<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

QMAに行ってきた!!   

「ミリタリー検定」








みなさんはこの検定をご存知でしょうか。





まぁ、いろいろあるかと思いますが、リキペディアがやったことあるのはQMA(クイズ・マジック・アカデミー)のミリタリー検定です。



たしか・・・あの時のバージョンは6とかだったでしょうか。











とりま、その頃のQMAには「ミリタリー検定」なるものがあり、リキペディアはちょいちょいそれに挑戦しておりました!















そしてなんと!








リキペディア、そのミリタリー検定にてSランクを獲得するに至ります!












順位にして、全国3万人中100位!!









他にも、当時は三国志検定東京検定アニソン検定などあったのですが、どれもAランクどまりでSランクに行ったのはこの検定が唯一でした。




そんな思い入れのあるミリタリー検定なのですが、競技人口が少なかったのか、それ以降のバージョンではめっきり姿を見ることがありませんでした。















・・・しかし。






先週のこと。











某友人より「ミリタリー検定復活した!」との情報を得たのです!






これはもう行くしかありません。











しかし、聞いたのが試験期間中だったため、ゲーセンに行くのは諦め続けておりました。




そして、ようやく今日!









H瀬たちがラウンドワンに行くということで、それに同行してまいりましたとも!




ちなみにゲーセンに一緒に行ったのはH瀬の他に、S川H本U生田T橋といった5Mメンバーと、N森K庄といった同期寮生の友人たち。

それと、文芸部からW辺さんが一緒についてきました。







というわけで、ラウンドワンについて早速始まったのは、フルブ(FB)です。


えっと、正式名は機動戦士ガンダムEX VS Full Boostでしたっけ。





そんなこんなで既に先に到着していたS川N森たちに混じり、エクバを観戦していきます。

リキペディアはPSPのNEXTまではやってたのですが、PS3へと移ったexvsにハマることはなく、結局その次のexvsfbも全くやっておりません。



・・・まぁ、やはりPSPのように何度でも好きなように遊べるのと違って、ゲーセンのように1プレイ100円つぎ込むのに抵抗があるといいますか。


やはりといいますか、リキペディアはどうもゲーセンを貯金箱としか考えてないようなのです。








さて、そんなわけで何回かFBを見たあと、QMAの方に行きました。

何が面倒って、FBは2階にあるのですがQMAは1階なのです。いちいち上がったり降りたりが面倒でやんす。





ですが、そんな気持ちも筐体を見れば吹き飛びます。


あぁ、久しぶりにQMAやるなぁー。半年ぶりぐらいかなぁー。







ちなみに、リキペディアが使っているのはルキアというキャラクターです。

ルキア
f0186726_22494679.gif
f0186726_2250448.gif






まぁ、QMAを始めたときに「みんなが使ってないキャラクターがこれしかなかったから」という理由だったりするのですが、なんだかんだ言ってゲームしているうちに愛着が湧いてしまったキャラでもあります。




ほら、巨乳で快活な元気っ娘っていいじゃないですか。














というわけで、さて。

久々にルキアちゃんに会ったところでゲーム開始といきます。






目指すは検定!




ミリタリー検定!!

























・・・ですが。







おかしいですね。












ミリタリー検定がありません。










うむむむ・・・・・・。



今日はこのためにゲーセンに来たといっても過言ではありません。




にもかかわらず、ミリタリー検定がないとはいったいどういうことでしょう。














というわけで。


ミリタリー検定、存在せず。orz
























おうっふ・・・orz







そんなわけで、仕方なく適当な検定で1クレ消費し、全国対戦を選びます。





全国大会といっても、この時間です。
(平日午後3時)

参加するほとんどはCOMですし、決勝戦まで残るのは約束されたようなものです。













ですが。


リキペディアの知識は歴史や文系・理系学問に傾倒しており、アニメやスポーツ、ライフスタイルなどといった一般常識全般が欠けているのです。





そんなわけで、わかんない問題があれば即座に回答ボタンを押して運に掛けるしかないのですが、その運すらもリキペディアは所有してないようで、マルバツ問題を連続5回ミスるなどその不運さを見せつけました。







と、やっている途中で手にお菓子を持ったW辺さんを発見します。

UFOキャッチャーで取ったそうなのですが、それはひとまず置いておいて、W辺さんQMAに誘います。






なぜなら、基本的にこのゲームは人数が多い方が有利なのです。

つまり、三人寄らば文殊の知恵、というやつです。





何人かいれば、必ず答えを知ってる奴がいたりしますし、専門としている奴がいれば百人力です。






で、早速2人でやり始めるわけですが。




















スポーツがわかりません。



ブラジルのサッカー選手の名前だとか、90年代活躍した阪神のピッチャーだとか、そんなもんリキペディアもW辺さんもお手上げ状態なのです。


ちくしょう・・・こういう時に限ってB場ちゃんがいない・・・orz
(B場ちゃん:スポーツ全般に異様に詳しい)











そんなこんな2人でB場ちゃんがいれば・・・」と恨み節を言い続けながらも予選突破していきますが、いかんせん。



ライフスタイルや化学はスポーツと同じく範囲外です。orz












というわけで、本日の結果は幾度となく決勝まで行けたものの、最後の最後で1位を獲得することはできず、3位止まりの成績でした。



みなさんも是非QMAをやってみてはいかがでしょうか。





先ほどのルキアで名前がリキペディアというのがいれば、間違いなくリキペディアです。


偶然会ったときはよろしくしてやってくださいw




さてさて。ではでは。



















追記。

その後、W辺さんを駅に送る際。


目の前で電車が通り過ぎちゃう、っていうことも起きたりしたのですがそれはまた別の話。






それでは!


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-28 23:29 | 歴史バカの日記

試験が返ってきた!!   

というわけで、どうもこんばんは。


リキペディアです!!ヽ(´▽`)/











さてと。

本日から試験結果が返ってまいります。







・・・まぁ、既に留年が決定しているリキペディアの試験結果なぞ言わずもがなですよねー。





















ところがどっこい。












本日返ってきた教科でありますが!




リキペディア史上、類を見ない点数の良さだったのです!









なんと!



選択物理:97点

選択経済:80点

現代文:74点

英語Ⅳ:72点





だったのです!








さて、しかしまぁ、リキペディアはよく漫画等でネタにされるように、点数のいい時だけ「お前何点やった~?」と聞きに来たり、「全然良くないよぉ~」と言いつつ高得点を取っていく、といったような行動を忌避するようなやつです。


なので、まぁ、本来であればこういう感じに自慢しまくるのは自分でも控えるべきじゃないか、と思っております。












・・・が。














今日ぐらいは・・・!!












今日ぐらいは皆様、どうか生暖かい目で見てやってください!


















何せ、高専に入って5年。




平均が70を超えた現実など、見たことがなかったのです!!









というか、90点越えの試験すらも初めてです!!




なので、今日くらいは自慢げかつ盛大にドヤ顔を決めてもいいのではないのでしょうか!













というわけで、試験後にはまず見ることのできない、テンションの高いリキペディアでした。


さてさて。ではでは。

















追記。

本日、気天部の後輩さん2人より「今更ですがー」とバレンタインチョコをもらいました!


以前、リキペディアがバレンタインの時に配ったことに対するお返しだそうですが、何度も言うようにあれはリキペディアではなく、部活が配ったものなので、お返しは部活に参加する方向で返してくれればそれでいいと思っていたのです。

つまり、こうしてリキペディアにわざわざ返しに持ってくるなど・・・












リキペニウム
「つまり嬉しかったんだな?」


リキペディア
「その通りだ、コンチクショー」


リキペニウム
「こいつきめぇ」


リキペディア
「気天の二橋なんだから仕方ない」


リキペニウム
「さらにきめぇ」








それでは。m(_ _)m

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-27 21:58 | 歴史バカの日記

帰省してきましたよ!!   

どうもこんばんは。

リキペディアです。







さてと。


試験が金曜日に終了し、1日ばかり帰省をしておりました。













今回の帰省ではまず弟Bとガンダム談義に花が咲きました。





特に弟BはUCにハマっているそうで、ガンプラを買いたいと言っておりました!











