【リキペディア速報】 メモリーズ解体へ   

【リキペディア速報】




「メモリーズ」解体へ





本日4月1日の新年度を以て、留年生人権保護団体(通称:メモリーズ)が解体されることが発表された。

解体の理由は「全員退学したから」とのこと(同組織幹部)。


留年生人権保護団体(以下「メモリーズ」)は、2009年大分高専機械科2年において発足した団体で、その活動内容から構成要因は全て成績下位者及び不登校者であった。

当初の団員は5名であったが、その後毎年1~2名ずつ減少していき、そして既に前年度にあたる2013年度を以て全ての団員が退学してしまったため、組織の運営が困難になり解体となった。

今回の件に関し同団体の団長は「ようやく自由の身になれた」とコメントし、「これで全国の高専に支部建設のために動ける」と新たな意欲を見せた。

また、同団体と単位の取り扱いで長い間会議が続けられていた購買担当者によると、「単位販売を訴えた同単体が消滅したことで経済制裁も終了する」と発表。

多くの学生から歓喜の声が聞かれた。

なお、同校学生課は「最初から購買で買おうとせず努力で単位をとって欲しかった」と遺憾の意を示している。













≪用語解説≫

・留年生人権保護団体「メモリーズ」

留年生の人権や立場、言論の自由や進級を訴える団体。
現在の団員は約50名で、現在は同団体が結成された大分高専に本部を置いている。

同団体はメモリーズ支部を全国の高専に広げようと画策しており、留年生排除法を掲げる学校側と強く対立している。




さてさて。ではでは。



























追記。

というわけで、今年のエイプリルフールネタはこれです!w





いやぁ、リキペディア速報自体もメモリーズ同様終わってしまいそうですが、まぁ、これからも何か更新する機会もあるでしょう!








それではしばしの間、またの機会まで!



それでは!









【リキペディア速報一覧】


「留年生団体が嘆願書を提出」



「留年生団体団長、失言か」



「留年生団体の団長、退学罪で逮捕 」



「留年は人へと感染する伝染病であることが判明」


留年生専用学級、誕生へ
[PR]

by rikipedia | 2014-04-01 00:14 | 歴史バカの日記

<< 新アニメ「たいがくっ!」始まる! 混浴に行ってきた! >>