











あ、とは言っても、ここで書くのはイベント関連です。





自分で言うのもなんですが、文芸部の中心となって活動してる部員の多くは結構仲が良かったりします。


そんなわけで、よく部活の連絡網使って「今度の休み遊びに行かない?」といったようなことになります。






というわけで、春休み中に行った「文芸部の活動」というよりは、その仲の良い人たちで行った「遊びの記録」とする方が正しいでしょう。

もちろん、これ以外の一般の活動も行われておりますので、あしからず。








さぁ、では始めましょう。

比較のため、他の学校行事なども入れております。







3月4日(月)

・再試期間開始




3月6日(水)

・再試期間終了







3月8日(金)

・サバゲー実施

某フィールドにて、文芸部員を中心とする10名がサバゲーを実施しました。

が、他の集団ともかぶり、結局あまりやらずに撤退。


後に「武器弾薬を担いだピクニックだったw」と言われることに。





3月11日(月)

・成績確認日

学校へ成績を確認しに行きました

そして、リキペディアは正式に留年を通達されます。


ちなみに、昼には気象天文部員が集合写真を撮りました。





3月17日(日)

・卒業生への記念品購入

この日は文芸部員6名ぐらいでドンキに行ったりしました。

実は、この日におでかけライブ(大分であるミニコミケのようなもの)があるとわかり、急遽そちらへも行くことに。

で、行ってみると、ちょこちょこ知り合いがいて「お前www」ってな状態に。


さらに、卒業生へは真面目なものを渡すことになりましたが、専攻科へ進学する人へは「あと2年もあるから」、という理由で、コスプレ衣装を購入しましたw








3月19日(火)

・大分高専卒業式

文芸部に限らず、同期の多くが卒業したこの日。

文芸部も卒業生を見送りに上級生の多くが参加しました。

最後にちょいと写真を撮ったり、わいわいと駄弁ったりしました。


また、卒業生の中には「卒業後も文芸部誌に作品を出したい」という人もいたので、部誌に「外部枠」が作られるきっかけになりました。


ちなみに、卒業されたのは長く部長を勤めてた小説担当のN上、個人的にイラストの中で一番好きだったH田さん、イラストがとても映えてよく手本にされてたM近さん、編集長として尽力され絶大なる文章力を誇ったA野さん、3年からエスケープしてしまったK長くんの5人。

そして、専攻科へ進学したのは「男の娘担当」H瀬O谷くんの2名です。


また集まる機会があれば、是非わいわいしたいなぁ、と。







3月21日(水)

・文芸部誕生日会

編集長のW辺さんの誕生日をお祝いするため、みんなでカラオケに行きました。

残念ながら、リキペディアはこの日学校へ留年についての呼び出しを受けていたため、参加することができませんでした。


おのれ留年め!(←自分の責任だろ)






3月23日(土)

・第二回サバゲー

前回の雪辱を晴らすべく、第二回目となるサバゲを実施しました。

前回の半数である5人しか集まらなかったものの、なかなかよかったです。

ぼちぼち、新しい武器が欲しいなぁ、と。






3月27日(水)

・OB講評会

学校にOBの方々を招いて、文芸部に関する意見交換や、作品の好評を行っていただきました。

この時は時間がなかったので、講評されたのは一部の部員のみでした。

残りの部員の分は次回(5月中旬に実施予定)に行って頂けるそうです。


そういえば、リキペディアの作品はまだ講評をいただいていないので、次回が楽しみです。








3月29日(金)

・専攻科進学祝賀会

この日は、専攻科に進学される方のお祝いを行いました!

といっても、前回買ってきたコスプレ衣装を2人に着せて、みんなでわいわいやっただけですが・・・。


ちなみに、コスプレ衣装はシスターさんCA(キャビンアテンダント)でした!w

わっほいw









3月31日(日)

・お花見大会

この日は、みんなでお花見大会となりました。

雨が降るかなーと思っておりましたが、無事晴れとなり、多くの桜が散る中でみんなでわいわい。

帰りはラウンドワンによって、ゲーセン三昧を楽しんだ後、解散しました。


ちなみに、去年度はお月見もやっているので、今年もやるつもりです。はい。














というわけで、以上3月中の文芸部のイベント全日程でした。



こう見ると、後半に至っては2日に1日のペースで遊び歩いております。









しかしまぁ、こうやって。
「部活動で先輩後輩の垣根なく、遊び歩いてる部活」
というのは結構珍しいんじゃないかと思います。



部活での行事ならともかく、普通にカラオケ行ったりお花見行ったりするのは、やはり我らが文芸部ならではでしょう。







恒常的にやってるところにこそ、文芸部たる所以があるのではないでしょうか。















といっても、まぁ。


文芸部に所属する後輩。




これはもう、後輩ではなく友人のようなものだったりします。









そうじゃなきゃ、どこの世界に先輩であるリキペディアを「留年」だとか「デブ」だとか言う後輩がおりましょうか。


これでも文芸6年目の大先輩なのですよ、はい!






今の1年生が小学5年生の頃から、リキペディアは文芸部員なのです!















リキペディア
「はっはっは、どうだ、すごいだろう!!」


リキペニウム
「出たよ、年功序列にこだわる阿呆・・・」










まぁ、そんなわけで。


今年度も文芸部とともにわっしょい出来れば、と思っております。






もちろん、兼部員の多い気象天文部でも活動を活発化させていきたいところです。



さてさて。ではでは。



















追記。

こうやって書いていくと、結構なぁなぁの存在だと思われるかもしれませんが。






文芸部には「締切」という名の鉄の掟が存在します。



これにはたとえ誰であっても、逆らうことはできません。














これには先輩後輩関係なく、もちろんリキペディアもです。








事実、4月号部誌に間に合わなかったとして。

現在リキペディアは無期限部活参加停止処分を申し渡されております。






リキペディア個人で言えば作品は間に合っているのですが、これは小説・イラストのペアになって出すものなのです。

そして、どちらか片方が出せないと連帯責任で共に参加停止となることが最初に言われておりました。




そんなわけで、まぁ、ほとぼりが覚めるまで、リキペディアは学校終了後の直帰が最近の日課となっております。








次の締め切りは5月上旬。

これに相方ともどもきっちりと作品を提出し、これからも頑張っていきましょう。






それでは!



ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-21 22:34 | 歴史バカの日記

♪午前2時、踏切に~   

望遠鏡を担いでった~







どうも、こんばんは。




本日、久々に天体観察をしてまいりました。


リキペディアです。










というわけで、本日はご機嫌が非常によろしいのです。



・・・まぁ、あと少しで1日終わりますが。
(更新中の現在は11時半)









さぁ、というわけで今日は気象天文部の活動の日でした。


リキペディアは部長を努めておりますので、こういった時こそ、積極的に活動せねばなりません。











ってか、まぁ。




こういうときぐらいしかまともにやる日ありませんし。苦笑










こほん。

さて、そんなわけで今日は頑張ってきましたよ。


そんなリキペディアの東奔西走、右往左往具合を見ていただこうではありませんか!!











まず、活動の予定は2日前に唐突に訪れました。



A澤さん
「先輩、明後日観測しません?」







天体の予定なんて、数年数十年単位で決まっているので、いつも年度始めに策定する計画表どおりにしか動かない、我らが気象天文部。


そんなわけで、こんなに急に活動が決まるのは珍しいことでした。










・・・あ、いや、まぁ、厳密にはまだ決定ではありません。


とりま、先生に確認を取らないと悪いのです。











そんなわけで、1日経って昨日。


放課後、先生のとこに行きますが、会議中とのことだったので、家に帰って7時に電話してみたのですが、会議が長引いてるとのことでした。


で、そのあと夜10時半頃に先生から折り返し電話がかかってくるのですが・・・。





















リキペディア、爆睡。










飯食って、酒飲んでいい気分になってればそりゃぁ眠くなりますよ!!
(必死)


ってなわけで、10時前には既に眠りの淵へ誘われていたリキペディア。












翌日朝・・・つまり、今日の朝、大慌てで先生の教官室に行ったのは言うまでもありません。






そして、その直前に部員にメールで「もしかしたら今日活動やるかも!」と連絡します。





当日連絡とか、どうなってるんだ、と文句言われそうですが、まぁ、思い立ったが吉日です。

何事も思い立ってからすぐに行動するからこそ、楽しかったりするのです。



それに、後輩から何かをやりたい、と言われたのは珍しかったので、嬉しかったこともあるのでしょう。







さぁ、そんなわけで先生のとこへ行き、まずは昨日の連絡の不備を詫びてから、今年度の予算や日程、新入部員についての話をしたあと、今日活動したい旨を連絡します。


先生も「おぉ、いいよーやってみてー」と快諾してくれましたので、早速部員にメールを回します。













そんなわけで、放課後。


急な連絡で、「まぁ、半分ぐらい来ればいいかなー」と思ってた部員は。











なんと9割近くが参加。











おぉ、H瀬O谷くん、それにT橋先輩



専攻科フル出席








・・・暇なのか(おいこら











続いて、2Sの女子部員の方々。


A澤さんO崎さんN本さんM田さんと、ここの集団はあいも変わらず可愛い子揃いだなー、などという感想は心の中にとどまらず、ふと口から出てしまうので要注意です。









次に、O野くんS籐くんの3年のE科コンビ。


この2人は気天部の次期主力 兵器 であります。








そして、5年のU野くん



英語部を通して仲良くなりましたが、実はひとつしたの後輩です。


ですが、学年はひとつ上です。







何があったかはお察しください。m(_ _)m












以上、これが去年からの既存部員。


ここに、1年生が2人と、2年生が2人が追加され、ここにリキペディアを足した、合計14人で今日の活動を行いました。






いやー、こうして見ると、去年度最初の部員がリキペディアただ一人だけだったとは信じられません。



なかなか大所帯になってきました!!
















というわけで、観測を開始します。




観測と言っても、今日は別段特別な天体イベントがある日ではありません。


強いて言うなら、今日は上弦の月ということで、月がとても綺麗に見える日なのです。

ってなわけで、月を見ることに。









まぁ、簡単ですし。















そんなこんなで、月を観測し始める気象天文部。


明るいし大きいしわかりやすいので簡単に見つかります。







そして、いつもどおりわーぎゃー言いながら観測を続けていきます。



・・・とは言っても、まぁ、素人集団ですので、観測といっても見て「綺麗だなー」とか言うだけですw










観測というよりは、お月見・・・。









ゲフンゲフン












さて、ここで残念なのは活動写真です。


高専祭やオープンキャンパスなどでは、撮れた天体写真以外にも日常の活動風景を写真にして、展示しているのです。



・・・が、こうやって観測が夜になると、写真を撮っても真っ暗で何がなんだかさっぱりです。









いい感じの活動写真を撮りたいのですが、それだと朝とか昼限定で、夜は難しい・・・。


うーむ。









さぁ、そんなわけで続けていきます。



月に続いて木星を見ていきますが、悲しいかな、時間帯的に結構難しい時間だったため、わずかな時間しか見ることができませんでした。


そんなこんなで、最後の締めに、と月を再度観測して、この日の活動は終了。





やはり、急に入れた活動だったため、あまり長くはできない、とのことでした。











というわけで、終わってみたら既に日は遠く沈み、時刻は8時近くでした。


そっからたったかと片付けを行い、締めに挨拶をしてくれ、と言われて、まぁ、はい、緊張しながら挨拶を行って、解散の流れになりました。









というわけで、こんな感じで気象天文部の新年度活動は終了。


まぁ、急な呼び掛けに多くの部員が来てくれたこと、それなりにちゃんと出来たことなど、嬉しいことも多かったです。

これからもこの調子で頑張っていければ、と思います。





さてさて。ではでは。






















追記。

この後。



「ジョイフル行こうぜーー!!」の掛け声で、H瀬O谷くんとの3人でジョイフル行って数時間だべり倒すことになります。






まぁ、気天部はまだまとまりかけの部活なので、文芸部と違ってこういう唐突のノリには答えられない様子。


いつかみんなでご飯食べに行ければなーと思っとります。





人数も増えてきましたし、文芸のように何か休日でも集まる機会があればいいのですが。



それでは!!