なので、春休みの我が家はガンプラ大会となりそうですw



リキペディアはガンプラでは1年戦争(0083含む)のMSしか買ってないのですが、UCならば少々買ってもいいかな、という気はします。






まぁ、なんでしょう。

ウィングガンダムやフリーダムのような機体よりは、ザクなどのシンプルなMSが好きだからでしょうか。



それとも、ギレン閣下が大好きだから1年戦争のMSが大好きなのでしょうか。















まぁ、多分後者の割合大ですが。



さて、そんなわけでUCですが、UCではギラ・ズールやゼ・ズールといったMSが好きなので、もしリキペディアが買うとしたそう言った機体になるでしょう。



ちなみに、連邦系の機体だとロトとかが好きだったりしますw
(あのちっこいMS)









さて、そんな弟Bでしたが、弟Cの方はといえば、あいも変わらず「遊戯王やろー」と言ってきました。

どうやら遊戯王ブームが弟Cの中で来ているようで、リキペディアもそれに対抗してデッキを組み替えたりしております。









ですが、悲しいかな。

リキペディアの持つカードは10年近く前の・・・もっと言えば、文字が大きくて攻撃力が全てな時代です。



つまり、弟Cの持っている最新鋭効果カードにボコスカとやられていきます。











ですが、逆に働く場合もあります。


リキペディア家ルールでは制限カードや禁止カードが存在しません。









なので、リキペディアのデッキには死者蘇生や強欲な壺が3枚ずつ入ってたりします。


そういった、昔の強いカードで禁止されてしまったやつ、が多く存在していたりするのです。







さらにリキペディアのモンスターカードはレベル4以下しかいないので、生贄なしでドカドカ出ていきます。

例えば、レベル4で攻撃力1800だとか、1700だとか。





まぁ、それだけだと弟Cの効果モンスター郡には勝てないので、人喰い虫や相撃ちといった、共食い系のカードが多かったりします。








さて、最後に弟A


弟Aは来年度から自衛隊への就職が決まっております。







そんな自衛隊。

最初数ヶ月は全く敷地内から出ることができず、3年間の訓練期間が課せられるようです。



つまり、次会うときはムキムキになっているのでしょう。








そんなわけで、次帰ってきたら一緒にサバゲしたいなぁと。

やはり本職の人とサバゲしたらスゲェ強いというか、ヤベェことやってくれそうな気がするじゃないですか。






ちなみに、自衛隊は入隊式というものがあります。


その式典には家族等の関係者が参加できるのですが、勿論リキペディアも参加します。

鹿児島国分基地まで行って、自衛隊の勇姿もとい弟Aの晴れ姿を見てまいります。









・・・というわけで、今回の帰省は主に弟と駄弁るばっかでした。

まぁ、弟Aはずっと寝てると思ったら急に入ったバイトに行ったりで忙しくあまり話す機会がありませんでしたが・・・。





まぁ、こんな帰省もありなんじゃないかと思ったところで、今日の更新を終了します。



さてさて。ではでは。






















追記。

まぁ、勿論主目的は来年度のリキペディアの処遇ですよ。




もちろん高専をやめるかやめないかです。

そして、寮に残るか残らないかです。







今まで、やめるやめる言いながらもやめずに済んできたわけですが・・・。


まぁ、そろそろ苦しくなってきた次第。







・・・・・・。





・・・・・・・・・・・・・。







まぁ、うん。

なんとかなります!!!


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-23 23:53 | 歴史バカの日記

訪問者数:11万人突破!!!\(^o^)/   

というわけで。


じゃじゃん
f0186726_2322349.jpg





11万人達成!!!!









というわけで!

10万人を突破し、11万人に突入しました、我がリキペディア!


ちなみに、現在の平均アクセス数は訪問者数のおよそ2~3倍なので、アクセス数は20万や30万以上に!!






これもひとえに、いつも見てくださる皆様のおかげです!












ブログサイト「リキペディア」が始まって、4年半。



最初は1日10人行けば喜んでいたこのブログサイトも、今では100人200人の世界になってまいりました。






このように、いつも見てくださる方々がいるからこそ、このリキペディアが成り立っているのであります。

つまり、みなさんの1クリックが更新のやる気になっているのです。









というわけで!!





いつも見てくださってありがとうございます!!!


みなさん一人ひとりがリキペディア更新の原動力となっております!


「リキペディア」という名前が大分高専内という小さな枠にあっても、それなりに有名になることができたのはみなさんのおかげなのです!






これからもリキペディアをよろしくお願いします!!




さてさて。ではでは。


















追記。

2013年2月15日現在。





ブログサイト「リキペディア」には。




1709件の記事と。


4437件のコメントと。


11万人の訪問者がおります。









日々の積み重ねではありますが、こう見るとすごいもんがあります。



例えば、ひとつの記事の文字数は多いもので数万文字、短いもの(例えばこの記事)では1000文字未満と、大きな差がありますが、ここでは平均的に4000文字書かれている、としましょう。



それが1700件も集まると、なんと6800000(680万)文字にもなるのです!!






1文字1bitとすると、0.85MB。


1文字を1Bで表していくと、6.8MBになります。









・・・ってあれ、なんか少ないですね。










まぁ、というわけで、これで1710件目の更新になります!





エンターァァァァ!!!


それではm(_ _)m




ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-15 23:18

ナツカシイ モノ   

というわけで、こんばんは。

リキペディアです。( ´∀`)







予約投稿にしといたバレンタインの記事が更新されておりましたね。





うーむ、更新してすぐに見る記事はそうでもないのに、少々前に書いた記事を少し時間が経ってから見ると、変な気分になりますね・・・。


あとで書き直そうかな・・・。













さて、そんなわけで、懐かしいもの、です。








リキペディアが懐かしいと思うものはこちら。
f0186726_19155939.jpg



はい、このなんの変哲もないバインダーさん。









開けるとこんな感じ。
f0186726_19163153.jpg





さて、このバインダーのどこが懐かしいかといいますと。















実はこのバインダー。






もう購入から10年以上の月日が経過しているのです。












これを購入した具体的な時期は覚えておりませんが、小学校の高学年であったことは覚えております。






当時、美術か何かの時間で、大きな下敷きが必要になったのです。



画板なんて持ってなかったリキペディアは、ふと100均で見かけたこのバインダーを購入します。










結局、特に使うこともなく机の奥にしまわれることとなるこの黒いバインダー。


しかし、中学に入って思いがけない復活を遂げます。











それはリキペディアが中学に入り「生活部」という役職に入ってから。







「生活部」というのは、簡単に言えば「風紀委員」です。


遅刻をする人を取り締まったり、服装検査なんかをする部活です。










そして、当時のリキペディアはと言えば、権力を振りかざすのが大好きな、典型的な厨二病患者でありました。



というわけで、学ランにこの黒いバインダーを持つという、なんともまぁ、あれな格好が誕生することになるのです。








・・・と、今思い出すと床を転げまわりたくなるような思い出を暴露しているわけですが、苦い思いでばかり、というわけでもありません。









リキペディアはこの黒いバインダーとともに生活部に所属し、遅刻や服装を取り締まり。


そして、ついに3年次には生活部長へと就任します。




その傍らにはいつもこの黒いバインダーがあったのをよく覚えております。







この黒いバインダーの使い方は書類をまとめたりするだけではなく、カバンに入れるとちょうど形を固定してくれたりもして、非常に役に立ったのです。


そんなわけで、使う用事もないのにいつもカバンの中に入ってたりしました。









といっても、本来の用途に全く使ってなかったわけでもありません。





特に生活部長となり、生徒会に入ってからは各種行事のたびに活躍することになります。



例えば、体育大会での種目の内容を決めるときもこのバインダーを持っておりました。

校則を変えよう、と全校生徒に提案した時もこのバインダーを持っておりました。








そして高専に進学して、今度は部活動での書類や議事録などをまとめるのに活躍します。




カバンの形を維持する役割は現在も変わっておらず、今日も学校に持っていきました。

ちょうどひとつ前の記事で後輩さんのところを回った時にも持ち歩いてました。






というわけで、今現在も存在している、という点では懐かしいわけではないのですが、このバインダーと一緒にいた歴史は間違いなく懐かしいものです。


ってか、買ってから10年って、人生の半分です。














そう思うと、なかなかどうしてすごい時間を過ごしております。



まるでタイムカプセルですよ・・・・・・。








というわけで、100均で買った割に異様に丈夫なこのバインダーさん。


こいつはこれからもなんだかんだ言ってカバンの中に鎮座し続けることでしょう。

さてさて。ではでは。




























追記。

タイムカプセルで思い出しましたが。





そういえば、卒業する間際、ビデオテープを回して、そこに一人一人メッセージを言っていった記憶があります。


「次見る頃は忘れるよwww」なんて言いながら撮ったあのビデオですが、忘れるもなにも、内容を鮮明に覚えております。



・・・ってか、自分以外の数人分も覚えてたりします。








おいおい、これじゃぁタイムカプセルになんねぇよwwなんて思いながらも、見ることがないよう祈っております。



・・・いや、だって、語った内容が物凄くひどかった、ということまで覚えているのです。






あのまま先生忘れて持っててくれないかなぁ、などと思いつつ、今日はこの辺で!


