お仕事中   

11月15日。土曜日。


文芸の小説を書いて一日が終わる・・・・・・・・。


なんとも空しい。



え?クリスマス?

あぁ・・・・そう言えば、もうすぐだねぇ。


・・・・・・・・。


予定ねぇけど!!




一応、現役、高校生(厳密には高専生又は学生)なのに青春のかけらもないがそれなりに不自由はしてないリキペディア。苦笑。



高専病は日々侵攻を続けている。





注・高専病
高専はその特異な学校の性質上、実験や学習、実習のために様々な物体を扱う。
その中には放射線物質とまでは行かないものの、それなりに危険な物質もあり、現代の技術ではそれら人体に悪影響を及ぼす物体の貯蔵に成功しておらず、じわじわと高専生及び近隣住民の体をむしばむ病。
国が営んでいるため、公には発表されず、現在も隠ぺいがされ続けているが、教師や生徒の間では公然の秘密であり、他人に漏らすと重大な罰を受ける。
私リキペディアも現在侵攻中であり、頭痛、吐血、などの症状がある。























・・・・・・・・・・・・・。










ウソです。








注・絶対に信じないでください!!









注・高専病(本当にある)
高専には基本的に男子が多く、女子が少ないため、男子の女子に対する価値観が変わる現象。

例として、昔は美人に見えなかった中学時代のクラスメイトが今ではとても美人に見えるなど。

いや、本当に実際にあるんですよ?
多分リキペディアも・・・・・・・・・。
主に、一般的に女子が少ないM科(機械工学科)とE科(電気・電子工学科)で多く見られ、その進行速度も速い。

・・・・・・・という結構面白い病気。
まぁ、精神的な病気の一種ですかね。苦笑。


さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-15 16:59 | 歴史バカの日記

<< 怒られた・・・・・。 文芸にて。 >>