リキペディアと初体験   

7月29日。




今日はリキペディアの初体験でしたので。


絶対に記事にしてやろうとテンションを上げてお送りします。





というわけで、こんばんは。


リキペディアです。




それでは、れっつらごー













リキペディアの住む別府市。



昔から別府市は温泉があるために、歓楽街として発達してきました。

まぁ、いろいろと、慰安旅行的な行き先だったり、慰安的な何かだったり。


大通りから一本路地に入ると、まぁ、そういうアダルティなお店がたくさん立ち並んでいたりするところです。
















そんな別府市内の某所。





ここに来る人の大半は18歳以上。そんな場所にリキペディアはおりました。


・・・・・・まぁ、時々16歳くらいの人もいるそうですが。














リキペディア自身、こういうところに行くのは今まで全く経験がなく。



しかも「実技」となると今日が初めてなので、とても緊張しておりました。























「えーーっと、リキペディアくんですか?」

「はいっ、そうです」






名前を尋ねられ、返事を返しますが自分でもやはり緊張しているな、と実感します。




少なくとも、記事を書いている現在ですら「返事を返す」などという記述ミスをうっかりしてしまうくらいには緊張しておりました。



はぁ、いかんいかん。













「じゃぁ、早速ですがはじめましょうか。中に入っておいてください」

「はい」








そう言われ、ドアを開けて中に入るリキペディア。

まぁ、右も左もわかんないので、ひとつひとつ丁寧に教えてくれるのは助かります。








「まずは両手を伸ばして軽く手をかける感じで。」

「は、はい」

「あ、力は抜いてリラックスしてくださいね」

「こうですかね?」




言われて、少し慌てて力を抜いてみるリキペディア。

やっぱり、どうしても初めてというのは緊張して力が入ってしまいます。







「そうですね。でもやっぱり少し力んでますね。 とはいってもこればっかりは慣れが必要なので難しいんですけども」

「すみません・・・」

「いえいえ。 それじゃぁ、始めてみましょうか」

「はい」












というわけで。

運命の本番です。








すぅ、はぁ、と大きく深呼吸します。





























(・∀・)ノ先生
「じゃぁ、まずは始動から」


(`・д・´)リキペディア
「クラッチよし、エンジン始動」


(・∀・)ノ先生
「ギアを入れて前進しましょう」


(`・д・´)リキペディア
「サイドブレーキよし、ギア1速よし、アクセル」


(・∀・)ノ先生
「そうそう、そんな感じでー」



















というわけで、本日。




初めて自動車運転してきました!!












もちろん、まだまだ構内をぐるぐると何周か回っただけですが、それでもリキペディアの初体験です。



自動車童貞、卒業です!














(ili゜Д゜) リキペニウム
「自動車童貞!?」


(´∀`*) リキペディア
「いや、なんとなく語呂がいいからさ?」











しかしまぁ、いきなり1速から2速に入れさせられて、30kmも出させられるとは思ってもおりませんでした。



しかも、アクセルとか意外にも敏感すぎます。








(・∀・)ノ先生
「じゃぁ、アクセル軽く踏んでー」


(`・д・´) リキペディア
「了解です」(チョイ










グォォォォォォォッォオン!




Σ(゜Д゜ノ)ノリキペディア
「!?!?!?!」










とか。







(・∀・)ノ先生
「はい、ここで軽くブレーキー」


(`・д・´) リキペディア
「はい、了解です」(チョイ









ガグンッ



リキペディア
(ヽд) ゜゜「ぐぇ」












・・・・・・などなど。




なんかもう、気軽に運転出来る気がしません。







少し運転しただけですが、それでも前方や左右を見て、ハンドル回しながら、アクセル踏んだりブレーキ踏んだり、クラッチつないでギアチェンジしたりと大忙しです。




太鼓の達人のノーマルですら、後から後から来る譜面に処理能力が追いつかずフリーズモードになってしまうのに、こんな複雑なの一気に来られたらフリーズどころか強制シャットダウンを始める勢いです。


はぁ、いかんいかん。












というわけで、22歳になってようやく自動車学校に行き始めたリキペディア。



一体どういうことになるのでしょうか。










今後、「自動車学校、悪戦苦闘編」みたいなのがちょくちょく更新されると思いますので、お楽しみくださいw



それでは!

























追記。

(# ゚Д゚)つリキペニウム
「まぁ、確かに自動車学校は18歳以下いないけど」


( ̄∀ ̄)リキペディア
「時々、原付の免許とってる人とかがいるくらいかねー」


(#`Д´)ノ リキペニウム
「ともかく、自動車童貞脱却おめでとう」


(´・д・`)リキペディア
「おぉ、おまいさんが素直に褒めるとは珍しい」


o(`ω´*)oリキペニウム
「あぁ。早く『自損事故童貞』も卒業して欲しからな」


ι(´Д`υ)リキペディア
「さっきの感嘆詞返してくれよ・・・・・・」










まぁ、安全運転に努めますw



それでは!
[PR]

by rikipedia | 2014-07-30 00:05 | 歴史バカの日記

<< 2014年:夏休みの出来事(前編) ハッピーバースデー! トゥーミ... >>