それでは!

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-13 19:42 | 歴史バカの日記

さぁ、バレンタインデーだ!!\(^o^)/   

どうもこんにちは、リキペディアです!


さぁ、試験も明日に迫ってまいりました!











さて、というわけで。



我らが文芸部・・・・・・というより、リキペディアの文芸部論は「文化的な活動を行う」ことも部活の一部だと考えております。



まぁ、名は体を表す、といいますか。




それを実証するかの如く、今まで文芸部は七夕お月見ハロウィンなど様々な行事に首を突っ込んでまいりました。









つまり!!


















明日のバレンタインもその例外ではありません!!








というわけで。







配ってきましたよ!




チョコレート!!















・・・え、男のリキペディアがチョコレートを配るのはおかしい?










いえいえ、そんなことはありません。






そう。これは「部活から」みんなに贈られるのであって、リキペディアはいわば渡す代理人をしているだけなのです。

なので、全くおかしくなんてありません!













お菓子だけに!!


















リキペニウム
((((;゚Д゚))))「今日は一段と寒いわ!」







・・・ゲフンゲフン。








まぁ、なので。

女子にあげても逆チョコにはなりませんし!


男子にあげてもホモチョコにはならんのです!!









さて、そんな言い訳を終えたところで本題に入りましょう。






最初のほうこそ「文芸部の~」と考えていたリキペディアですが、よくよく考えれば文芸部員と気天部員の教室が同じだったりするところがあります。



そして、気象天文部の部長であるリキペディアは、どっちかといえば気象天文部の方に注力すべきなのです。


なので、これはもう気象天文部員にも配るしかありません。











「仕方ないなー」とか言ってますが、その顔は結構ニヤけております。


気持ち悪いですねー。
















さて、そんなわけで、まずはチョコレートです。

ですが、ここで早速問題が発生します。




といいますのも、試験期間真っ只中の現状で、とてもチョコを作っている余裕はないのです。

ってか、その設備も技量もリキペディアにはありませんので、必然的に既製品を購入することになります。





というわけで、登場するのがみなさんご存知「アルフォート」さん。


これは去年のバレンタインデーでも部員に渡したチョコレートで、まぁ、つまりコストパフォーマンスに優れるんですよ。はい。





リキペニウム
「チープだなおいwwww」


リキペディア
「それは触れない方向で・・・・・・」








まぁ、気象天文・文芸と合わせて約30人いる部活なので、リキペディアの薄い財布では厳しいものがあるのです。







リキペニウム
「これだからバイトしてないお坊ちゃんは・・・」


リキペディア
「来年こそはバイトする!!」












さて、そんなリキペディアの決意は置いといて、アルフォートを箱買いしていきます。




その数、予備も含めて35個。





その写真がこちら。じゃじゃん。
f0186726_15275854.jpg

注:この時↑の数は25個。後に買い足して35個に。



f0186726_15283355.jpg

奥のピンク色のを買い足して35個に(写ってるのは28個)。







・・・やべぇっすね。

かつてこれだけのアルフォートが部屋に集合したことがあるでしょうか。









しかも、寮の暖房で溶けないように常時窓を開けっ放しにする必要があります。


これは寒い!
















リキペニウム
「お前はいつも窓開けっ放しじゃねぇか・・・・・・」


リキペディア
「シ、シラネーナーー」










さて、そんなわけで買ってきましたアルフォートさん。


去年はこれにシールを貼って渡していたのですが。






一緒に買い物に行ったM脇さんに「包装紙に包んでみればよさげになるんじゃね?」と言われました。



なるほど、確かにアルフォートだけを渡すのは安っぽいですが、包装されていれば幾分か和らぐことでしょう。

さっそく100均に行って包装紙を買ってきます。






そんなわけで、まずはその異様に大きな包装紙を切っていくわけですが、これがなかなか難しい。


760mm×560mmという大きさなので、定規でずらしながら切るしかありませんし、よしんば切れたとしても計算間違い等で、左右の大きさが釣り合わないゴミっぷり。



さらに包装なんてしたことないので、先のM脇(昔ケーキ屋でバイトしてたらしい)に教えてもらいながらやっていきますが、出来上がるのは失敗した包装紙の山です。(写真参照)
f0186726_15401564.jpg








リキペニウム
「機械科のくせにwwww」


リキペディア
「うるせぇ! 5軸マシニングにブチ込むぞ!!」


(5軸マシニング:超複雑なものでもプログラムさえ組めば正確に作ってくれるスゲェ切削機械。実習工場に存在する。1台数千万から数億らしい・・・)











しかし、やはり人間はすごいと思うのが、それにすら慣れていくこと。



やるに連れてだんだんコツがわかり、少しずつですが失敗が少なくなっていきました。
f0186726_15422973.jpg




そうやっていくうちにだんだん包装が終了していきます。
f0186726_15434056.jpg






そんなわけで、包装が終わったやつにシールを貼って完成!!
f0186726_15444053.jpg





というわけで、完成しました。


なんだかんだ言って、やればできるもんです。







ちなみに、色が数種類ありますが、これはクラスや性別で分けたものになっております。



まずは5S部員用
f0186726_15462765.jpg


渋めの色がいいかなーと思ったので、買ってきた中では比較的渋いやつを選んでみました。

ちなみに、これは女子用なのでピンクのリボンが付けてありますが、男子用はちゃんと青のりぼんがついております。






次は男子部員用。
f0186726_15482827.jpg


f0186726_15505538.jpg



男子部員用の包装紙で気をつけたことは、なるべく可愛くすること。

ならピンクだろーということで、上の2種類に。


まぁ、シールが青だったので、ピンクとかのほうが映えるかなぁなどと。






次に女子部員用。
f0186726_15531055.jpg


女子部員用のはリボンがピンクだったので、包装紙がピンクだとあまり目立たなくなってしまいます。

というわけで、この白い包装紙にしてみました。


まぁ、模様がマーブルチョコレートみたいじゃないですかw










というわけで、以上4種類。

男子用が2種類あるのは、単に紙が足りなくなっただけですw










ってか、見かけ立派ですが、これ中身アルフォートですよ!!

しかも、外見ではまともな包装に見えますが、中身の方はなかなか酷いものがあります。


これ、逆に期待させてしまって、開けた時のガッカリ感ヤベェぞ・・・・・・。










・・・はっはっはーー。



見掛け倒しとはこのことか!!





さて、あとはカバンに詰めてこれを渡すだけ!





















というわけで、本日。

えっと、ようやくこっからが本編になるのでしょうか。











だとしたらプロローグが長すぎです。







あれ?

エピローグだっけ?
(ごっちゃになってる)










まぁ、本当のバレンタインデーは明日なのですが、明日は試験開始ということで今日になりました。






さて、受け渡しの時間は昼休みしかありません。


順序としては、まず1つだけ教室の離れている5Sに渡しに行って、一旦4Mに戻ります。

そこから再度準備をして、同じ階にある1E、2C、3Mと渡して階段を降り、3S・3C、2E・2M、1Sと渡していく予定です。






というわけで、昼休み。

まぁ、授業終わって早速乗り込むというのも悪いので、少々時間を潰して12時10分に5Sへ向かいました。


・・・が、これが災いしたのか、5Sには部員の姿がなく、すごすごと4Mへ戻ることに。
(後で偶然会ったH田さんに渡しておきました!)








