<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

リーダー研修その後。パートⅡ   

さぁて、そう言えば皆さん。


さきほどのあれ。途中、抜けている部分があります。

今回はそこの補強を。


さて、「おつかれ!」の一言で終わった今回のリーダー研修会。
T岡先輩に資料を文芸部室に置いておくよう言われたオレ。

リョーカイと言い、今から行くことにした。
まぁ、ついでだからね。

さて、H田さん、T岡先輩、+俺の一行は合併講義室を出て順次帰宅することに。

T岡先輩は出て左の自転車置き場方面へ。

H田さんは正門へ。


俺は文芸部室に。

で、階段を降りながら文芸部室へ出向くことをH田さんに告げる。
「一緒に行くか?」なんてさりげなく聞いてみる。
H田さんは「お母さんが車で待ってるから・・・」と言った。

なるほどねぇ。とつぶやき、ま、来るわけないか。と思いつつ、と文芸部へ向かうオレ。
自動ドアをくぐり、後ろに目をやる。


・・・・・?!


ちゃっかりついてきてるよ・・・。H田さん。
「いやー。4時まで時間あるからさーー。」なんて言ってる。
そう言われ、珍しいな・・・と思いながら俺は時計を見る。

15:32・・・・・。

あと、30分か。俺も天体観測の準備(さっき言われた)があるからそれぐらいまでには帰宅せねばな。


体育館を過ぎ、ゴミ捨て場あたりを通った時、冬の冷たい突風が俺とH田さんを襲った。
するとH田さんは「こんちくしょー! ふざけんなぁー!」と自然の猛威に対し激怒。

俺はその様子に苦笑しながらも「女性なんですからもう少し上品な言葉づかいを・・・」と言ってみる。その言葉にH田さんは「自然には何言っても怒られないから。」とか「自然の前に人間無力なんだから暴言くらい言っとかないと。」なんて返してきた。


何か返そうかとも思ったが、頭に一瞬876事件(通称ヤナロ事件。08年7月6日に起きた。当時のブログ参照)がよぎったため、曖昧な苦笑で返した。


さて、いつものように部室の鍵を開けて入る。「さみぃぃぃよぉぉぉぉ」とそれに続くH田さん。
俺はその言葉に一瞬だけ目をやり、手元の資料に視線を戻した。
その資料を俺は机の上に置いた。
・・・いや、放り投げたの方が正しいか。

さて・・・と。
これで任務完了。即帰ってもいいのだが・・・・・。

H田さんは本棚から本を取り出し、それを読み始めた。
目の前の電熱線ヒーターの前にうずくまりながら。
さぁて・・・。どうしたことやら。

正直、会議で疲れており、準備に余裕を持たせるため、早く帰りたいのではあるが・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

なぜかは分からんが、俺は椅子に座り、ボーっとすることにした。
追い出してでも早く帰っていいんだが、そんな気にはなれなかった。

まぁ、そんなわけで何もない時間が過ぎた。


俺が気づいたのはこれより20分後。


ヴ~ヴ~ ヴッ・・・


携帯の着信音だ。俺は顔をあげる。どうやら眠ってしまっていたようだ。
あたりを見回すといつもどおりの部室があり、気を失う前とほぼ同じ位置にH田さんがおり、黙々と読書を続けていた。

俺は寝ぼけた目をこすりながら携帯を開く。

・・・・気天部長か。

って今何時だ?!?!

時計を見る。16:03・・・・。
まだセーフか。

いや、準備を急がねばなるまい。

慌てて俺はH田さんにそろそろ帰る旨を伝える。
H田さんも帰宅準備を始めた。


焦っていたため、俺は急ぎ足で部室を後にした。
H田さんもそれに合わせてついてくる。

まぁ、どうでもいいことや、たわいのないことを話しながら。

すると、体育館の前で「ねぇ・・・歩くの速いって言われない?」と言われた。


若干しまったと思いながら、俺はペースを落とす。


その時、「歩くの速いとモテねぇよ~?少年!」とも言われた。

まぁ、焦っていたからだろう。俺はそれに対し、少々ぶっきらぼうにこう返した。

「それはいいよ。高専に来てからそんなのは諦めてる。まぁ、仕方ないしね・・・。」と。

H田さんはそう返した俺に、少しはにかみながらも「少年~。思春期なんだから~。青春を楽しもうぜ~?」とカウンターを食らわせた。

それに対し俺はまたも少し歩を速めながら、「一人の方が趣味に時間や金を分割しなくていいんですがねぇ・・・。結婚になれば2分。子供ができりゃ3分、5分ですよ?」と冷たく突き放すように返してしまった。