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-20 01:17 | 歴史バカの日記

新しいクラスについて!   

さぁ、というわけでリキペディアです。





さてと、今回は今年から新たにお世話になるクラスメイトについて書きましょうか。





みなさんご周知の通り、留年してしまいました。

リキペディアです。






というわけで、今年から2年下の学年と同じ授業を受けることになりました。




誰の責任でしょう?



















私ですね。はい。













というわけで、新しいクラスです。



まぁ、これで2回目の留年なので、2つ下になります。













・・・って、これを知ってるクラスメイトがまずいない気がしますね。


まぁ、そりゃぁそうですが。
















さて、そんなリキペディアは教室の最前列です。



そして、一番入口に近いとこです。








まぁ、右前、とでも言いましょうか。




そんな右前ですが。
















居住性が最悪です。







・・・と言いますのも。








大分高専の教室は、その右前にプロジェクターが設置されているのですが。(図参照)
f0186726_2353641.jpg





リキペディアの席からだとマジで見えません。


ちょうど「プロジェクター」の文字あたりに投影機が天井に設置されているので、場所を動かすこともできません。


ってか、プロジェクター自体、天井からガラゴロと引き出すやつなので、位置変更は不可能です。








というわけで、プロジェクターのちょうど裏におりますリキペディア。











「いいんだ、いいんだ。どうせ去年聞いたからいいんだ」と強がってみても、去年のことです。













覚えてなんかおりません。







ってか、真面目に覚えておれば留年しておりません。














さらにこの机。


最前列であるため、常に先生の目に怯えねばなりません。



居眠りはもちろん、別の授業の課題をやったり、ましてやケータイを触ったりなんかする勇気はリキペディアにはありません。
















そしてそして。

リキペディアのいるのは通路側なのですが、反対側は窓で、つまりリキペディアから見ると見事な逆光です。









そう。

黒板が光って見えません。















「ブラインド降ろして」の一言で終わるっちゃぁ終わるのですが、そこはチキンヘタレリキペディア。



そんなまだ馴染みのないクラスで、「黒板見えないから、ブラインド下げて」と、反対側席に聞こえるほど大きな声を出すなんて、所業。


とてもじゃありませんが、できません。









ってか、そんなことを言った日には「何留年生のくせに勉強してるっぽく振舞ってんだオラ」と、蔑まれクラス中から攻撃を受けることでしょう。


あぁ、怖い怖い。










そして、先週から始まった授業。


最初の授業といえば、シラバスの説明ですので、大半の先生がプロジェクターで授業をしております。







リキペディアはといえば、少し体を動かして、見てるっぽく振舞っていますが、少し動いたところで、上半身がプロジェクターの真下に出るだけです。


そして、暗い部屋の中で光り輝くプロジェクターを真下から見たところで、ほとんど反射して何がなんだかわかりません。







そうこうするうちに、先生が「はい、じゃぁ計算やってみよう!」と言い出しましたが、プロジェクターに写ってるであろう公式は全く見えません。


ってか、今は何の問題でしょうか。

















と思い、配られたプリントを見ると。



おぉ、何やら見たことある問題が!!








リキペディアとて、これくらいの問題はわかります。



プロジェクターがなくとも、いけます。










さぁ、電卓をたたいて答えを出してやりましょう!!





ポチッとな!




















・・・・・シーン。







あ、あれ。




おかしいななななな。












電卓さんの電源を押しても反応してくれません。



これはあれでしょうか、故障でしょうか。























いいえ。




電池切れです。




















今はプロジェクター使用中。





つまり、部屋真っ暗。











そんなわけで、電卓の電池をソーラーパワーで補っている、リキペディアの電卓はウンともスンとも言ってくれません。







そりゃぁ、電気ないんですもん。




ご丁寧にブラインドも降りてますし。











さぁ、そんなわけで、することがないぞ、何しよう。


斜めの場所だから、先生が黒板に何か書いても、先生の影になって全く見えないぞ。



















というわけで。


友人がー、とか言う以前に、席順でフルボッコにされております。






まぁ、確かに出席番号順なのですが、これはもう留年生を追いやるための席でしょう。







そんな気がしてなりません!!
(超絶被害妄想)















というわけで、以上。


席替えしないかなぁ。





と思っているリキペディアでした。

さてさて。ではでは。



















追記。

まぁ、そんなリキペディアですが、ちょこちょこ話す人が増え始めました。



特にひとつ後ろのYくんは、前クラスの「ドカス大臣」こと、F原にそっくりです。

声や言動、ほかその他細部に至るまでそっくりなのです。




そして、2人とも同じ剣道部っていう。


はてさて、ではでは。

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-17 23:51 | 歴史バカの日記

恐怖! リキペディアお料理教室 パート2!   

お手軽!!



リキペディアお料理教室!











というわけで、久々にやってきましたこのコーナー。


(地獄の)
「リキペディアお料理教室」








このコーナーは、私リキペディアが簡単かつ手軽な料理を紹介していくコーナーです。







ちなみに、前回紹介したのは。



味噌ラーメンパイの実
(通称:パイの実ラーメン)



というものですが。












死ぬほど不味かったのは記憶に新しいところです。










というわけで。

リキペディアは学習しました!



















「ラーメンとチョコレートはダメだ」と!!













しかし、美味しいものに美味しいもの足せば美味しくなるんじゃね?という発想は悪くなかったと思うのです。







何が悪かったといえば、それは
「違うジャンルのものを混ぜてしまった点」にあると思います。


やはり、ラーメンとチョコレートという性質の全く違うものを合成するのは間違っていたのです。









というわけで、今回紹介するのはコチラ!!
















ラーメンうどん!!














前回の反省を考慮し、今回は同じ麺類同士を混ぜ合わせることにしたのです。


これなら前回のように酷い料理は出来ないことでしょう。








そして、作り方も超簡単です。




まず。
お湯を沸かします。
f0186726_1814173.jpg







そして。
うどん(今回はどん兵衛を使用)を入れます。
f0186726_18143087.jpg








ここで注意!