そして、4Mで準備して、さぁまずは1Eだ!

というわけで、1Eに行きましたが、残念ながらここも学食か何かで出かけているようで、次の教室へ向かいます。




というわけで、2C。

3度目の正直というのでしょうか。2Cでは無事後輩さんが教室におりました!


2Cにおりますは、後輩部員のふじこはるた

2人とも今年から入部したイラストさんで、以前からネットでイラストを描いていたこともあり、とても絵が綺麗なのです。

特にこの前のOB講評会ではOBの方々から褒められておりました。

ちなみに、ちっちゃいほうがふじこで、おっとりしたほうがはるたです。

他の部員曰く、どちらがどちらかわからなくなるそうなので、これで覚えるといいでしょう。



ちなみに、教室に入ったとき、2人はトランプをしておりました。

ちょうど打ち切る形になったので申し訳なかったであります。m(_ _)m


2人に「明日は何の日ー?」と聞くと「試験開始日!」と大きく答えてくれたので、なるほど、さすが高専生だ、と思いつつチョコレートを渡しました。

そのあとは適当に文芸関連の雑談をして次の教室へ。







さて、その次の教室は我らが文芸部長メシア様がおわす教室です。

教室に入ると、いつもどおりいつもの場所でいつものようにメシア様が座られておりました。



残念ながらもうひとりの部員、T内くんは出かけているようだったので、彼の机の上にチョコレートを置いておきました。

ふむ、こうして机を見ると普通に女の子からもらったような感じになってますね。いいこっちゃ。






さて、そんなわけで同じように少々談笑したあと、次の教室へ向かいます。

次の教室は階段下ってすぐの3S。



まぁ、正式には3Sに文芸部員も気天部員もいないのですが、英語部のT丸さんという後輩がおります。


T丸さんは文芸・気天の活動にちょくちょく顔を出し、企画事にも多く参加してくれる後輩さんです。

通称「うるさい後輩」と呼ばれておりますが、そのうるさくも明るいキャラクターには結構助けられていることも多かったりします。


ってなわけで、日頃の感謝を込めて渡そうかと思ったのですが、残念ながら不在でした。
(5S同様、偶然購買で遭遇したので、そこで渡しておきました!)







さて、そんなわけで、お隣の3Cへと足を向けます。


3Cにおわしますは、我らが編集長のごまドレさんです。




ごまドレさんは最近OB会との連絡役もやるようになって、よく文芸部を引っ張ってくれる人です。

そんなごまドレさんは去年もチョコレートをもらっているので、リキペディアがやってくることをある程度予測していたようでした。


そんなわけで、驚かれることなく普通に渡して、適当に雑談して次の教室へ向かいます。








ふーむ、やはり2回目ともなるとサプライズ性に欠けます。


次回はもうちょい、何か驚けるような感じにしましょうか・・・。









と考えていると、到着しました。2M・2E。


ここにいるのはT木君O野くんS籐の3トリオ。



この3人も去年もらっているので、ちょいちょいちょいーと渡し、文芸関連の雑談をして次の教室へ向かいます。

結構手早く済ませたのは、時間がなくなってきたからです。





意外と短いのよ、昼休み。















そして到着しました1S前。


1Cにも気象天文部員はいるのですが、ちょうど1S前にいたので、1Sと一緒に渡すことにしました。







というわけで「文芸・気天部員集まれー」と言って集めましたが、あれよあれよという間に集まってきます。



それもそのはず、1Sにいる文芸・気天部員は、なんと驚きの10人!


両部活の合計が28人なので、その3分の1以上がこの教室にいるのです。









というわけで、時間もなかったので急ぎ足で渡していきます。


人数が多いので簡単にですが、渡した順に今年の新入部員の紹介をしていきましょう。



まず最初に渡したO崎さんは文芸・気天の両部活を兼部している人で、他にも吹奏楽にも入ってたりします。そして、背が高いのが特徴です。


そして次に渡したのはA澤さん。この前一緒にリーダー研修に出てくれた人で、みんなのお母さん。いろんな仕事に首を突っ込んでいく人です。


次はA部さん。小柄な後輩さんで、さん付けよりはちゃん付けで呼んでしまいそうになる人。弓道部にも入ってて、その姿はなかなかかっこよかったりします。


そして最後に渡したのが、Y田さん。先の1Cの人。気象天文部に所属する寮生で、A部さんと同じく小柄な後輩。スゲェ丁寧に話してくれるのです。





あと2人ほど女子部員がいるのですが、この時はいなかったので次に男子部員に配り始めました。


というわけで、男子部員。




まずはS野くん。リキペディアと同じく小説書きで、長編小説を得意とする。そのせいか、なんだか1年生の頃の自分を見ている気分になることも。実は1年生の中では一番連絡を重視する後輩だったりします。


次にK井くん。文芸部所属。背の高い爽やかなイケメン後輩。その明るいキャラクターと、なんでも「はい!」と答えてくれて、積極的な後輩です。


そしてY本くん。作品出せよーとよく言われる後輩で、リキペディアと同じく小説担当。1EのG籐くんや上のK井くんたちとよくカードゲームをやってたりします。


次がO田くん。最初のほうこそ文芸部に来てくれたのですが、最近はあまり来なくなってしまった後輩。まぁ、退部届けもらうまではいるように扱うし、いつでも来て構わんよーwと話しておきました。

まぁ、去るもの追わず、とは言いますが、それでもやはり部員が減るのは悲しいことなのです。やはり、みんなでわいわいしたい、っていう。


さて、最後にM成くん。彼は1Sでは唯一の男子気象天文部員です。O田くんと同じく最近連絡がないので、どうしたのかなーと。まぁ、まだまだ活動は続くので、そこでまた一緒にわいわいできれば、と思っております。





そんなわけで、男子部員にも渡し終えて適当に連絡事項を話していると、やってきました残りの女子2人。



この2人は気象天文部員で、2人とも吹奏楽部に兼部しております。なので、よく吹奏楽部の部長さんと「あの2人は可愛いなぁー」という会話をしていたりします。




というわけで、まずはM田さん。よくマスクをしている後輩さんで、凄く丁寧に話してくれるのが特徴。以前、モンハン2Gを持っていると聞いたので、いつか狩りに行きたいなぁと思ってたりします。


次にN本さん。雰囲気と容姿がお嬢様っぽい後輩。M本さんと同じく丁寧に接してくれるのが特徴で、星の観察時は積極的に手伝ってくれたりします。






さて、以上新入部員の簡単な紹介でした。


とはいっても、実際彼らとゆっくり話している時間はなく、急いで教室に戻ることに。






そうして戻ると、そこにいたのはO谷くんU野くん

そして、教室から引っ張り出してきたH瀬と、お菓子がもらえると聞いて飛んできたB場ちゃんです。





ってなわけで、彼らにもチョコレートを渡します。


H瀬からは「お前これだけ立派に包んで中身アルフォートかよぉwwwwww」とか言われましたが、こちとら金がねぇのです!!




・・・まぁ、来年からはもうちょい頑張りましょう。












というわけで、彼らにチョコレートを渡し終えたのが昼休み終了の50分。


その後、慌てて授業に参加することになったのは言うまでもありません。










さて、そんなわけで今年のバレンタインでしたが、いかがでしょうか。


もちろん、これからもまた行事があるたびに首を突っ込んでいきたいな、と思っております!


さてさて。ではでは。






















追記。


冒頭でもありましたが!






これは「部活から」の贈り物です!!











