「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

テスト.   




皇国ノ荒廃コノ一戦ニアリ.各員奮励努力セヨ




明日からテストなので気合を入れようかと.





ちなみにこれは日本海軍が使っていたZ旗という旗の意味.




日露戦争の日本海海戦や真珠湾攻撃のときなどに使用されたものです.


うん,,がんばろう.


少なくとも今日の駆逐艦ぐらいには.


さてさて.ではでは.
[PR]

by rikipedia | 2008-11-30 21:49 | 歴史バカの日記

無駄な抵抗   

11月30日.日曜日.


今日は昨日の比例するかのように勉強ノルマを達成しなくなった.




なぜかって?




それは「無駄な抵抗」に思えたから.






今更がんばってもどうせ退寮は免れそうもなく,ましてや留年なども免れるのは難しそうだ.




この前あった再試験もそれなりに勉強して欠点,






テスト範囲がこれより広く,教化数が2→10に増えた定期試験相手ではなぁ.



・・・・・・何しても無駄じゃないか?


零式艦上戦闘機二一型1機で100機のP-51ムスタングに挑むくらい無駄な抵抗だな.




わかりやすいように代えれば,

俺がメジャーリーガーに野球を挑むようなものだ.



うん.
明後日試合で,今更野球の特訓しても勝てる確立は10をー23乗しても見つからない.



まさに無駄.



無駄な抵抗.



レベル90で経験値1のスライムを倒し続ける以上に無駄.





まぁ,そんなわけで.





もしも退寮や留年になればそのときにはそのときのために考えてることもあるしね.


まぁ,ナントカなるだろう.




さてさて.ではでは.
[PR]

by rikipedia | 2008-11-30 17:28 | 歴史バカの日記

無駄な抵抗パート2   

11月30日日曜日.



テスト勉強することが無駄な抵抗だと悟った俺はパソコンで軍事シュミレーション的なゲームを起動させた.


さぁて・・・・・.





ちなみにプレイする国はどこをどう考えても大日本帝国.

ドイツも時々あるが,米英は絶対にない.


領土ありすぎて奪う楽しみと戦力が最初っからありすぎて面白くないからな.




さぁて,ゲームの中で時代は1942年.

実際なら日本軍がミッドウェーあたりで大敗北を喫するあたりなのだが,この中では世界のほとんどが日本の領地.

太平洋やアフリカ大陸もすべて.


残りは地中海あたりのイギリス残存艦隊ぐらいだ.


アメリカは本拠地である北米東海岸以外の領地をすべて失い,イギリスは本国近くのドーバー海峡辺りの制海権を保っているのがやっとという有様.


同盟国であるドイツは始まって早々イギリスの潤沢な戦力にぼこられて本国の殻に閉じこもってイギリスと押したり引いたりしている.


で,地中海.


こちらの艦隊は巡洋戦艦(小型の戦艦で速力が速いかわりに攻撃力と防御力が薄い)が20隻.

敵は航空基地が2つと駆逐艦やら巡洋艦やらの小さな艦隊.


戦艦(といっても巡洋戦艦だが)の艦隊相手では本当に無駄な抵抗.

1個艦隊は最大16隻までなので,自軍には10隻の艦隊が二つある.


さて,では開戦.

こちらは航空機がないため,夜に攻撃する,
この時代の航空機は夜間や雨の日は使用不可なのだ.


始まってすぐに近くにいた敵の二つの艦隊がこちらの1艦隊と戦闘を行いあっけなく壊滅.
何隻か逃げたためそれを追わずに飛行場の破壊を始めた,


もう一つの艦隊は始めから飛行場を攻撃.


すると北のほうから先ほど逃がした軍艦の一隻がこちらに漂ってきた.



さて.
こちらは10隻の戦艦.


相手は1隻の駆逐艦(排水量約1000tほど.戦艦は3万t以上)


こちらの戦艦の主砲は巡洋戦艦であるため小型だが38cm.(戦艦大和は46cm)
副砲でさえ15cm.


敵は12cm以下の主砲.

射程も威力も格段に違う.



というわけで俺はコマンドを操作し攻撃目標を飛行場から一隻の駆逐艦に変更.

探査灯(夜間で敵を照らすライト)を照射させ,一斉に砲撃を開始した.


刹那.ズバーンズバーンと敵の駆逐艦の周囲に水柱が上る.


初弾,全弾外れ.


ったく・・・・.1隻ぐらい当てろよ.


しかし,まだ敵の射程に入るまでに少なくとも3射はできる.
1隻に38cm砲が6門ついているから1隻あたり18射撃.
10隻で180発.
更に近づけば副砲も撃ってくれるだろうから200発は超えるな.

頭の中でそう考え回避行動をとらせずに射撃重視の陣形で動く.

第2射.


ズバーンズバーン.


・・・・・・.全弾外れ.



第3射.



ズバーンズバーン.




・・・・外れ.


と同時に敵もこちらに舷側(船の横側)を向け砲撃開始.