H田さんは「そうやけど・・・さ・・・。」と口ごもってしまい、何か言おうとしてるようだった。
それに対し俺は「さらにだな・・・これはあんまりみんなに言ってないが・・・・・」と言いかけ、口が止まる。

角を曲がった先、気天部長がいて、こっちを確認。手を振っていたのがわかったからだ。
いや、手を振っていなかったら俺は視力的に気づかなかっただろう。

俺はH田さんに「そんじゃ」と短く、かつ一方的に言い、先輩のもとへと駆けて行った。



で、このあとは、先ほどの通り。
天体観測に行ってまいりました。


さぁて。
こうやって書いてみるとなんか自分が冷たい人間に見えるねぇ・・・・。

いや、実際冷たい人間なんだろうねぇ。




ちなみに、俺が最後、言いかけた言葉は自分の親や過去について言うつもりだった。

もうあんなことにはなりたくないと。

もう恋なんてしたくないと。



俺にそんな権利なんてない。と。


誰かを気づつけるのなら。





・・・・まぁ、これが逃げなのはわかっている。

結局、自分は怖いのだ。

告白してフラれるのが。

付き合い始めてフラれるのが。


そして、結局自分は面倒なのだ。

相手の親にあいさつに行ったり、結婚式やら色んな行事をこなすのが。

子供ができ、その世話をするのが。


だから、隠れるために言う。

権利なし。と
[PR]

by rikipedia | 2009-01-31 22:23 | 歴史バカの日記

リーダー研修会.その後.   

さぁて.では先ほどの続きを.


9時10分ほどに合併講義室に到着したリキペディア.


少し早かったようで,あんまり人がいない.


資料をもらってボーっと突っ立っているとH田さんが来た.
文芸部への増援かと期待したが、どうやら英語部のほうらしい.

あぁ,あんたも先輩たちから押し付けられたんだろうなぁ・・・.



さて,40分ごろ.
T岡先輩到着.

今度こそ文芸部への増援らしい.

一人で行くのかと思っていた俺にとって何とまぁ心強いことやら.


で,話し合いだが,無駄に長く,何もまとまらない.


いわゆるループ会議.


同じとこばっかりループしやがって!!!


1時間以上無駄議論した後,気天部部長がうまいこと言ってみんなをまとめた.



で,それが終わったのが4時.

文芸に資料をおいた後,気天部による天体観測が行われた.


5時に学校集合だったのでかなり急いで準備.



海星館へ.



まぁ,雲ばっかりで写真も何も出来なかったんだが・・・.苦笑.

当然,雲があればそれらが晴れるまで待つのが普通.

よって,2・3時間ばかり冬の寒い時間外にいた.

一時は見えた.それは人生でベスト3に入る美しさ.


まぁ,写真撮るほど長い時間出てはいなかったが・・・・.


機材の使い方を覚えただけでもよしとしよう.



で,寮に帰ってきたのが夜10時過ぎ.








せっかくの休みがぁぁぁぁぁぁ.



疲れていた俺は帰ってすぐに寝ることにした.



さてさて.ではでは.



クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
[PR]