決してリキペディア個人から、というわけではありません。




というわけなので、お返しはリキペディアではなく部活に参加する方向で返してくれるとありがたいと思います。

まぁ、その結果としてリキペディアも喜びますしお寿司。












リキペニウム
「ってか、アルフォートごときでお返し期待するなよ」


リキペディア
「ほら、新入部員とかが先輩の圧力とかでだな?」


リキペニウム
「気にすんな。お前にそんな圧力はねぇ」









orz















まぁ、チョコレートあげて、目の前で喜んでもらえる、ありがとう、って言ってもらえる。

これが何よりお返しじゃぁなかろうでしょうか。


なので、リキペディアとしては既に満足だったりもするのです。

それでは。
[PR]

by rikipedia | 2013-02-13 17:32 | 歴史バカの日記

Re:take! 文芸部の歴史!!   

というわけで、はい!!



試験真っ只中、リキペディアです!( ̄▽ ̄)














さてと、今回は文芸部の話題です!








文芸部は毎月1冊の定期刊行誌を発刊しており、それを図書館に置かせていただいております。




・・・・・・というのは表向きの話で、実はプリンターの故障やパソコンのデータ喪失などで、まともに発刊できたことがあまり多くない、という実情が。




・・・はい、楽しみに待っていた方、すみません。







ちなみに、名前は「Re:take」といいます!

ってなわけで、新たにプリンターを購入した今年の1月より、今までの遅れを取り戻さんと連続発刊となった文芸部の部誌です。







そんな部誌ですが。














今年度11月の部誌をもちまして「Re:take」が10冊目となりました!!







そんなわけで、次号からは新たなタイトルになるのです。






今までのタイトルにすごく思い入れがあった分、結構名残惜しいと言いますか、残念な気もするのですが・・・。

まぁ、前タイトルの「Like☆Like」も10号で終了したことですし、ここは慣例に乗っ取ろうと言うことになりまして。










ちなみに、この「Re:take」という名前。


この名前はちょうど今から2年前の2011年4月に決まったものでした。





「ちょうど新年になったし、Like☆Likeも10号になったからタイトル変えね?」っていう話になりまして、そこからみんなで考え出したのです。








そして、結構陽も落ちた頃になって「辞書に聞いてみよう」ということになり。



そんなわけで引っ張り出したドイツ語辞典。








それを適当にパラパラーとめくって、適当にストップ!!と言ったページに書いてあった言葉。



その時あった言葉が「取る」か何かで、それを英訳した「take」になり、前号の「Like☆Like」に語感を近づけるため、冒頭に「Re:」という言葉が加えられたのです。







そんな経緯で誕生した「Re:take」






今までは入った時から続いてた名前でしたが、これからは自分たちでつけた名前なんだ、という感覚はとても不思議なもので、なんとも言い難いものだったのを覚えております。




・・・さて、そんな年寄りの昔懐かしコーナーは置いといて。










そんなわけで、はい!

ジャジャジャジャン!!
f0186726_2013292.jpg



これは図書館に並ぶRe:takeさん達です。



これ以外にも、オープンキャンパス号、高専祭号が数点あるので、最後ですし今度置きに行こうと思っております。






と、同時に。

今回、10冊の節目を迎えることになったRe:take









その全てを久々に読み返してみようと思いまして。













読み返してきました。はい。


そんなわけで、今回は我らが文芸部が足掛け2年の歳月をかけて発刊し続けてきた文芸部誌「Re:take」の軌跡を辿りたいと思います。






Re:take 1(2011年4月15日発刊)
f0186726_20283233.jpg

というわけで、これが栄えある文芸部の定期刊行誌の第一号になります。


・・・・・・まぁ、リキペディアの知らない昔に同じことをやっていたかもしれないので、厳密には定期刊行誌第一号ではないかもしれませんが。苦笑。




さて、そんなわけでRe:take 1号です。


この1号にはイラスト7作品、小説5作品が収められております。



やはり最初なので、部員のやる気の高さが伺える部誌となっております。

タイトルを作ったのは去年卒業されたM谷先輩で、編集がA野さんでした。


業務用のホッチキスで止めたら針が表側まで飛び出てきて、急遽部室にあったテープを上から貼り付けたという苦い思い出がありますw
(右側の白いラインはそのテープの色)



ちなみに、この時のテーマは「爪」「相棒」

当時、「相棒」の最新作が出たことからついたテーマでしたが、「爪」の方は完全に辞書さんの適当パラパラですね。はい。


ってなわけで、次号に行きましょう。








Re:take 2(2011年5月15日発刊)
f0186726_20285033.jpg

2冊目となるRe:take5月号。

この時のテーマが「ダンス」だったのですが、リキペディアの書いた「文芸部の一存」がこれはこれは酷く、「お前そんな作品でいいのかよ・・・・・・」という評判をいただきました。


まぁ、確かに同期文芸部員と比較しても、リキペディアの執筆力の無さはいかんともしがたいモノがあります。



ちなみに、前回に懲りて今回は通常ホッチキスで止めております。








Re:take 3(2011年6月6日発刊)
f0186726_2029358.jpg


この号のテーマは「ノート」だったのですが、後輩のT木くんが「交換日記」について作品を書いており、それを読んだリキペディアが「交換日記やるか!!」と言い出した、という話がありますw


一時は「全部員で1日ずつ交代で書こうぜ!」って騒いでおりましたが、さすがにそれは面倒だ、ということで却下されることに。(ったりめーだ

ちなみに、その名残が文芸部室にある「文芸日誌」だったりします。



他にも、面白い作品が多いのがこの号の特徴です。


というわけで、次に行きましょう。








Re:take 4(2011年9月6日発刊)
f0186726_20291574.jpg

夏休みをはさんで発刊されたこの部誌。


「タイトルどうやってるんだ!?」と当時は驚いたもんです。

ここまでの表紙は全てM谷先輩が手がけられたものですが、月を重ねるごとにクオリティが上昇していっております。


事実、次の号から役員がガラリと一新されますが、こういったパソコンで作成されたものではなく、イラストさんが提出したイラストに文字を貼り付けたタイプのものがほとんどになります。



それと、この号から各小説が始まる前にタイトルが付くようになりました。

今までは文章の最初にちょこんとあったものが、1P使ってどどんと表示されるようになったのです。


それでは次に行きましょう。








Re:take 6(2012年4月27日発刊)
f0186726_20293586.jpg


写真撮ってて思いましたが、Re:take 5はどこに行ったんでしょうか?


何故か間が抜けておりました。



それと、Re:take 4が発刊されたのが9月なのに、この号では4月へとタイムワープしておりました。

間に5号があるにしても、間が空きすぎです。


今度調べておきます。m(_ _)m



さて、そんなわけで、6号ですが、ここから役員が一新されました。

表紙も先輩ではなく、メシア様のイラストに強引にタイトルをくっつけたようなものになっております。


ちなみに、テーマは「桜」「いち」ですが、小説5、イラスト2と結構提出が少なかったです。

2作品あるイラストですが、これは両方とも来原先生の作品ですし・・・。
(勝手に先生と呼んでるだけで、本当の先生ではありません)


というわけで、次号行きましょう。








Re:take 7(2012年5月11日発刊)
f0186726_20294820.jpg


この月のテーマは「カーネーション」


母の日があったからこのテーマだったのですが、表紙からして超カーネーションですね!w

イラストのパピヨンは可愛い女の子を書くのが凄く上手いのですよ。はい。



この号では、今年度入った新入部員の自己紹介もやっております。


また、編集後記を書いたのが先のパピヨンなのですが・・・。


でかでかと「リキペ(ヘタレ攻め)×パピヨン(女装受け)」と書いてあるのはなんなのでしょうか。


しかも、来月のテーマになる可能性があったそうなww

やれやれ・・・全く・・・。


というわけで、次に行きましょう。








Re:take 8(2013年1月中旬発刊)
f0186726_2030490.jpg

またもや前回からタイムワープしております。


これ、6月号ですよ・・・。



まぁ、間にプリンター壊れたとか色々ありましたが、それでも期間が空き過ぎです。

事実、部員からも相当せっつかれておりました。


ちなみに、編集担当はリキペディアです。

部員の皆様、本当にすみませんでした・・・。



さて、内容についてですが、この号から新入部員が本格参戦します!


