女子友達二人目。   

4月23日水曜日。
昼休み、掲示板を見ると

「1M 〇〇(俺の名前) 至急来てください。―総務課財務係」

という告知があった。
顔を青ざめながら総務課がある部屋を探したのは言うまでもない。
どうやら1階にあるようなのでそちらへ急ぐ。M科は2階だからな。
しかし、詳しい場所はわからない。適当に歩き回っていると、S矢さんとS矢さんの友達(暫定的に)A(としよう)がいた。
S矢さん達と総務課財務係の部屋はどこかなぁ。と話し、まぁ、大体の位置を教えてもらった。
まぁ、大した用事ではなく、簡単に終わった。

放課後。寮に帰りS矢さんに総務課財務係の部屋を教えてくれたことの感謝の意を告げた。
まぁ、名前からして怖い。

「総務課 財務係」

そんな事務的なとこから呼ばれるのはもうこれっきりにしてほしい。
さて、S矢さんはわかってもらえてよかったとか、どんな用事やった?とか聞いてきた。
俺もそれに答える。
すると、「私の友達に〇〇(俺の名前)のメアド教えていい?」というメールが来た。どうやらその友人は今日会った(暫定的に)友人A(とする)らしい。

覚えてるか?

……覚えてない。

だってそんな人生初の恐怖を味わいながら他人の名前と顔を記憶するぐらい俺は器用じゃないからなぁ。

まぁ、それでも一応OKしたのでまたもケータイに高専の友人が増えることになった。
H木さんというらしい。

友達は多い方が楽しいしな。笑。

さてさて、ではでは今日はこの辺で。
[PR]

by rikipedia | 2008-04-23 23:50 | 歴史バカの日記

<< 下らないメール 高専研修。 >>