by rikipedia | 2009-01-31 22:13 | 歴史バカの日記

リーダー研修会   

1月31日。土曜日。



さぁて。


今日はせっかくの休日だ。


のんびり行きたいとこなのだが・・・・・・。


リーダー研修会なるものが。



本日午前9時半より合併講義室に集合・・・・。



あと、30分くらいか。




さて。

このリーダー研修会なるものは各部活の偉い人、つまり部長や副部長が参加するのだが・・・・・。



さて。




















何でオレが。












・・・・・。




いや。

わかってるんだけどね。








無論、「リーダーにふさわしいから」なんて理由でないことは言うまでもない。








俺が「寮生だから」だ。






部長は文化局の副局長だから別に誰か出さないといけないらしい。

そんで3年の先輩にその役が回ってきた。

そんで、その先輩は俺に回した。



先週あたりに先輩からお願い(と書いて命令と読む)されたが・・・・・・。



おそらく先輩もわかってるのだ。


この行事が面倒なことは。



だから俺に回した。





寮生なら確かにもう一人いる。


M近さんだ。


俺はそいつに代わってほしいと考えたが、M近さんの性格からして、
即座に「は?嫌だ。」で会話終了だろう。



聞くだけ無駄だろう。


無駄な行為はしないのが俺という人間。




「便利屋」か・・・・・。



脳裏にふとこの言葉がよぎる。

どこかで見た言葉だ。


そうか。軍事小説で兵士たちが整備員たちをこう呼んでいたな・・・。


なるほど。便利屋か。 そうなのかも知れん。自嘲気味に笑っておこう。



まぁ、適当にメモを取って適当に相槌を打って適当に終わらせることにでもしよう。



終了予定時刻は午後4時。



約7時間にわたる会議だ。



全く・・・・。せっかくの休日を・・・・・・・・・。



さてさて。ではでは。



というわけで行ってきます。



あと30分か。




さてさて。ではでは。



クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
[PR]

by rikipedia | 2009-01-31 09:01 | 歴史バカの日記

ばれましたか.   

1月.29日.



さぁて.



B場ちゃんから報告を受け取った俺は今後の対応を考えた.



B場ちゃんによると.Koteも「日本ブログ村」に登録したとのこと.


さてさて.どうしたものか.





ブログを作って半年ほど過ぎたとき,俺はそのブログ村へこのページを登録.


登録した日から来訪者が30人を切った日がない.




つまり,大量の訪問者を稼げるのだ.



このイニシアティブがある限り,俺はほかの同時期に開設したみんなのブログに負けることはないと思っていたが・・・・・.



それが今破られたわけで.




まぁ,そんなカミングアウト.



ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ



ちなみにこんなの.



まぁ,興味ある人はどうぞ.




さてさて.ではでは.
[PR]

by rikipedia | 2009-01-29 16:53 | 歴史バカの日記

朝食。(吹雪の中を半袖で食堂まで行進)   

1月24日。土曜日。

え~.句読点ではないのは寮のパソコンの設定なので・・・・・.

レポート用のためであり,自分は変更する知識がないのでこれで続行.


さて,では本編.








つい先ほど、寮の朝飯を食べてきました.


N森とkoteは「眠い」とのこと.



入寮以来の久々の一人での食事.


さて,一階玄関を開けてみると・・・・・.




ビュゴォォォォーー!!




という風の音.



そして.








真っ白な吹雪









そう.あたり一面雪景色なのです!!!






スゲェェェェエェ!!





と感動中.




















注・半袖











・・・・・・・.






いや,そんなに寒くはないんだが・・・・・・.


まぁ,何時間もいろって言われたら寒いだろうが,寮と寮食堂の距離往復ぐらいなら何の問題もなく.


というわけで雪の地面をサンダルでザッシュザッシュといわせながら食堂まで.

歩く音が軍隊の行進の音のようで感動しながら.



食堂のオバちゃんに寒くないのかと怪訝な顔をされたり.

ほかの学年の人が驚いたような顔をしたり.




いや,まぁ,半袖動きやすいじゃん!!



まぁ,そんな感じに.



さてさて.ではでは.



クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
[PR]

by rikipedia | 2009-01-24 09:02 | 歴史バカの日記

到達度テストにおいて   

1月22日木曜日。



「なっ・・・・ばかな!!」





唇を震わせ、机をたたくリキペディア。






「もはや・・・これまでか・・・・・・・・・。」





力なくどっかりと椅子に体を投げ出す。

そう。


目の前にある一冊の紙がすべてを物語っている。














「第四回到達度テスト数Ⅱの壊滅」








それぞれあと一回しかない到達度と期末。

本命である期末の初戦として今回の到達度は格好の的であった。



久々にやる気を出し、公式を覚え、問題集をやった。



前日の問題集の正答率は90%を超えており、士気は十分に高かった。





にもかかわらず。




今回もまた壊滅である。


間違えてると確認した個所の合計点は10点。

90点に行かなくとも近い点数はとれるだろうと確信していたのに。



それを大幅に下回っていた。





またか。






やはり・・・・・・・私は・・・・・・・・・・・・。
[PR]

by rikipedia | 2009-01-22 19:22 | 歴史バカの日記

紺碧の艦隊   

1月21日。水曜日。




さて、到達度が終わった今日。


DVDで借りていた「紺碧の艦隊」というアニメを試しに4話まで見てみました。



リキペディアお得意の分野の「第二次世界大戦モノ」ですが・・・・・・。






・・・・・うん。




スゲェ!!!






