【リキペディア速報】 留年は人へと感染する伝染病であることが判明   

【リキペディア速報】



「留年」は感染症であることが判明




本日、大分高専医学部は「留年は人から人へと移る感染性の病気である」という研究内容を正式に発表した。

医学部の部長によると「以前から留年生に近しい人が留年する傾向があった」「その統計がウイルス性の病気のものに酷似していたため研究を始めた」とのこと。

その結果、インフルエンザウイルスとほぼ同じ大きさのウイルス(医学部では仮称として「留年ウイルス」と呼んでいる)の発見に成功した。


しかしここまで至る研究の道はとても険しいものだったという。
未知のウイルスであるため予防法が確立しておらず、医学部の多くが留年を経験することになったのだ。

これについて某医学部員は「でもそのおかげで長く研究できたから凄く嬉しいですよ、はっはっはー」というコメントを残した。

しかし、これこそが「留年ウイルス」の本当に恐ろしい部分で、「留年したことをよかったと思ってしまう」という症例なのだという。


事実、弊社が留年生保護団体、通称「メモリーズ」の団体に「留年してよかったと思うか?」という質問について、その8割以上が「よかったと思う」と回答している。


これら一連の報道について学校側は「単に類友ではないか」と医学部の発表に疑問の声を上げた。








≪用語解説≫

・留年生人権保護団体「メモリーズ」

留年生の人権や立場、言論の自由や進級を訴える団体。
現在の団員は約50名で、現在は同団体が結成された大分高専に本部を置いている。

同団体はメモリーズ支部を全国の高専に広げようと画策しており、留年生排除法を掲げる学校側と強く対立している。




さてさて。ではでは。




































追記。

一応言っておきますが、いつもの嘘記事ですので本気にしないように!w






まぁ、でも実際、留年生の友人は留年生、というのは多かったりw

そして年を経るごとにどんどんその友人が増えて行くっていうw




うーむ、なんなんだろうか・・・。

まぁ、これも高専七不思議のひとつですね。



それでは!

ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2012-07-22 20:30 | 歴史バカの日記

<< 夏休みの予定だ!! ダメ人間なリキペディア >>