それもあって、小説が7作も集まっております。

ちなみに、イラストがまたもや来原先生の1作だけなんですが、これは一体・・・。


さて、まぁ、次に行きましょう。








Re:take 9(2013年1月中旬発刊)
f0186726_20301863.jpg

8・9月合併号ですが、これも編集・印刷の遅れから、6月号と一緒に発刊することに。

これもリキペディアの責任です。重ね重ねすみません・・・。



さて、この号ですが、注目すべきはその目次。

なぜ目次かというと、この号のテーマが「つき」「なつ」だったので、目次の欄に月のイラストが挿入されているのです。

これは新入部員のはるたが描いてくれたもので、せっかくだから、と目次に入れてみました。



そして、この号は合併号ということもあり、かなり大きな部誌になっております。


なんと、小説4作、イラスト6作!



ちなみに、表紙のイラストは来原先生がペイント使って5分ぐらいで描いてくれました。


事前に表紙担当を決めてないからこういうことに・・・。
(Re:take 8も同じで、こちらはT木くんO谷くんが仕上げてくれました)


というわけで、次です。








Re:take 10(2013年2月7日発刊)
f0186726_20303115.jpg

というわけで、昨日発刊しました11月にあたります。Re:take 10。

これも編集を担当したのはリキペディアです。遅れてすみませんでした。


ちなみに、10月号は高専祭に出したやつで「高専祭特別号」という扱いなので、ナンバリングはされておりません。


今度持ってきておきます。m(_ _)m



さて、Re:take 10ですが、今回から何点か新機軸が取り入れられております。


と言いますのも、今まで表紙は表紙で別のイラストを描いたり、提出されたイラストの中から良作を表紙に選出したりしていたのですが、それをするとタイトルロゴが入ってしまい、本来のイラストを見ることができなくなっていたのです。


というわけで、文字が入る前の元絵を普通のイラスト同様、イラストコーナーに掲載してみました。



もう一つ改善された点としては、小説のタイトルページを、全て左側のページに統一しました。

これは、前の小説が左側のページで終了すると、次の小説のタイトルページがその裏に来てしまい、見にくかったことから変更がなされたのです。


これら改善点は今回の部誌で評判を聞いて、次号以降も実施しようか考えております。













さて、以上、9冊!


文芸部が毎月発刊している、定期刊行誌「Re:take」でした!!




これらは図書館に置いてありますので、興味のある方は是非読んでみてください!
(注:貸出はできないのでご容赦ください)













それでは、以上!


文芸部の壮大な宣伝でした!!







リキペニウム
「それ言ったらダメだろ・・・・・・」

リキペディア
「でも、これ堂々過ぎてステマにはなってないぜ?」

リキペニウム
「だからって正々堂々かよ」








来年度も部員が増えてくれれば嬉しいのですよ。はい。


さてさて。ではでは。






















追記。

というわけで、少し間が空いての更新でしたが、本日以降も更新を自粛いたします。



と言いますのも、リキペディアは現在試験期間真っ最中。


試験開始は来週14日からなので、それまで準備を万端にしなければ・・・。




それでは!!


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-08 22:38 | 歴史バカの日記

留年に関係する全ての人へ・・・   

というわけで、こんばんは。


リキペディアです。










はい。

タイトル通りです。











留年生や留年しそうな人。

まぁ、ほかにも興味のある方は見てやってください。



















留年が決定しました。
















高専に入って2回目の留年です。








我が家に経済的な余裕がない以上、自分がこれ以上家庭の負担となる訳にはいきません。


これ以上、誰かの負担や迷惑にはなりたくないのであります。











・・・よって今後、最善の策を以て負担増加を食い止める方針です。


負担や無駄は排除すべきなのです。









































・・・と書くと、まるで自分が留年を苦に3次元から2次元へフライアウェイしそうな感じですが、そうは問屋が卸してくれません。





と言いますのも、負担や無駄は排除すべきですが、かと言って倒産して株券を紙クズにしてしまう方がよっぽど損害が大きくなるからです。



つまり、倒産するぐらいなら、ゴミみたいな株価でもそのまま生きてろ、投資を無駄にするな、ということです。



倒産さえしなければ、暴落した株価もいつかまた上昇する機会もあるかもしれませんし、株主はわずかでも配当をもらうことができますし。














さて。

というわけで、今後についてですが。



自分個人としては高専続投を希望しているものの、留年後に順当に卒業しても大学卒業と同等の年齢になってしまうこと、現在に至るまでの経緯や、家庭への負担増等の観点から、家庭内では高専を退学すべきとの意見が大勢を占めている状況です。


そのため、他の専門学校ないし就職先を探すことになる可能性が高いものと思われます。












・・・まぁ、またいつもの「やめるやめる詐欺かー」と言われそうなので、いつもどおり「可能性が高い」とだけしておきます。










親からは「高専続けたいなら誠意を示せ」と言われましたが、留年生が語る誠意ほど安っぽくて薄っぺらいものもありません。



なぜなら「次は頑張る」「来年こそは」と言ったところで、それを出来てないゴミだからこその留年生なのであり、留年生のする約束ほど信用ならない約束もないからです。






ってなわけで、誠意を示せ、と言われて示すほどの誠意すら持ってないリキペディア。










なるほど、クズだなーと自分でも思いますよ。はい。










さて。

先ほど、自分を会社にたとえてみましたが、同じように株主がいる限り、常にその意見や指示に従い続けなければ、という意識があります。





なにせ、どの道を選んだところで、結局負担するのは株主です。

負担の大小が異なるだけで、発生しない、ということは限りなく不可能に近い。



つまり「俺これやりたいから、お金払ってねー」とか舐めた事言うわけにはいかんのです。












持つべき誠意も信用もない。




それが留年生です。














留年生になりそうな学生。

留年が決まってしまった学生。














・・・・・・よく見ておいてください。














これが留年生になるということ。



これが留年の烙印を押されることです。











まぁ、留年にゴミなりクズなりルビを振るのは自由です。











もちろん、その後挽回出来る留年生もいます。


実際、リキペディアはそういった留年生を見たこともあります。











ですが、その後最低1年間はこの呼び名が消えることはないでしょう。















最後に改めて書いておきます。























留年は、止めとけ。



さてさて。ではでは。


















追記。

というわけで、明日をも知れない身といいますか、来年をも知れない身になりました。






まぁ、結局は自分のせいですよ。


どーしよーもねぇですよ。



ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-04 21:41 | 歴史バカの日記

新企画! 毎月のランキングetc!!   

さてと、こんばんは。


リキペディアです。





部活紹介ビデオの記事がまたもや長くなっておりますので、ちょいと趣向を変えて別の記事を書いてみております。







さて。

日頃お世話になっている「リキペディア」ですが、管理人であるリキペディアにしかできないこと、というのが多々あります。



例えば、ブログ記事の投稿や編集などがまさにそれにあたりますね。






そして、その機能は書いたりするだけではなく、見る機能もあるのです。



時々投稿している「総訪問者数」のページなんかがそれになります。



で、実はそれ以外にも色々ありまして。









毎月ごとの訪問者を見れるページや、どういった検索ワードでこの「リキペディア」にたどり着いたか、ここにリンクする際はどこのURLから来たのか。


などなど結構たくさんのページがあるのです。










で。

寮の友人等のリアル知り合いなら、そういった画面を直接見る機会もあったりするのですが、他の多くの方々は見ることができません。



というわけで、前フリが長くなりましたが。

今回はそういったページを公開してみよう。という企画です。








まぁ、毎月の訪問者数とかなら、今後の定期的な活動になるかもしれませんし!

それに、将来何十年か経ってそれらの記録を見つけたら、すごく懐かしいだろうと思いますので!







ってなわけで、今月からスタートです。


今回は最初なので、12月1月の分を公開したいと思います!
(それ以上は遡れなかったorz)










というわけで、まずは12月と1月の訪問者数を公開!


じゃじゃじゃん!!




2012年12月「訪問者数」

f0186726_22282138.jpg







2013年1月「訪問者数」

f0186726_2228493.jpg





ってなわけで、これが先月「リキペディア」に来た人になります!