ラーメンとうどんでは、うどんの方が茹で時間が長い(3分と5分)なので、先にうどんを入れましょう!







もし順番を間違えると、でろでろに煮込んだラーメンと、カタカタなうどんができます。

注意してください。









さて、うどんを入れたらよくほぐして1分ほど煮込みましょう。
f0186726_1815399.jpg











それでは
次にラーメンを投入します。
f0186726_18155763.jpg




入れるタイミングとしては、うどんがよくほぐれた頃。

ちょうど1分半ぐらいがちょうどいいでしょう。







あ、ちなみにリキペディアは麺の固さは「若干硬め」な人です。

なので、普通がお好みな方は2分で、柔めが好きな人は2分20秒ないし2分半ぐらいをめどにラーメンを投下してください。










というわけで。
ラーメンを投下してよくほぐします。
f0186726_18165063.jpg








こんなかんじによくほぐれたら火を止めてちゃっちゃとスープの粉を入れましょう。







念を押しておきますが、何度も言うようにリキペディアは硬麺が好きな人です。


ラーメンの麺を入れて3分なんて測りません。柔らかくなったらスープの粉投入します。

なので、普通・柔らかめがお好みな方はちゃんと3分まったりしたほうがいいでしょう。







さて、というわけでスープの粉を投入します。
f0186726_1818288.jpg




もちろん2種類とも投入です。
f0186726_18174630.jpg









ちなみにリキペディアはスープの粉を入れたあと、もう一度加熱してよく麺になじませるということをやっております。


まぁ、そこら辺お好みでw










さぁ、というわけで!!!










完成しました!







ラーメンうどん!(とんこつ味)
f0186726_18184540.jpg










というわけで、いただきマース。












ズルズルズル・・・・・・。










ズルズル・・・。












な、なるほど・・・。














そうですね・・・。













まず、食べにくいですね。









麺の太さが違うので、箸でつかみにくいのです。



そして、ラーメンを食べてるつもりでうどんを口に含むと、その特有の柔らかさから、ラーメンに入れたご飯を食べたような感覚に陥ります。



そして、なによりあのどん兵衛特有の匂いがしたと同時に、うまかっちゃんのとんこつ風味が口中に広まります。





ちなみに、このうまかっちゃんは九州限定のとんこつラーメンなので、他地域にお住まいの方が試す場合は何かほかのとんこつラーメンで試してみてください。




そして、出来れば「このとんこつラーメンなら美味しかった!」等の報告をしてくださればリキペディア、望外の喜びです。











さて、感想に戻りましょう。




次に麺の固さですが、これはリキペディアがいつも好んで食べる硬めに合わせたので固めになっております。

まぁ、唯一不満があるとすれば、カメラで写真を撮っている間に柔らかくなってしまったことでしょうか。





ともかく、麺は若干の食べづらさを除けば普通に美味しいのです。












さらに。



ラーメンを食べてるのにどん兵衛の香りが。

うどんを食べているのにとんこつの香りが。











そんな不思議体験をすることができます。









というわけで、一食で多くの特典がついてくるこのラーメンうどんですが、もう一つ特典があります。












それは、スープが美味しいのです。






ここまで奇怪かつ奇抜な感想ばかりで何ですが、この料理の何がいいってスープが異様に美味しくなってしまったのです。




最初の一口を飲んだ瞬間、その味わったことない味に舌がゲシュタルト崩壊を起こし、頭の中が大恐慌を起こしたのです。






次の二口目を口にしたとき、その味がどん兵衛のスープが口中に広がった直後に、とんこつの味に変化するという謎コンボである、ということを理解しました。


そして三口目を飲んだとき、今度はとんこつと醤油の複雑に絡み合った奇妙な味を体験しました。








口に含むたび味の変わる謎スープ。


リキペディアは今回もまた凄まじい料理を作り出してしまったのではないでしょうか。











さてと。


というわけで、全体の感想です。






基本的に、前回の「パイの実ラーメン」を凌駕するとても素晴らしい料理となりました。


というわけで、今回の創作料理は大成功といっていいでしょう!






前回のパイの実と味噌ラーメンの融合体は本当にひどかった・・・。









その分、今回の料理はとても美味しかったです。


ごちそうさまでした!!
f0186726_18202635.jpg







さてさて。ではでは。




















追記。

前回の「パイのみそラーメン」(書いてて名前思いついたw)もそうですが、作った料理はどんなものであれ食べるようにしております。



どんなものでも、食べてればなんとなく美味しくなるものなのですよ。






というわけで、今回の料理の紹介を終わります!


みなさんもぜひ作ってみてください!








それでは!

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-13 18:23 | 歴史バカの日記

リキペディアと初体験! 2ndG!!   

というわけで、どうもこんばんは。



留^2のリキペディアです。(´・ω・`)












さぁ!


とうとうこの日がやってまいりました!














今日から、リキペディアは!


通学です!!
















そして!!






新しいクラスです!!!















さぁ、リキペディアは新しいクラスでうまくやれるのでしょうか。


そして、通学を無事にこなすことができるのでしょうか!







というわけで、今日の出来事を振り返ってみましょう。

ドドン。






まず、朝6時。起床。



















・・・できず。


というわけで、7時に起床したリキペディア。






リキペディア
「あぁー。とは言っても、寮で起きるのと大差ないなー」







リキペディアが通う大分高専の寮食堂は、朝飯の開始が朝7時20分。


そして、リキペディアを含め、寮生を起こして回る友人T光は寮食堂へ1番乗りすることに命をかけております。



というわけで、リキペディアが寮で過ごしていたときは、決まって毎朝7時15分に起こされておりました。





それから朝飯を食って、部屋に戻って2度寝したり、ゆっくりと準備をしたりして8時30分に寮を出発する生活を送っていたのです。












はぁ、あの極楽生活も今は昔・・・。


さて、リキペディアが乗る電車は何時出発なのでしょうか。







寝ぼけ頭で検索します。
























電車:7時33分発。









あっれーーー。


おかしいなぁ・・・。
















・・・あと30分だと。








というわけで、慌てて準備を開始します。




飯を食って15分、身支度して20分で、さぁ、出発。







こういう時ありがたいのは、リキペディアの家の立地です。


なんと。
最寄駅までゆっくり歩いて徒歩3分という、破格の立地。




ダッシュで行けば1分で行けるこの近さ。










しかも、リキペディアは基本的に時計を30分単位でしか読みません。


電車でさえ、10分単位です。







というわけで、33分に出発する電車に対し、20分に家を出発。


徒歩3分で、駅で10分ものあまりが生じます。






よく友人らには「それはおかしい」と言われますが、リキペディアの性分として、電車ギリギリに走りこんだりするのがとても嫌いなのです。


というわけで、時計は常に30分単位で電車の時間は10分単位。








これが慣れるとなかなかいい感じなのです。


何事にも余裕があるこの素晴らしさ!











