本日。文芸にて。   

11月5日。水曜日。


面倒な授業が終わり、B場ちゃん、H瀬殿と共に部室へ向かった。
いつもは4時ぐらいだが、今日の4限は特活で、3時半ぐらいに終わったのだ。

行く途中、ハロウィンということで、先輩がお菓子を配っていた。
その中に文芸の部長氏の姿を認め、俺ら3人は部長氏にお菓子の恩恵を受けた。
俺はチョコレートを他人より多く袋から直接貰ったがな。笑。

しっかし・・・・。まぁ、高専というのは本当に自由で、そこかしこでコスプレ大会だ。
魔女(長門◆希でも可)のような衣装やドラゴ◆ボール、女装なんてのもある。
それが本当に女性に見えるのだから高専のレベルはかなり高い。





さて。文芸部。中に入ると
M近さんがカマキリを腕に乗せて立ってた。



・・・・・・・!!!!!



びっくりしたのは言うまでもない。


まぁ、もともと、虫が苦手なリキペディア。
なのに女性が目の前で持ってるってどうよ?

負けてるーー。orz



まぁ、で、部室の中は荷物を外にみんなで運び出している模様。
段ボールが数個外に出されていた。
同学年のK手川殿、N上氏、K長君と女子部員であるH田さんとM近さんがいて部室の大掃除をしている。





・・・・・・と、いうわけで。














突然の文芸部室大掃除。























・・・・・提案者はどうやらH田さんらしい。
さすがに文芸部室の汚さにうんざりしたようだ。
そう言えば昨日、明日大掃除しようよ!って言ってたなぁ・・・・・。

・・・・まさか本当にするとは。
















と、いうわけで掃除を開始したが・・・・・・。
H瀬殿とB場ちゃんは来てすぐ掃除なんて知るか―って勢いで掃除を放棄。
掃除を放棄した代わりにほうきで野球を始めた。
時々N上氏やK長君も参加。M近さんはカマキリを腕に載せジトーっと観察しており、H田さんは文芸部室の中にあった物をせっせと外に出していた。

何しよう。俺。

・・・・・まぁ、掃除なんだから。
とパイプ椅子やら段ボールを外に出す。
適当にB場ちゃんから奪ったほうきではわく。

で、集めたごみは近くのゴミ集積所に持ってく。

さて、今回の掃除だが・・・・・・。







正直に言おう。





















してる人としてない人の差が激しい。なぁ・・・と。苦笑。


まぁ、俺もそんなに働いたわけではない。
一番働いたのはH田さん。

この人いなかったらいつまでかかってただろぅなぁ・・・・。


って感心するぐらい働いていた。
ほうきではわいたごみを集め、ちりとりに入れるとき、ほうきじゃ効率が悪いと手でわしづかみにしてちりとりに入れたり・・・・・・・。
みんなが終わって遊んでる時も一人で雑巾がけしたり・・・・・。


それはそれは大きな功績を文芸部に残したわけで。
そうだなぁ・・・・・。
軽く十字勲章ものや国民栄誉賞をあげたいぐらいに。
最低でも文芸部員栄誉賞はもらえるだろうね。
今度部長氏に報告しておこう。




そして、2番目に働いたのがN上氏とK長君。
せっせとゴミ捨て行ったり、はわいたりしてくれました。
この二人いなかったらまたどうなっていたことやら・・・・・。



多分3番目あたりが俺がしれーっといて



最後にM近さんとB場ちゃんとH瀬殿が入るかなぁ・・・・。と。
時々運ぶぐらいしか見てないなぁ・・・・。
さらに順につけたらH瀬殿がダントツでビリ確定だろうなぁ・・・・。
時々運んだのすら見てない気がするが・・・・・・。




さて、4時半にはすべての作業が終わり、俺とH田さんを除いたメンバーは部室前で掘り出し物のラケットとシャトルでバドミンしたり、同じく掘り出し物のフリスビーで遊んだり。


俺は部室入口に椅子と目の前に扇風機を置き、のんびりそれらの様子を観察した。



・・・・。



・・・・・・・・・・・・。





本当に平和な部活だなぁ・・・・・。と。










テスト前なのに緊張感まるでないな!

みたいな平和さではなく、本当にただのんびりと、ゆっくりした時間がたつのを肌で感じることができるぐらいのんびりした部活だった。





・・・・・・・・・この部活に入って本当によかったなぁ。と心からそう思った。
さらに言えば高専にきて本当によかった。
最初は誰も知り合いがいなかったのに。

わずか半年でここまで・・・・・・・・・・・。

俺がこの高専に来たのも文芸部に入ったのも、すべて偶然。
多分他の部員も違いこそはあれど、そうだろう。





偶然が沢山起きてこの部活がある。


もし昔、俺が一つ違う選択肢を選んでいたら今の俺はここにいないのかもしれないのだ。
もしかしたらその違いはどこかで「あぁ」というか「はい」というかの違いぐらいどうでもいいものなのかもしれない。

あの時「あぁ」と答えたから。

あの時「はい」と言ったから。

今の俺はここに存在する。

極端にいえば、昨日の夕食でトンカツを食べた俺と他のメニューを食べた俺はすでに別人なのだ。他のメニューを食べた俺は今、パラレルワールドに存在するわけだ。


そう思うと何か感慨深いモンがある。


俺はふとこの思い出を残そうとケータイを取り出し、文芸部員を写真に納めた。





バドミンをやってるM近さんとH瀬殿とK手川殿。
フリスビーをやってるK長君とN上氏とB場ちゃん。
そして文芸部室で未だ一人で掃除を続行するH田さんを順に。


・・・・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・。























本当にこの部活でよかったなぁ。と。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



f0186726_20122911.jpg



  平和な文芸の風景。
(モザイクなのがM近さん。本人の希望により本人がモザイクにしました。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━













本当にこの部活でよかったと改めてそう感じた。




しっかしまぁ・・・・・。
名前文芸部からSOS団に改名した方が・・・・・・。
なんて思うのは俺だけだろうかねぇ・・・・・。



まぁ、今日はこんな感じ。
帰り際、H瀬殿が

「今日は充実した一日だった!!」



と言っていた。

・・・・・ちょwwww

おまえ何もしてぇやんけ。苦笑。


とかって思うが確かに、今日は本当に充実した一日だった。
こんな日が毎日続くのなら勉強も頑張れそうだ。
・・・・・・留年しないようにしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・楽しかったなぁ。



さてさて。今日はこんな感じ。


さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-11-05 19:25 | 歴史バカの日記

<< 今気づいた。 本日の文芸部。(新部員の紹介も... >>