どちらもアクセス数は4000人ぐらいなので、1日あたりにすると100回以上リキペディアのページが開かれていることになります。


まぁ、これは重複可能なので、もしかしたらリキペディア自身が1日に90回ぐらい更新ボタンを押しているのかもしれません。









そこで役に立つのが、隣のユニークアクセス数

これは重複しないカウンターで、2000人から2500人程度です。




まぁ、なので1日辺り70人から80人、といったところでしょう。











しかしまぁ、やはり「リキペディア」の全盛期にはまだまだ届きません。

全盛期の頃はなんと1日100人は当然で、すごい時は200人や300人というのもあったのですが・・・。








と、昔を懐かしんでおりますが、それは当然も当然。


なんと、全盛期当時は1日に2回や3回もブログを更新するのが当然で、1ヶ月の記事数が100件近かったのです。



やはり、更新率はそのまま訪問者数に直結するようで、最近はそれが出来てないから訪問者が下がってきているのではないか、と思っております。






・・・ってか、こんな低い更新率でむしろ80人も見てくださっている現状の方が驚異的です。


みなさん、マジでありがとうございます。m(_ _)m














さて、次は「検索ワード」ランキングです。

つまり、どんな検索をかけてこのページにやってきたか、ということです。



じゃじゃじゃじゃん。
f0186726_2231293.jpg







・・・・・・。





・・・・・・・・・・・・・・・。










えっと、はい。


代わり映えしませんね。







そんなわけで、まずは上位についてです。


「攻略」「激突要塞」「すずぬーと」「提督の決断4」ですか。







ブログサイト「リキペディア」は、いつもいつもくだらない日常を書いておりますが、記事別にみると、昔書いた攻略法などを見に来てくれる方が多いようです。







となると・・・ふむ。


これは一部だけだった攻略を全部にしたり、途中で止まっている攻略を完成させたりしたほうが良いのでしょうか・・・。


コンプリートすれば、より訪問者も増えそうですね。










次に中盤以降ですが、これはもう分かりやすいですね!




「リキペディア」と、最初からここ目的で調べてくれる人もおりますし。



逆に「留年」と調べてここに来る方も多いようです・・・。







ほかにも「ブログ」「ジオン」「大分高専」といった、リキペディアの構成に欠かせないものがいくつかあります。










ってなわけで、以上いつも見えない「裏側リキペディア」でしたが、いかがでしょうか。


一応、もう少しあることはあるのですが、それほど面白みに欠けるといいますか・・・。はい。





ってなわけで、今回はこの辺で!

さてさて。ではでは。



















追記。

リンク元のURLが見れるページがあるんですが、そのほとんどがヤフーグーグルさん。




ツイッターフェイスブックからのリンクが全然来てねぇ!!









うーむ・・・。

宣伝するだけ無駄なのか・・・?







それでは。m(_ _)m

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2013-02-03 23:44 | 歴史バカの日記

さぁ、リーダー研修です!!   

というわけで、はい。




リーダー研修でした!!!










まぁ、ホントは昨日2月2日にあったのですが、まぁ、帰ったら疲れて寝てしまいまして・・・。






ってなわけで、はい。

リーダー研修です。







リーダー研修とは、その名のとおりリーダーたちが集まって講演聞いたり会議することです。


これには学生会役員と、各部から2人の代表者が参加することになっております。

















ちなみに、リキペディア。


今年で4回目の参加になります!

















まぁ、はい。

1年生の頃から出ていましたし。






やはり、寮生ですので参加させやすいのでしょう。


ってなわけで、リキペディアは今回気象天文部の部長として出席。






まぁ、文芸部の方で出てもいいのですが、気象天文部は自分以外で代表者として出れる人いない・・・っていうか、自分部長だからそっちで出なくちゃ・・・っていう。


ですが、文芸部の方はわれらが部長、メシア様が出席されてましたし、会計であるO野くんも出ていたので、ひとまず安心。



困ったのは気象天文部の方で、今後のために後輩から出したいなぁと思ったのですが、3年生はいないし、2年生は2人とも別の部活で参加が決まってる(S籐:科学部・O野:文芸部)ので、1年生から参加させることに。




でも、今年入ったばかりの1年生を参加させて大丈夫だろうか・・・やっぱりスゲェ緊張するんじゃなかろうか・・・という心配もあったのですが、他に頼む部員がいない以上、頼むしかありません。

まぁ、これもいい経験だと思って参加してもらいましょう。












ってなわけで、1年生に聞いてみたところ、いの一番に返信してきましたA澤さん



A澤さんは文芸部も兼部しており、さらに寮生でもあるので気象天文部の中では馴染みのある後輩部員です。

しかも、1年生とは思えないほどのしっかりもので、クラスでついたあだ名が「お母さん」








いや、まぁ、確かに納得のあだ名です。


なんかもう既に大人のオーラ出してますもん。











さて、そんなリーダー研修は朝9時から行われるので、事前に連絡メールで8時50分に完全集合、というような連絡を受けておりました。

となれば、やっぱり余裕を持って8時40分ぐらいには到着しときたいよなぁー。


ってなわけで、A澤さんには8時35分ぐらいに女子寮の前に行くよー、と連絡。




・・・まぁ、時計を30分刻みで読むリキペディアとしては、少々気持ちの悪い時間なのですが。
























そんなわけで、リキペディア。


朝7時に起床。































・・・・・・できず。







目覚ましを止めて、ハッと目を覚ませば既に8時15分。

当然朝飯を食っている余裕はなく、さらに、準備完了した直後に謎の腹痛が襲来。


結局約束していた35分に女子寮まで行くことができずに、先に行っててーと連絡する始末。









リキペニウム
「先輩の威厳のカケラもねぇな・・・・・・」


リキペディア
「まことにおっしゃるとおりで・・・・・・」











入学したての1年生を一人で行かせるとか、なんてことを・・・とか思いながら、リーダー研修の行われる合併講義室に到着したのが8時45分。



そんなわけで、既に到着していたA澤さんに謝りつつ、文芸部で来てたメシア様O野くん、科学部で来ていたS籐に挨拶して、時計を見ると9時。





・・・なのですが、A澤さんが先にもらってた今日の予定表をみると、今日の予定の説明が9時15分から、となっておりました。













集合もっと遅くていいじゃんッ!!














そんなわけで、適当に駄弁り倒し。やってきました9時15分。

学生会役員の説明する、今日の連絡を頭に放り込みながら、9時半になり。






講演をしてくださる大分市長がやってきました。


そんなわけで、ここから1時間ほどの市長の話が始まるわけですが。



















これが非常に面白くない。




というのも、話している内容が自分が市長になってからの政策、現在やっている政策、そしてこれからの政策、というような内容なのですが。












今日の講演テーマは「若者へのメッセージ」







確かに、政治が好きな人にはこの話は興味深いでしょう。

事実、リキペディアも政治の話は好きなので、政治の話としてみるなら、これは普通に聞ける話でした。
(とはいっても、だからといってとても面白いわけではありませんでしたが・・・)






これからの大分市がこうなる、ああなる。

これは自分に無関係の話ではありません。




それに、話の中で市長が繰り返しおっしゃってた「これからは官民一体の自治」という言葉。

これは、確かにこれから市民にとって大事になることで、まさしく若者へのメッセージでしょう。













・・・ですが、まぁ。





うん、面白くない。






それを体現するかの如く、周囲に座る学生の頭は時間が経つにつれて下へ下へと下がっていきます。







リキペディアも非常に眠たかったのですが・・・・・・。


「隣に後輩がいるから」という、後輩に対する先輩のささやかな意地といいますか。












リキペニウム
「いや、見栄だろ」


リキペディア
「うるせぇぞ、おい」













まぁ、そんなわけで、先輩としての意地を見せつけてやりましたよ。


後輩寝てたけど。














さぁ、市長の話が終わったあとはレクリエーションの時間です。


今までは午前中の時間全てが偉い人の講演会だったので、これは今年から取り入れられた新行事です。







ってなわけで、何をするかといえば、ドッジボール。











さぁ、文化部の皆様。



逃げ惑いましょう。











人にぶち当てれるレベルの腕力なんてまったくもってないリキペディア。

これはもう、逃げ惑うしかありません。








ってなわけで、みんなで第一体育館に移動します。

チーム分けはAとBの二つで、最初にもらった予定表にAとかBとか書いてありました。




予定表は部活につき1つだったので、つまり、リキペディアとA澤さんは仲間になります。


冗談めかして「俺がお前を守ってやるぜー」って言ってみたら「ドン引きです」って返されましたが、仲間です。











そんなわけで、第一体育館。

リキペディアはAチームですが、ほかの部活の知り合いはどうなのかなーと思って聞いてみました。







メシア様・O野くん(文芸部)
「「Bチームっすよー」」


S籐(科学部)
「Bチームっす!」


Y本くん(囲碁将棋部)
「Bチームですねw」


T丸さん(美術部)
「Bチームですよ!」


M脇(柔道部部長)
「Bチーム」




リキペディア
「俺ぼっちなの!?」













なんということでしょう。



すごい勢いでぼっちです。











いや、確かにA澤さん一緒ですけど!