雷撃までしてきやがった.


砲撃ならたいしたことはないのだ.


戦艦の装甲を打ち破られることはない.


しかし,撃ち破られないのは重要な部分である中央構造物だけで,その他の部分なら傷程度なら負わせることが出来るのだ.


その駆逐艦は驚異的な命中率と速射性で2番艦に砲撃を集中.

小破させやがった.


同時に魚雷が3番艦に命中.4番艦,7番艦にも次々と火柱が上がる.


・・・・・・・・・.



俺はもう驚きしか出ない.



たった1隻の敵艦になにを・・・・・!!!!


そう思った瞬間




ズバーン!!!




副官「弾薬庫に引火!! 3番艦爆沈!!!!」





はい?!?!?!?



それはねぇぜ.



で,ようやくこの頃になり一発の砲弾が敵に命中.
沈まなかったので多分副砲であろう.

しかし,駆逐艦には自分の攻撃力以上のものがぶち当たったわけで火災が発生.
夜間に火災はひどく目立つ.
一斉に主砲が集中.ようやく撃沈させた.


戦果.
地中海を奪取.

被害.
戦艦2隻小破
戦艦2隻中破
戦艦1隻轟沈


被害はすべてあの駆逐艦1隻にだ.



・・・・・・・・・・.




・・・・・・・・・・・・・・.





無駄な抵抗じゃないなぁ・・・・・・・・.




そう痛感した俺はノートを広げテスト勉強することにした.



いや,だってさ?

一介のプログラムが無駄な抵抗と悟りながらも果敢に抵抗し自分以上の敵を偶然であったとしても撃破したんだぜ?

人間だってできるって.

まぁ,そう思って自称「無駄な抵抗」を始めた俺.

効果があるかは1週間後に.


さてさて.ではでは,
[PR]

by rikipedia | 2008-11-30 10:48 | 歴史バカの日記

削除   

11月29日.土曜日.



自分で決めた勉強ノルマを達成しつつ空いた時間にA子へメールをしてみた,


最近脳トレを文芸のみんなでし始めてこの前久々に俺もやった.
で,文芸のみんなもやったが俺の記録がことごとく打ち破られた.

で,俺の脳トレの最上位の記録を持つA子(昔貸してたからな)にコツでも聞こうかと.
プラス,地元の高校の様子も聞きたかった.
M尻は普段ケータイ使わないからメールしても返ってこねぇしK木はケータイ等,メールの手段を持ってない.参謀長官ことT田さんやS籐さんもメールしても返さないか極端に遅いからな.



さて,送って数分で返事は来た.




内容文↓


「   -End-    」




つまり,空メ.



あぁ・・・・・・.


メールでは感情が伝わらないとよくあるが,このメールからは言いたい気持ちがよくわかる.
つまり,


「貴様には送る文字一つない」



ってことだ.

まぁ,そうなるだろうとは若干予想してたけどさ.

まぁ,世間一般で俺はもともとこんな扱いの人間だしな.


もはや慣れた.


一言「了解」とでも返そうかと考えたがやめといた.

迷惑なだけさ.







数時間たって「何の用」という絶対零度を超えた冷たさの内容が新たに着た.


無視しようかとも考えたがどんなメールも返さずに残っていると気持ち悪いので返すことにした.


まぁ,脳トレの話だけ簡単にして2通ぐらいで終わってやった.



結果,メールしなけりゃよかったなと思う.




















同じ愚をおかさぬよう,俺の電話帳の01番に登録してあった人名が消えた.


























さてさて.ではでは.
[PR]

by rikipedia | 2008-11-29 17:16 | 歴史バカの日記

数学再試験について.   

11月28日.金曜日.



テストが目前に控えた今日,数学再試験の結果が返ってきた.





結果は両方とも欠点.




もらった瞬間,絶望の闇が襲ってきた.





なぜ.




あんなにも勉強したのに.




久々にテストが出来たと・・・・問題が解けたと喜んだのに.




さて,次の中間テスト,



俺は欠点を逃れられるのか?



再試験でさえこれだ.



もはや何もやらなくても大差ない気がする.



物理も.専門教化も,英語も,化学も課題や宿題のたびに教科書やノートを参考にしといたものの返ってくるのはいつも丸がなく点数欄に大きな丸がひとつだけある紙切れである.
もしくは再提出の文字.



勉強しても無駄だろうなぁ.




さてさて.ではでは.
[PR]

by rikipedia | 2008-11-28 16:42 | 歴史バカの日記

寮にて   

11月25日。火曜日。



連休が明けた今日。
寮でこんなことがあった。

今週はテスト期間で部活がない。
よって
普段寮にいない部活生も俺が帰ってきた5時にはいた。
相方のT光も無論部屋にいた。


で、T光の提案によりほかの人(K手川やN森など)は呼ばないことにした。

で、風呂から出たとき、タイミングの悪いことにその二人と鉢合わせ。
するとT光。

「○○がおいてけってさぁ~」
(○○は俺の名前)


・・・・・.