さぁ、というわけで、電車がやってまいりましたが、中は満員です。


今まで通学していた弟に聞くと、「これはとても珍しい」とのこと。









・・・とは言っても、乗らないわけにはいきません。


乗らなければ、次に来る電車は30分後です。
(田舎クオリティ)









今度は余裕で遅刻します。


そんなわけで、やれやれ、とつぶやいて乗ります。














しかし、こうやって電車に乗って通学する、というのはリキペディア20歳にして初めての体験です。



初体験です(キリッ











新品の制服をまとった、新1年生。


もちろん、高専男子の学生服や、女子のブラジャーだけでなく、他校の制服もおります。







逆に、結構着慣れた様子で制服を着こなしている人もいます。

これは2年生か3年生でしょう。



そして、今年から新しく働き出したであろう新社会人っぽい人や、今までずっと働いてきた初老のスーツを着たおっさんなど、電車の中には老若男女、いろんな人がおりました。


しかし、大多数の人が着ているのは、学生服やスーツといった類です。






なるほど、これは結構面白いかもしれません。























・・・と思いきや。





ものの5分で飽きました。









いやぁ、確かに最初はいろんな人がいるなぁ、という感じでしたが、全く動きがないものを見続けるというのは、とても暇なのです。




まぁ、確かに、女子高生をボケーッと眺めるのはいいかもしれませんが、それにしても暇です。





これはもう暇つぶしのためにPSPか何かが必要になるレベルです。


・・・ちなみに、最近のリキペディアはゲームボーイカラーにハマっております。

一周回って、そうなりました。













さて、そんなわけで暇な電車内。


早速寮に戻りたくなってまいりました。



















ホーム・シックならぬ。



ドーム・シック。(ドヤァ










さぁ、そんなわけでボケっとしていると、7時52分。高城駅に到着しました。




電車を降りて、はぁ、これから登山かぁ・・・などと思っていると、目の前に見知った容姿の人がいるではありませんか。







B場ちゃんです。



おはよー、と声をかけると、おはよーと返してくれます。

そうするうちに、後ろから「リキペさんB場さん、おはよー」と声をかけられます。


文芸部の後輩、W辺さんです。






というわけで、3人で強制ハイキングの開始です。

ですが、1人で登るよりぐだぐだと駄弁りながら登るのは結構気が楽です。



こうして3人で登校するのは新鮮だー、とか、寮に帰りてぇー、とか、色々喋っていきます。




電車の中でもこうやって駄弁れる友人がいると楽なんですがねー・・・。

ってか、今日は2人しかいませんでしたが、他にも部員はいたりしないんでしょうか・・・。









さぁ、というわけで、高専到着です。


色々あって、8時50分ギリギリに教室へ行くと、ちょうどHRが始まるところでした。






新しいクラスのパッと見の印象としては、とても金髪の人が多いなぁ、という。

うーむ、そういう今時な人というか、まぁ、なんでしょう、とりま、そんな感じの人とつるむことはあまりないから、うまくやってけるか心配ですね・・・。うーむ。




そんなわけで、そっから大掃除や集合写真撮影、、クラス役員決めなどを経て、若干ではありますが新しいクラスに触れることができました。



まぁ、初日ではまだ何とも言えない、というのが正直なところですが、努力していい感じの関係を作れるよう頑張りましょう。





せっかくの出会いです、プラスにして行きたく思います。








そんなこんなで、今日は午前中で終了しました。


まぁ、各種手続きや色々なことをやって、午後にちょいとめり込みましたが。













というわけで、午後は部室に行きます。


部室に行って、昼飯を食べました。






リキペディアは弁当なのですが、こうやって母親に弁当を作ってもらうのも初めてです。



いつぞやの入学試験とかで食べて以来でしょう。

今度からは少しずつでも、弁当を作っていけたら、と思いました。




・・・まぁ、冷食を温めて入れるぐらいならできます、ってか、それしかできません。







それからは、適当に部活関連の話をして、終了、帰宅して今に至ります。


こうして、リキペディアの初めての通学が終わりました。










初めての通学に、初めてのクラス。


20歳になって、何もかもが新鮮な体験ばかりです。









明日から本格的な授業が始まっていきます。



今年こそは頑張って難なく進級してやりましょう。

さてさて。ではでは。



















追記。

部活に行って、少し経って。



学生課に用事があったので、済ませてまた部室に戻ってきたリキペディア。






リキペディア
「ただいまーー」


後輩
「おかえりなさーい。 あ、こちら見学者ですよ」

リキペディア
「早速来てるの!?!?!?」












超驚きです。



こんな初日から、こんな地味な部活に、しかも3人も来るなんて。













今年の新入生は大丈夫でしょうか?




