また・・・・・かよ・・・・・・・・・・・。   

8月30日土曜日。



駅でいつものようにM尻と本屋でのんびりしてるとM尻と俺、両方の肩にトントンと。






二人同時に振り向く。







すると、そこには。







A子が。



















振り向いた二人の頬には例外なくA子の指が刺さってる。


まぁ、よくある振り向きざまにグサリ。ってやつ。





で、まぁ、それから3人でいろんなことを話した。



主に学校のことを。




A子とM尻は同じ学校。


高専と違い、夏休みはとっくの昔に終わってる。




で、まぁ、A子はいつもバスで一緒の同じ部活の先輩がカッコイイことを(俺が軍事や歴史の新しい知識に触れた時のように)喜々として話していた。




どうやら、〇八・七・六事件のことはもう忘れたようだ。



ま、新しい恋に向かって頑張ってくれよ。








俺はもう新しい彼女作るなんてことはやめとくぜ。



A子みたいに俺のせいで迷惑を被る人間を作りたくはないからな。



ならば俺が一生、彼女や配偶者を作らなければいい。そう考えたのさ。




あったまいいー。俺。





ま、俺以外に兄弟は三人いるんだから、親も孫が見れないってことにはならんだろう。笑。




そのことをY下っつぅ、後輩に話したら「なんかかわいそー」って言われたが。




気にせんことにする。笑。







俺のせいで悲しむ人が減るなら、遠慮なく俺は犠牲にでもなるし、邪魔なら消えてもかまわないんだぜ?












どうせ(以下略。)苦笑。






まぁ、そんなもんか。




明日は寮に帰る日。


ちなみに、明日の午後二時くらいA子らの所属する吹奏楽部が今いる駅でコンサートするから見に来いとさ。




M尻も一緒にな。



ついでに、例の総帥閣下も同じくだから会って話でもしてみよう、久々に。






また中学校のみんなで会って話をしたいもんだ。


さてさて、ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-08-30 22:28 | 歴史バカの日記

<< 宿題 今日、会ったやつ。 >>