ちなみに、付け加えるのならボランティア部でふじこが出ており、彼女もAチームでした。

ふじこは文芸部も兼部していて、2年生ですが今年からの入部です。


大人オーラを出すA澤さんとは対照的に、ふじこは逆に幼さといいますか、子供っぽさがにじみ出ています。


同じチームになってA澤さんと二人で騒いでましたが、先輩後輩が逆に見えます。マジで。




それと、ドッジボールしながら「被弾面積が小さくていいな・・・」とか思ったのは本人には秘密です。はい。









そんなわけでドッジボールでしたが、個人的にはこれがなかなか楽しめること出来ました。


最初はボール1つで、だんだん2つ3つと増えていくのですが、どんどん当てられて減っていきます。






試合は練習1回、本番1回の合計2回でしたが、リキペディアはその2回ともを当てられて外野行きになりました。

頭部1回、脚部2回の被弾でしたよ。はい。





まぁ、頭部といっても正面ではなく、少し横にずれていたので、勢いの割に衝撃は大したことありませんでした。

当てた後輩M田(寮生の知り合い)は「先輩!! ごめんなさい!!!」とスゲェ勢いで謝ってましたが。












リキペディア
「なるほど、これが被弾経始か・・・・・・」


リキペニウム
「軍事オタ気持ち悪ッ」















注:被弾経始

装甲を斜めにつけたり、装甲に丸みを持たせることで敵の砲弾を弾くこと。

第二次世界大戦以降の戦車によく見られる。ソ連のT34、ドイツのパンターなどが有名。


人の頭も丸いため、正面より少し横にずれた場所にボールが当たると、威力が受け流される。













というわけで、グダりながらも予想以上に盛り上がっていたドッジボール。


やはり、なんだかんだ言って、体を動かすのは楽しかったりします。












ってなわけで、時間は11時半。

ここから昼飯なわけですが、リキペディアは部室にいるT木くんに、パソコンやデジカメを渡さねばなりません。

まぁ、つまり、我らが文芸部はこれから部活紹介ビデオの撮影なので、リーダー研修やってる間も撮影しとかないと間に合わない状態なのです。



ってなわけで、部室にいるT木君にパソコンとデジカメを渡しに行って、合併講義室へ戻ろうとすると。




















ビダッーーーン!!



リキペディア
「!?!?!!?!?」

















自動ドアに弾き返されました。

















・・・そうですね、今日は土曜日でしたね。


大分高専の入口は、一部を除いてほとんどが自動ドアなのですが、基本的に学校が休みである土日はその自動ドアが閉まっているのです。








つまり。


締☆め☆出☆し☆











しかも、運の悪いことにケータイを合併講義室に置いてきました。

部室間の往復なら使わないだろー、というわけで置いてきたのですが、それがアダとなりました。











リキペディア
「通信の確保は軍事の基本じゃないか・・・!!」


リキペニウム
「また気持ち悪いこと言ってんなコイツ」








そんなわけで、また部室へ戻り、T木君に頼んで今日参加している部員にヘルプコールを送ります。


そうして迎えに来てくれたメシア様O野くんに助けられたリキペディア。







・・・これ、T木君いなかったらどうしてたんだろ。









ってなわけで、色々あって合併講義室に戻れば既に昼飯終了10分前。

これはもう昼飯食ってる場合じゃありません。



次は、文化局・体育局・学生会の3つに分かれての会議です。




文化局は1Eの教室に移動なので、荷物をまとめてちゃっちゃかと移動開始です。











ってなわけで、12時半より始まりました。



文化局会議。








黒板を見ると、大まかな流れが書いてあります。






・自己紹介
(役職・名前・クラス・好きな芸能人)


・各部活動報告

・予算について

・各部活気をつけてること
(相談事とかも)


・各部活へのお願い

・新入生について














なるほどなるほど・・・。


・・・えっ。













リキペディア
「好きな芸能人・・・だとっ・・・・・?」














高専に入って早5年。


つまり、オタク道に入って5年が経ったリキペディア。





テレビなんて見るかよ、っていう、ネットの悪い部分だけを集めたようなやつなので、テレビなんて特に見ておりません。

ってか、寮生のほとんどがテレビ見てないだろ・・・。








ですが。

かといって、適当に「生田斗真」とか「AKBのまゆゆ」とか言ってお茶を濁すのは好きではありません。





やはり、自分に正直に行きたいのです。












しかし、よく見ると。

「好きな芸能人」
(2次元も可)
















なるほど、そうか!!






2次元で好きな人だな?



やはりあれか、ギレン閣下(機動戦士ガンダム)とか、エギーユ・デラーズ(機動戦士ガンダム0083)か?


いやいや、ジークフリート・キルヒアイス(銀河英雄伝説)やオーベル・シュタイン(銀河英雄伝説)もありだな。







とか考えていましたが。






〇〇部長
「好きな芸能人は宇多田ヒカルです」


◆◆部長
「好きな芸能人は仲間由紀恵です」













わぁ!

みんな真面目!!!



なんでしょう、真面目に好きな2次元キャラ考えていた私が恥ずかしくなります!!










というわけで、現実です。3次元です。



と、考えていると、もう次がリキペディアの番です。





リキペディア
「気象天文部部長、4M、リキペディアです。好きな芸能人は・・・」










誰だ、いったい誰がいる・・・!!









そうだ、この人だ!!














リキペディア
「中村悠一さんと、杉田智和さんです!」




















声優だぁぁぁぁあwwwwwwwwww

















\(^o^)/



リキペニウム
「こいつマジで気持ち悪いぞ・・・」










いいんだ、いいんだ、気持ち悪くたって・・・。




一瞬、中村悠一さんのことを「ゆーきゃん」って言いそうになったけど、いいんだ。いいんだ。









しかし、さすがは文化局。


特に空気も凍らず、あぁ、なるほど、的な雰囲気で流してくれました。










リキペディア
「ちなみに、4年生ですが5年目です!」























空気が凍りました。














もう嫌だ、おうちに帰りたい・・・orz







そんなわけで、自己紹介を終え、予算審議や活動報告などに移っていきます。




リキペディアが心配していたのは文芸部の方とA澤さんでしたが、これは杞憂に終わることになります。



文芸部ではメシア様が答えられないような質問とかが来たら代わりに答えようかと思っていたのですが、今回はそういった機会がなかったので、まぁ、安心というか、それでいて寂しい気もするといいますか。


A澤さんも初めてなので緊張するかと思いきや、自分から手を挙げて意見するなど積極的に会議に参加しておりました。




ってなわけで、会議はつつがなく終了。





ここからまた合併講義室へと戻り、最後に感想文を書いて、今回のリーダー研修は終了となりました。













というわけで!!



今回のリーダー研修は例年に比べてなかなか面白いものでした!


ただ話を聞くだけではなく、ドッジボールをするといったような進化が見られ、午後の会議も今までよりとても盛り上がっていたように思います。


来年もこんな感じで楽しいといいなぁ・・・。









以上、来年も参加します。


リキペディアでした。





さてさて。ではでは。


















追記。

このあと、文芸部で部活紹介ビデオの作成があるのですが。




まぁ、記事が長くなりましたので、ここで一旦終りとします。








また夜にでも続きを書きます!




それでは!!
[PR]

by rikipedia | 2013-02-03 11:29 | 歴史バカの日記