東京旅行   

8月15日。(金曜日)


私、リキペディア、現在とある地方に住んでるが、

本当は東京出身の都会人。
(自慢げに強調。笑。)


いや、父親はこの地方の人間だが、母親が東京の人間なのだ。



なので俺ら一家は夏休みとか長期休暇に東京に旅行を兼ねて帰省する。
ついでに、長野県の軽井沢にも親せきがいるため、ついでに行く。
期間は大体一週間。
うち、長野県は3日。

これをまぁ、1年に1回ぐらい。


冬休みとか春休みにも行きたいのだが、期間が2週間しかないからな。
1ヶ月も期間がある夏休みだけになるわけだ。

冬休みに長野に行くと積雪が2m超えていいんだがなぁ。
今のとこ一回しかない。


今度行く機会があれば行こうかと。




さて、今回行った期間は8日~14日までの約1週間。うち、9,10,11が長野県。




全部書くと長くなるから、ところどころかいつまんで説明しよう。


まず、初日。8日。

朝9時に自分の家を出て、車で1時間ほどのところにある、飛行場へ。


何回見てもこの飛行場、小さいなぁ。と感じる。
ロビーの広さはこれから行く羽田の何分の1だろうか。

と考えていると飛行機の離陸時間となり、航空券をそれぞれ持ち、手荷物検査、身体検査などを速やかに済ませ、目の届く範囲ぐらいしかないこれまた小さな待機ロビーで待ち、飛行機に搭乗。約1時間かけて東京へ行く。

飛行機の中は暇なので、弟と携帯型ゲーム。
3人とCOM1人の計4人でする戦略ゲーム。



それが終わるころ、羽田に到着。

羽田は自分の県の飛行場に比べ相当広い。
しかもまだ新しいところを埋め立て工事で作ってるんだからホント、スゲェ。

さて、飛行機は無事に到着ロビーの棟に直接到着。遠いところだとバスにスシズメ状態になって到着ロビーに行かねばならんから、今回は楽であった。


さて、到着ロビーだが、番号が100~と、100個以上ある。
自分の県は到着、発着1つずつ。

なので到着・発着ロビーには数十メートルの動く歩道がいくつも設置されている。
それを8回以上使ってようやく出口。

おばぁさまとおじぃさまのお迎えだ。


ちなみに今回は父親は来ていない。

・・・・・・・・いや、いつもだがな。


それから俺らはお台場にある「未来技術博物館」なるものに行き、日本の最先端テクノロジーを体験した後、電車と車組に分かれていろいろな所に行った。

やはり、なんかこっちに来ると落ち着く。
無機質な高層ビルも。

アリの巣のような電車・地下鉄の路線図も。

網のような高速道路も。


「人がゴミのようだ!」

って言いたくなるような人の大群も。


全てがなんかいい。


安心するというか、帰ってきた!!
という感じが。苦笑。


さてさて、8日はこんなもん。
時間があれば以後のも書いていこうかと。

さてさて、ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-08-15 23:06 | 歴史バカの日記

<< 東京旅行2日目。 涼宮ハ◆ヒの憂鬱 最終回を自作。 >>