面倒なこった・・・・。   

12月25日。木曜日。



今日もまた面倒なことが沢山あった。



もう沢山!!






・・・・・・・・・。



なんて物理の先生並に寒いギャグを言いつつ、さて、今日の出来事。



今日の出来事として、まず最初に。


親父のわがままに付き合いっぱなしの感がした。




全く。
だから寮がいいんだよ。




まぁ、いつもの如く母親と言い争い、人間として発言が許されないような言葉(つーか罵声)を浴びせつつ他人の用事を無視した人権的無視ぶりと、本人いわく理想的な計画表らしい計画が全くうまくいかずに逆に和を乱したような一日であった。


いやぁ・・・・。



帰ってきてまだ一日なのに親父の傍若無人かつ自己中心的なふるまいは今年来なかった台風の勢いをすべて集めたような感じだ。



全く。

これだからB型は。



あ~・・・・・・。こう書くと親父以外のB型の方に失礼だ。

まぁ、自分が血液型判定大好きで、その結果短所ばっか集まった人間の典型が親父だからな。


B型の方スイマセン。<(_ _)>





さて、なんかシャンパン(厳密にはスパークリングワイン)の栓開けがなかなかうまくいかない俺に対し「そんなもんできなきゃ彼女にもてんぞ?」と親父からの一言。




その一言に俺が返した一言。
「ご心配なく。一生いらないので。」


我ながらいいこと言った~なんて思ったが親父は「そんなんは許されんからな!!」となんかキレた。


親父はよく怒りやすい。

何か失敗でもしようものなら「お前は本当に使えん人間だな」と平然と言う。
主に自分の妻である俺から見れば母親に。



うん。

離婚して慰謝料とれるのは絶対に母親だ。



裁判になれば兄弟みんなが母親側につくだろう。

親父よ。
効率だけを優先しても人は付いてこんのだよ。
他人を否定するか命令するしか能のない親父。


「自分でやれよ。」っていつも思う。





例えば、電話の近くに親父がいても「おーい電話~」と平気で言う。みんな隣の部屋にいるのに。


かといって俺が電話しようものならあれこれゴニャゴニャうっさい。

少しぐらい黙れよ。


電話でも作法が大事でと言うのはわきまえている。
だがな。友人と話す時ぐらいパスしろよ。


まぁ、だから親父のそばに自ら歩み寄ろうなんて考える人間は俺の家族には1人もおらず、そのわがままぶりにもみんな慣れたようで・・・・・いや、諦めたようである。




持論を語ると長い上に実用的ではない。
時々理論的なこともあるが、当の本人がそこから一番遠い所にいるから話にならない。




「敗将は兵を語らず」




これは有名な言葉。
戦に負けた指揮官が他人の戦に口出しする権利はないと言う至極当然の理論。


全く。
早くこの言葉を理解してもらいたいね。



まぁ、リキペディア的に言えば。

俺らは槍と刀(100人)で騎馬軍団(4000人)に挑んで互角で惜しくも負けてるからって自衛隊(2万)で挑んで負けた親父が口出しするんじゃねぇ!!!


って感じ。


一般的な例。



親父
「片づけしろよ~」



・・・・・親父がその荷物なおさないから片付かないんだろうが。








親父
「ゲーム止めろ!!」






・・・4時間ずっとパソコンで遊んでるやつ言われたくねぇよ。





残念ながら誇張でもなく事実である。
まぁ、実際はこれの60度右肩上がりなんだがな。





で、自分にとって都合の悪いことを言われると耳をパタンと閉じる便利なハイテク構造つき。

最新型の密閉防音式のため、親父を除く家族全員はもはや何も言わない。




逆に返事がないと怒るくせに。




よって今度からヤツには何言われても反応しねぇ事に決定。



なんか言われたらそん時に積もり積もった全ての恨みとストレスと迷惑をかけてやんよ。
俺の嫌がらせはネチネチと続くって評判なんでな。


今後あんたのもとで指揮される気もないぜ。

今度はあんたが俺の言うことを聞く番だ。

家畜か奴隷以下の扱いならそれで許してやらんこともないがな。



まぁ、明日またいつもの「変な名言」があったら報告するかね。






いやぁ、正直笑ってしまったこともあるぜ。


いや、笑うしかねぇな。



親父の頭ん中は一体どうなってんだ?

原爆受けた荒野の方がまだきれいなイメージだがなぁ。




さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-12-25 22:23 | 歴史バカの日記

<< さて、今日の1日。 メリークルシミマス☆ >>