兵器の重量感にスピーディな戦闘!!


考え抜かれた戦術・戦略に加え、そのストーリー性!!!


そして新兵器やその開発、ゆったりとした戦場での一息つく休憩時間。


すべてがスゴイ!!!!










オレが書く軍事小説はいかに日本を勝たせるかに固執していたがこれは違う。




「いかに犠牲を少なくして日本を負けさせるか」



がテーマなのである。


日本側が主人公の物語なのに!!!!



この考え方には自分も目からうろこであった。



しかも、その考えの基の戦術・戦略がまた斬新!!!!




オレが読む軍事小説の中にも、日本にとって都合のよい進み方をするものが多々あったからだ。





たとえば、日本が一方的に敵を発見するとか・・・。


たとえば、日本だけが新兵器の開発に成功するとか・・・。


たとえば、日本だけの将兵が描かれたり奮闘したりで敵がよく描かれてなかったりとか・・・。





正直それはつまらないのである。






しかし紺碧の艦隊は!!!!





うん!!!




スゲェ!!!!!!








小説と漫画とアニメ全部集めようかなぁ・・・・・・・・。





そこらへんの予算投入には惜しげもなく投入しますぜぇぇぇ。







さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2009-01-21 20:00 | 歴史バカの日記

テストですな。   

1月19日。月曜日。

さぁて、テストだ。


今日の数Ⅰもその前座として張り切っていくつもりであった。


しかし、昨晩K宮&A井の部屋に長居してしまい、寝たのは2時。



当然ヒマな数Ⅰの時間、睡魔の猛攻に耐えられるはずもなく。




あえなく陥落。



楕円のとこがさっぱりに。
数Ⅰはもはや無理だから数Ⅱのほうに力を注ぐか・・・・。

さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2009-01-19 19:55 | 歴史バカの日記

暇だったので。   

1月16日。金曜日。

さぁて。今回も相方のT光のパソコンを借りて更新だな。


早く自分のパソコンが帰ってきてほしいもんだ。


で、まぁ今日の物理の授業中、髪の薄い先生の授業をあくびをかみ殺しながら聞いていた俺は暇だったとこともあり、替え歌の作成でもすることにした。


いつもは小説書いてるが今は締め切り近くないし、ネタが思い浮かばないからな。



で、題材だが・・・・・・。

お、ちょうどいいとこに物理の先生。

で、歌・・・・・・。


お。某アニメの主題歌を使って作ろうではないか。



タイトルは
「ハゲハゲユカイ」





・・・・・。


自分でも思わずふいてしまった。笑。



さて・・・歌詞・・・・・・・。


「あるハゲた人のこと~ 魔法以上のユカイだ!」




あぁ・・・・なんかヒドイ歌詞になってしまったなぁ・・・・・・。






まぁ、一応いちばんだけ作ったがブログに公開するのもその先生に失礼なのでここでは割愛とします。苦笑。









で、いきなりだが、明日は寮祭。







正直面倒。








というわけで・・・・。はぁ・・・・。


明日は8時から会場設営。


学校行く時間より30分以上早いではないか!!!!



しかも9時から選管まであるときた!!!!!





うっわ!!!だる!!




いわゆる「ダルス」というやつ。



某有名アニメの「バルス」ではなく。

「目が~目がぁぁああぁぁぁぁあああ・・・・・・」ということもなく。



さぁてさぁて・・・・・・・。



ではでは・・・・・・・。



ダルそうに締めたリキペディアでした。苦笑。
[PR]

by rikipedia | 2009-01-16 23:26 | 歴史バカの日記

お久しぶりです。   

年が明けて1月12日。月曜日。


成人式で3連休となった今回の連休。

寮生ほとんどが帰省して風呂とかがかなりすいてました。




で、まぁ、今回も。



パソコン没収。



というわけで相方T光のパソコンを拝借して更新中。


以後、更新が遅れること必至。


なんとかせねばなぁ。


さて。まぁ、今まであったことを書いてもいいのだが、時間がないため、今日はここまで。


また次回、追加しておこうかと。


さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2009-01-12 21:36 | 歴史バカの日記