あなた方が来たこの部活は、

奇妙奇天烈摩訶不思議、奇想天外四捨五入。出前迅速落書き無用

な部活ですよ。




さらに言えば、ホンワカパッパホンワカパッパな部活でもあります。






まぁ、もちろん見学生なので、まだ入部と決まったわけではありません。


ですが、まだ将来有望な彼らをここで文芸部に引き止めて良いもんでしょうか。








ってか、どこでこの部活を聞いて来たのでしょうか。


まだ部活紹介ビデオも、部活紹介ポスターも出ていないのに・・・・・・。







というわけで、早速初日から見学者が来て、喜びを隠しきれないリキペディアでした。


それでは。







・・・気天部も増えないかな(ボソッ


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-09 19:27 | 歴史バカの日記

もしも、人生をやり直せるとしたら   

さてと、どうもこんばんは、リキペディアです。





さぁ。


本日4月8日は大分高専の入学式です。










まぁ、卒業も入学も大して関係ないようなポジションのリキペディアなので、特に気には止めておりません。


が、今年度からは通学ということもあり、なかなか心配といいますか、色々環境が変わっておりますので、不安といいますか、そんなものがないでもありません。










さて、そんなわけで新入生が入ってくるわけですが。







今まで、中学校などは一番下と言っても、2つ下の人で、自分らと大差ない感じの人でした。


ですが、今年入ってくる新入生とリキペディアでは、5年もの差があります。






16歳と21歳です。










もう少し言うのであれば、仮にこの新入生の誰かとリキペディアが付き合うことになったとしましょう。



これはもう、犯罪です。










よくある、若い高校教師(実習生)と生徒の恋、のようなものです。











つまり、今まで体験したことないほど、年が離れた学生と同じ学校で過ごす、というわけです。


これはもう、価値観どころか、住む世界自体が大きく異なります。










そうですね・・・例えば。


入学した当時のリキペディアが、今のリキペディアと遭遇し、例えば同じ部活に入り、一緒に話すことになったとしましょう。










きっと、新入生リキペディアは先輩リキペディアが何を言ってるのか、全くわけわかめでしょう。



当時のリキペディアといえば、例えばパソコン方面のこともまるで知りません。

学校に関すること、世間に関すること、ほか様々なことでまだまだひよっこレベル。





・・・・・・ってか、今でさえ十分以上にひよっこなのに、それよりもさらにひよっことか、もう何をどうすればいいんでしょうか。











さて、少々話がそれました。


そんなわけで、明日(厳密にはもう今日ですが)の入学式を踏まえ、リキペディアは少々今までの人生を振り返ってみたのです。





そして、よくある問いを自分に投げかけます。





















「もし、人生をやり直せるならやり直す?」










仮に、今の記憶を持ったまま、中学時代の好きなところに戻れるとしましょう。

もちろん、容姿も当時のものになり、誰もそれに気づいておりません。










さて、ここから起こる失敗を自分は知っています。

逆に、ここから起こる成功も知っているのです。







もしくは、全くの見当違いのことをすることもできます。


いろんな先のことを知っていて、いろんなことができ、いろんなことになります。










いつの試験では、どんな問題が出て失敗した。

いつの日にはこんなことがあって、大きなニュースになった。



そんな小さなことから大きなことまで記憶している限りを持っていけるとして。










リキペディアは人生をやり直すのでしょうか。



















・・・と、考え始めて一瞬。










意外とぽっと簡単に答えが出てきます。

というのも、ここまでなんだかんだありましたが、リキペディアの人生は結構楽しいものでありました。







今まで、留年もしましたし、失恋もしましたし、逆に失恋もさせ、色々怒られ、対立し、仲直りし、毎日をぎゃーぎゃーと、まるでアンギラスのように喚き散らしながらここまでやってまいりましたが。




楽しかったのです。
















というわけで、もしももう一度好きなところからやり直せるのであれば、青春の門扉たる中学時代の最初からやり直したいものです。




やり直すといっても、何をするわけでもありません。










同じように中学に入って、同じようにソフトテニス部に入部することでしょう。

しかも、入部理由はあいも変わらず「友達が多かったから」です。


そして、学年70人の中で20番ぐらいという、真ん中ちょい上の学力を保ったまま、試験を右から左へと受け流していきます。










このように、リキペディアが人生をやり直すのであれば、失敗したことをやり直したり、先読みして利益を上げたりするのではなく、「楽しかったことを再体験する」という結論に至ります。









このあと、同じように同じ人を好きになって、告白したり振られたり、告白したりしていきます。


そして、同じように願書締切前日に「親父に言われたから」という理由と「なんとなく機械が好きだから」という理由で、大分高専に一般入試の願書を提出しに行きます。






で、同じように「なんとなく面白そうだから」で、寮に入ります。

そんでもって、「面白そうな奴がいるから」文芸部に入部し、「星に興味があるから」で気象天文部に入部していきます。



さらに、同じようにして3年生では留年の憂き目を見ることでしょう。







ですが、それをひっくるめてリキペディアは再体験をしたいな、と思います。




















・・・というわけで、何を言いたいかといえば。



2回も留年し、ゴミクズのような成績でやってきたリキペディアですが。










ここまで、1度たりともつまらなかったこと、はありません。




いつもいつでも楽しかったです。











・・・もちろん、これが留年のしすぎで頭おかしくなって、状況判断ができてないからだ、という可能性もあります。



大アリです。












なので、そこの点に注意しつつ、新入生の方々も毎日を楽しく過ごしてもらえれば、と思います。


もちろん、犯罪の前科と同じように、留年はしないに越したことはありません。










つまり、それら挫折も含めて、最後には「あぁ、楽しかったな」と言えるような高専生生活を送ってくれれば、と思います。


某Drヒルルクのように、「全く、いい人生だった!」と言えるようにしましょう。










というわけで、リキペディアからは以上です。


是非ともこれから始まる高専生活を楽しんでいってください。



さてさて。ではでは。



















追記。

さぁて、今年の新しい文芸部員と気象天文部員はどんな後輩が来るのでしょうか!


楽しみですね!







・・・まぁ、部活紹介ビデオが奇っ怪な感じに仕上がっているので、まず間違いなく変人でしょう。


あれ見て入ろう、と決意するのはバカか変人です。



楽しみです。はい。




ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-08 01:50 | 歴史バカの日記

リンク先を整理しました!   

どうも、こんにちは。

リキペディアです(´・_・`)








さてと、今回。


ブログサイト「リキペディア」では、リンク先の整理を実施いたしました!