・・・・・・・・・・・。




ちょ・・・・・・・・・・・。




わざわざT光の計画(みんな呼んだらシャワー使えない)に渋々同意してやってんのにこいつは仲間を売りやがった!!!



案の定そいつらはクソ○○~と口汚く罵ったりふざけんな~と俺に言ってくる始末。


まぁ、彼らの気持ちもわからんでもない。

おいていかれたんだからなぁ・・・・・・・・・・・・。





だが。しかし、だ。

確かに俺らが風呂に着いたとき、シャワーの余りは3つだった。
呼んでいたら全員が座れなかった。
しかし、N森などが途中から来た時にはシャワーは誰も使っておらず、恐らくやつらも使えたことであろう。





さて。
ここで一つ疑問だ。


俺の選択は正しかったのか?


途中、反対を押し切り呼ぶことも出来たはずだ。
しかし、呼んでいたらシャワーには座れなかった。

そして、座れない人間は恐らくお人よしな俺であろう。


人間特有の理性とやらを鑑みるならこの選択は正しい。
しかし、動物にある本能の感情からみればこれは正しくないことになる。


まぁ、俺にはわからんさ。


さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-25 18:36 | 歴史バカの日記

テスト間近!!   

11月21日金曜日。

さて。今日から三連休ですが。

まぁ、いつもならのんびりとパソコンできるのですが・・・・・・。


今回ばかりはさすがに私リキペディアもやる気を出して!!

頑張っていこうかと。



退寮なんてしてたまるかー!


留年なんてしてたまるかー!



家に帰りたくないという理由と後輩と同じ学年になりたくないと言う願いのみがリキペディアを突き動かしておりますとも。笑。



まぁ、今日あった到達度試験の再試も結構できたと思うし。
(勉強教えてくれたN森サンキュー!)




さぁて勉強だー!!





さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-21 19:30 | 歴史バカの日記

塾。   

11月20日。水曜日。




さぁて。

タイトルの通り。
へ行くことに。





成績の悪い俺のために行けとさ。

さぁて。寮費と学費にプラスして一体俺に何を望むのやら。
行く日時はまだ未定であるが、土日月にしようかと考えている。
いちばん暇だしな。


一日約二時間。
まぁ、妥当なところだろう。


個別授業だそうだ。

まぁ、高専だからな。



まぁ、それなりに頑張るぜよ。




さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-20 19:38 | 歴史バカの日記

エアーマンが倒せない 替え歌。   

「60点が倒せない」

気がついたらいつもいつも欠点 そしていつもそこで単位落とす Σ(;゚Д゚)

あきらめずに前日だけ勉強してみるけど すぐに公式消える ( ゚∀。)


もうちょいヤル気があれば楽に欠点逃れられるけど

何回やっても何回やっても60点倒せないよ ((((;゜Д゜)))

あの問題何回やってもわからない

後ろを開いて答え見てもやり方全く書いてない。(@_@)


徹夜で公式覚えてみてもそれが出なきゃ意味がない!

だから次は絶対勝つために

僕はカンニングだけは最後までとっておく~ 
カンニングキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!







私リキペディアが作詞。


自分のテストの欠点の多さに嘆いて作った歌。
まぁ、こんなやつです。
留年目前、ラストスパート!!
ってなわけで勉強頑張ります。

さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-19 22:02 | 歴史バカの日記

ヒマなので。   

11月19日。水曜日。


さて。数学や物理など難しい教科の時間では必死こいて授業に集中してるリキペディアですが、政治経済や日本史など自分が好きだが簡単な教科では小説を書いたりしています。






今日は小説のネタもなかったのでランチェスターの法則を使って遊んでいました。









ランチェスターの法則とは、彼我の戦力差と武器の優劣から敵と味方の損害度数を比べると言う数式。





多分、数学でも物理でも歴史でも出ないでしょう。苦笑。
WWⅡ(第二次世界大戦)中、イギリスのランチェスターさんによって発見。
まぁ、陸軍には使えませんが航空戦や海戦などに使用可能。

陸軍に使えない理由として兵士の練度の差がそのまま出過ぎるのと地形による差があるため。
まぁ、つまり戦う場所が同じ平地なら大体使えるんだが・・・・・・・・・・・。


航空戦などは純粋に兵力と性能が出るからねぇ・・・・・。


たとえば。
比較的平地だった関ヶ原の合戦やスペイン無敵艦隊で有名なトラファガー海戦、日本軍の転換点であるミッドウェー海戦、その他いくつかを使って計算。




むぅ・・・・・。


こうもピッタリ当てはまるものとは・・・・・・・・・。
意外と使えるこの計算。
さて。今度戦略ゲームなどに使ってみようか。
アクションゲームやシューティングには使えんが・・・・・・・・・・・・。



さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-19 21:37 | 歴史バカの日記