削除   

11月29日.土曜日.



自分で決めた勉強ノルマを達成しつつ空いた時間にA子へメールをしてみた,


最近脳トレを文芸のみんなでし始めてこの前久々に俺もやった.
で,文芸のみんなもやったが俺の記録がことごとく打ち破られた.

で,俺の脳トレの最上位の記録を持つA子(昔貸してたからな)にコツでも聞こうかと.
プラス,地元の高校の様子も聞きたかった.
M尻は普段ケータイ使わないからメールしても返ってこねぇしK木はケータイ等,メールの手段を持ってない.参謀長官ことT田さんやS籐さんもメールしても返さないか極端に遅いからな.



さて,送って数分で返事は来た.




内容文↓


「   -End-    」




つまり,空メ.



あぁ・・・・・・.


メールでは感情が伝わらないとよくあるが,このメールからは言いたい気持ちがよくわかる.
つまり,


「貴様には送る文字一つない」



ってことだ.

まぁ,そうなるだろうとは若干予想してたけどさ.

まぁ,世間一般で俺はもともとこんな扱いの人間だしな.


もはや慣れた.


一言「了解」とでも返そうかと考えたがやめといた.

迷惑なだけさ.







数時間たって「何の用」という絶対零度を超えた冷たさの内容が新たに着た.


無視しようかとも考えたがどんなメールも返さずに残っていると気持ち悪いので返すことにした.


まぁ,脳トレの話だけ簡単にして2通ぐらいで終わってやった.



結果,メールしなけりゃよかったなと思う.




















同じ愚をおかさぬよう,俺の電話帳の01番に登録してあった人名が消えた.


























さてさて.ではでは.
[PR]

by rikipedia | 2008-11-29 17:16 | 歴史バカの日記

<< 無駄な抵抗パート2 数学再試験について. >>