リキペディアのブログ全盛期時代は、いろんなブログに首突っ込んでおりましたが今ではそんな時代も古き良き時代。


ですが、まだまだリキペディアのネット方面軍はこの「リキペディア」が主力であることは間違いありません。





というよりも、リキペディアのインターネットの始まりはこのブログからでしたので、これはもう社会人になってもずっと続いていくことでしょう。














さて、話がそれました。



そんなわけで、先ほどリンク先のブログに行ってみたのですが、やはりリンク開始から数年以上経過しているブログもあり、閉鎖や移転などがいくつかありました。


なので、今回はその閉鎖されてしまったブログをリンク先から外すことになりました。







今回外されたのは以下のブログです。


毎日中学戦闘日記

hiro

かげちゃん

ぽに





以上のブロガーの皆様。

今まで大変お世話になりました!



またどこかでご縁がありましたら、是非リキペディアをよろしくお願いします。







・・・しかしまぁ、このようにブログ同士でしか繋がっていない方々というのは、そのブログが何らかの理由で終わってしまったら、それ以上の足取りがわからなくなってしまいます。


勿論、ブログに限らずネット全てに言えることですが、こうして関わりがなくなってしまうのはちょっとした寂しさといいますか、なんといいますか。

そんな感傷を覚えてしまったり。








で。


次に、「久々に行ったら移転していたパスワードがかかっていたブログです。

これもいくつかあったのですが、閉鎖はしておりませんのでそのままリンクを続行させて頂きます。



ですが、パスワードがかかっているブログについては、おいおいリンク先から外していこうかなぁ・・・などと検討しております。



つまり、リンクしてある以上、そのサイトに繋げないのであればリンクしている意味がないのです。

これはブログサイトリキペディア」に来てくださっている方々に行き止まりのリンクを踏ませないためでもあります。

ご了承ください。







さて、ここまでは湿っぽい話しかして来ませんでしたが、次に新たなリンク先の紹介です。





今回の整理で新しく「海の見えない青島」様が追加されることになりました。


・・・・・・といいますか、青島様には以前からリキペディアへのリンクをして頂いていたのですが、リキペディアのミスにより、長らくリンク返しをしておりませんでした。

本当にすみませんでした!




というわけで、これからよろしくお願い致しますm(_ _)m


もちろん、リンク先のブログにも是非足を運んでみてください!

さてさて。ではでは。
















追記。

全盛期のころとか、ブログを3つも4つも掛け持ちして、1日に5件更新とかしてましたからね・・・・・・。


ブログサイト「リキペディア」でも1日3回程度更新をやっておりまして、月間最高投稿数はなんと99回。




・・・なぜあと1回更新しなかったし、俺!!







と、まぁ、そんなわけで。

いつかまた、暇が出来たら1ヶ月100件更新を目指してみたいです。



それでは!

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-04 17:20 | 歴史バカの日記

バイト先は塾の先生!!   

というわけで、こんばんは。



リキペディアですヽ(´▽`)/













さて、今回はリキペディアのバイト先を紹介しましょう。







リキペディアがやってるバイトというのは、塾の先生です。















といっても、家庭訪問したりするわけじゃなく、教室にやって来る生徒にいろいろと教えたりするのが主な仕事です。





といっても、仕事の大部分は課題・宿題の丸付け。




1日で2時間から4時間程のバイトですが、ずっと丸付けし続けだったりもします。









で、時々やってくる「先生、わからなーい」という生徒に色々と「ここはこーだ」とか「ここはあーだ」とか教えていきます。















しかし、そこは元気ハツラツな生徒。


小さい子供は小学校1年生から、上は中学校3年生まで多種多様です。













中でも、小学生のはっちゃけ具合はヤバイです。





なんというか、解答欄が自由奔放なのです。


















どう自由奔放かといえば、まず。



解答欄に収まりきらないダイナミックさ。










枠いっぱいというか、はみ出してなお勢いを衰えない素晴らしさを持っております。












そして、出てくる珍回答の数々!















(・。・)「あぁ、なるほど、ここで間違えたんだなー」






と納得できるものから。






Σ(゚д゚;)「なんでこうなったし!?」








という回答まで。







まぁ、はい。

おかげで退屈せずに楽しく丸付けをすることができますw













また、幼稚園から小学校低学年といえば、まだはっきりと喋れなかったりする子もいます。


そんな子供が発した先日の言葉。







小学生A(1年生か2年生くらい)
「せんせーせんせー、見て見てーー」


リキペディア
「うんー? どしたー?」




小学生A
「ほらほらー。TENGA!」




リキペディア
「!?!?!?」



















・・・リキペディアの中で時間が静止しました。


















せいしだけに。














・・・とか言わずに、頭を動かしましょう。






えっと、はい、TENGAってあれですよね、うん。


なぜ、あなた知ってるんでしょうか。








しかも、私に見せつけようとしているのは、私が最近欲しいなぁ、とか友人に漏らしたからでしょうか。

そしたらなぜそんなことを知っているのでしょうか、と思いながらその小学生の指差した方向を見ると。
















――そこには高く積み上げられた


























JENGAが。









なるほど・・・。



「ジェンガ」「テンガ」ですか・・・・・・。









聞き間違いというかなんというか、あなたの発音は間違いなくTENGAでしたよ、妙に発音も良かったし・・・。


と、言い訳しながらも、その小学生に「おぉー凄いなぁー」と若干引きつった笑みを返しておきました。







このように、時にドキッとさせてくれながらも、基本的には楽しくやっております。












さて、そういえば。


「留年生に勉強なんか教えられるの?」と思われるかもしれません。




ですが、リキペディアとて高専に一般受験で受かった身。







ちゃんと中学時代までの勉強ならそれなりにできるのです。



















・・・英語を除いて。












英語だけはダメなのです。



250点満点の試験にて、だいたいいつも合計200点で平均40点ぐらいですが、その中にあって英語だけはいつも20点台でした。


30点台なんて、最後に見たのはいつのことでしょうか・・・。









そんなわけで、理系に行こうが文系に行こうがついてくる英語に辟易しながら、学生生活を送っております。


こうなれば、もう産業革命が日本で起こってくれればよかった、と思うレベルです。






そうなれば、世界の標準語は日本語になっていたことでしょうに・・・。










さて、というわけで、今日もリキペディアと生徒たちとの果てなき格闘戦は続いていきます。


彼らが卒業してくれるまで、これは終りを迎えないのです。




さてさて。ではでは。


















追記。

今日は、その後輩相手に先輩から何か言ってやれ、というわけで交流会が催されました。




というわけで、行ってはみましたが、まぁ、一緒に問題だし合ったりで、結局勉強の話になってしまいます。


こういう時こそ、ほかの話題で生徒一人ひとりの特徴とかを掴んでおきたかったのですが・・・。
(バイト始めて日が浅いので、あまり馴染んでない)






