歴史好きが太平洋戦争を考証する。   

12月27日。土曜日。


今日は太平洋戦争について少し考証しようかと。

まぁ、歴史が好きな方だけどうぞ。
過去を振り返るのが嫌いな方は飛ばして下さいなと。


ちなみに、これは私個人の「意見」であり、「考え」なので。



さてさて。ではでは。



まず、太平洋戦争に勝った国は日英米どれか?

という点について。


一般的には米英が日本を無条件降伏に追いやり勝利したとされている。




しかし!





私は日本こそが勝利したと思っている。




なぜか。



それは戦争と言う行為の中にある。


戦争と言うのは政治手段の延長線である。
戦争目的を達成したかによってその戦争に勝利したかが決定するのである。


小さな戦術目的が成功しても大きな戦略が成功しなければ真に勝利したとはいえないのである。


では、今回の日米英の目的は何か。

日本は資源の獲得にある。
東南アジアの石油資源、中国大陸の鉱物資源などが主である。



反対に米英は日本の躍進を恐れそれらの国々(多くは植民地だが)を防衛するためだ。


確かに、日本は石油資源や鉱物資源を得られず、逆に植民地全てを失い戦略目的を達成することができなかった。


では、米英は達成したのか?


それもしていない。



世界地図を見ればわかるように現在東南アジアやマレー半島に米英の国旗は翻っていない。



つまり日本という国は自らを犠牲にし、それら国々を独立させるきっかけを作ったのだ。
それまでアジア系人種は欧米人種に侵略され、自らの非力さに嘆いていた。


しかし、日本は戦争には負けたものの、戦争初期はマレー半島で英国最新鋭戦艦2隻撃沈、英国東洋艦隊を壊滅させ、真珠湾攻撃で米国太平洋艦隊を壊滅。その後も凄まじい勢いだった。




これによりアジア系人種を「我々でもやればできるんだ」と勇気づけた。



日本は植民地である台湾や韓国を失った。


しかし。


台湾や韓国では皇民化政策の元にインフラの整備が行われ人口や治安が向上。

今でも台湾や東南アジアには親日派の人が多いのはこのためである。



私は「日本が侵略国ではない」と言うつもりはない。


他国を侵略し、武力によってその地の文化を破壊したのは紛れもない侵略である。



しかしだ。

なぜ日本だけなのだ。


米英はアフリカ全土を支配し、アジアの大半までも占領し、植民地化政策を行っていたではないか。



そしてその地では現在英語が主流である。


皇民化政策があるように彼らは英民化政策を実行し、固有の言語を全滅させたではないか。




それらがなぜ否定されないのだ!





他にも、真珠湾で日本が宣戦布告なしに攻め込んだとして非難されている。



だが、だと言って原爆を2発も投下してよいものか!!



戦争終了間際に日ソ中立条約を破り一方的に侵攻し、そのあと何十万と言う兵士を戦争が終わっても解放せず、シベリアに抑留し強制労働で殺してよいものか!!




国際条約違反の市街地爆撃を人口密集地の東京に行ってよいものか!!





まだ他にも。

世間一般的な見地では南京で日本軍が大量虐殺をおこなったとされている。




しかしだ。
世界的な常識で三十万、中国の発表で五十万もの人間をわずか数万の兵士で殺せるものか?


原爆の犠牲者である三十万と同等以上の数を。


また、弾薬も足りるはずがない。
処刑など落ち着いたところならば一人一発の弾丸で殺せるだろうが、戦闘中とあらば当たらなかったり、致命傷にならなかった弾薬だってあるはずである。


恐らく足りないであろう。


刃物にしても刃こぼれ等がある。


さらに、虐殺と言うのは戦争では限りなく無意味な行為であり、普通は行わない。
また、ゲリラ等の人数をそこに数えているのではないか?


ゲリラと言うのは戦争条約(戦闘時には各国の正式な軍服を着ること)違反であり、それを処理したのは条約違反であるから仕方がない。



私は虐殺をしていないと思っている。



一説ではドイツはアウシュビッツ等の虐殺をおこなったのだから日本にも何らかの虐殺がないと戦争が正義にならないという連合軍側の意識らしい。




いちばんおかしいのは、現在の教科書に「日本がその後賠償を行っている」ということが乗ってないことである。



「太平洋戦争で日本が多くの人間を殺した」



とは載っているのに、原爆のことや連合軍のことはわずかしかない。



日本はその後賠償を行っていることがなぜ載っていない!!!



これでは悪いことをして終わりと言う感じではないか!!!



その反省で我が日本は一方的に侵略したソ連に対しても賠償を行っているのだ!





なぜそこを載せない!!





「自分の国が悪い。」


「自分が全て悪い。」



という、うつ病患者のような教育をして何の発展を望めようか!!!!





日本はアジア民族を欧米諸国から独立させる機会を与えたと!!!







こう書くべきではなかろうか?!?!?




その余波はアフリカ大陸にも伝わり、独立を促した。


アフリカの各国こそ表明はしていないが、東南アジアの各国の独立宣言には日本への感謝の言葉が載っているのだ。



なぜそれを教えないのだ。





自分の国を悪の国と説いて何が教育か。




私は常々こう思う。





さて、長くなってしまったが、ここまで読んでくれた方には感謝を。




これらはあくまで「持論」であり「意見」である。


その点をご了承ください。


さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-12-27 11:46 | 歴史バカの日記

<< お笑い番組見ながらそれは禁句だ!! さて、今日の1日。 >>