とりま、今後とも頑張っていきまっしょい。





それでは。

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-03 22:45 | 歴史バカの日記

【リキペディア速報】 留年生専用学級、誕生へ   

【リキペディア速報】



留年生専用学級、誕生か




本日正午、大分高専学生科は2013年度から留年生専用のクラスを設立した、と発表した。
これは近年増加した同校の留年生に対する処置であるとしている。
話を伺った同学生科学科長によると、「留年生同士ならば平均学力が近く、教員も教鞭をとりやすい」と語り、「お互いがモチベーション向上を図るだろう」と、今後の留年生の展望についてその貧相な胸をふくらませていた。

これに関して、長らく留年生の地位向上を訴えてきた、留年生人権保護団体(通称:メモリーズ)の団長は「どのみち何言ってるかわからないから無意味だ」と、今回の新学級設立に反対の立場を明らかにし、「一刻も早く購買で単位を販売すべき」とした。
しかし、全国の高専に支店を出す購買省は「断固として応じられない」と改めてメモリーズと戦う姿勢を見せ、「我々には経済制裁の用意がある」と態度を硬化させた。

なお、今回の新学級設立について、通常に進級した一般学生からは「留年生がいなくなって気まずくなくなった」「「俺もそっちに行きたい」等の意見が目立ち、概ね好意的に受け止めているようだ。

学生科学科長は最後に「全員が揃って授業を休まないか心配だ」と懸念要素があることを明かしてくれた。






さてさて。ではでは。
























追記。

4月馬鹿(エイプリルフール)です。


冗談の分かる方のみお楽しみください。m(_ _)m


ちなみに、本来は「学生科」ではなく「学生課」だったりしますし、勿論「購買省」も存在しません。

間違って社会の試験で書いてしまわないようにお願い致します。




ちなみに、関連記事は下に↓





【リキペディア速報一覧】


「留年生団体が嘆願書を提出」



「留年生団体団長、失言か」



「留年生団体の団長、退学罪で逮捕 」



「留年は人へと感染する伝染病であることが判明」












目指せ、虚構新聞


それでは!


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-01 21:30 | 歴史バカの日記

新年度ですね!!   

さぁ、みなさん!!


4月1日!!














新年度です!!

















本日から新しく会社だったり、学校だったりが始まったりするところもあるのでしょうが、リキペディアの所属する大分高専は8日まで休みです。




あと1週間は暇なのです。はい。






















さて、そんなわけで新年度。






実はいくつか環境の変化がありましたので、お知らせいたします。















実はリキペディア。





退寮となりました。



















いやぁ・・・。

実は隠れて吸ってた、タバコがバレてしまいまして。




あっはっはー!




























・・・ということはなく。






これはもう、普通に成績的な問題からです。















まぁね、さすがに2度目の留年となると、いろいろときついものがあるのです。




ってか、退学にならなかっただけ万々歳と言えます。














それに、ようやくこれで「やめるやめる詐欺」が終わります。







以前から「寮やめるー」「今度こそやめるーー」「いやいや、今回こそー」と言い続けながらも、難を逃れ続けてきたリキペディア。






それが今回をもって詐欺ではなくなるわけです。

やったね。









とりま、寮に残ったT光N森「仮面ライダーを見る相手がいない」とのことなので、気が向いたら日曜の朝にでも遊びに行ってるかもしれません。はい。















さて、そんなわけで、来年度より通学生となるリキペディア。





できるだけ早く車の免許を取得して、車通学と行きたいところです。











まぁ、そのためには前期中間試験で良い成績を叩き出さねばなりません。



これからは真面目にやりたいところですが、そんな決意表明は2年前の留年時にもしているので、全くアテになりません。











つまり、留年生に必要なのは、決意表明でも意識改革でもなく、結果なのです。



どんなことを言ったところで、信用性が皆無なのが留年生。







これはもう、いろいろ喋らずに結果を出すしかありません。












というわけで、今年度から死ぬ気でやりましょう。


さもないと、マジで死んじゃいます。





さてさて。ではでは。

















追記。

新年度になりました。




ということは、今日はエイプリルフールなのです。


















つまり嘘つき放題











さぁて、どんな嘘つこうかなぁ・・・といろいろ考えてみましたが、春休みであるために嘘をつく友人に会えないのです。











というわけで、じゃぁ、電話をしてやろう!!





と、思い至ったはいいのですが、さて、誰に嘘つきましょうか。












最初に思い立ったのは、寮の友人に「お前、今日が寮に戻る日やけど、なんでおらんの?」と電話しようと思ったのですが、いかんせん。





同期はそのほとんどが卒業しております。














では、後輩は?



・・・と、思ってみても、そういやぁ、嘘ついても笑って許してもらえそうなのがおりません。





















ぐぬぬぬぬ・・・。








というわけで、いつものようにこのブログで「嘘の記事」を書いてやろうかと思いましたが、毎度毎度「退学したー」というネタを使い込んでいるので、結局は「またかよーー」ということになります。










「彼女できたよー」と言ってみたくもなりますが、あからさまに嘘だとわかる記事もやめといたほうがいいでしょう。





やはり、一瞬でも相手を信じさせてしまえそうな、そんな「巧妙な嘘」が欲しいのです。











というわけで、今日から明日にかけてじっくりと嘘を考えていこうかと思います。












「嘘をつく」という所信表明をしているのもなんか変ですが、まぁ、それはそれで。






・・・・・・万が一、嘘をつけなかった場合は「嘘をつく」というこの初心表明が嘘になるのですし。はい。










というわけで、新年度を迎えましたが、リキペディアはリキペディアです。




これからもまたよろしくしてやってください。




それでは!


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-04-01 00:00 | 歴史バカの日記