途中戦果報告パート3   

2012年6月18日。














本日、我がリキペ大隊は敵軍主力と交戦。




壊滅せり。













その攻撃は全く持って奇襲だった。


敵の応数Ⅰ艦隊を待ちうけるべく沿岸配備されていた我が隊は、突如として側面から英語Ⅳ機甲部隊の奇襲を受けたのである。


この攻撃により我が部隊は大損害を被って敗走。





そこへ続く応数Ⅰ艦隊による艦砲射撃と上陸作戦が展開されたのだ。


既に大敗を喫していた我が隊にこれらの攻撃を阻止するだけの力はなく、敵の揚陸が終了するのをただ黙って見届けるしかなかった。



なお、これに続いて行われた材料学空挺師団による浸透作戦は、応数Ⅰ艦隊との攻撃のタイミングが合わなかったため効果は少なかったものの、それでも多大なる損害を我が隊に強いることとなった。






本日の戦闘により、我が隊が被った損害は莫大なもので、囲碁の作戦に大きな影響を与えることは間違いなかった。


さらに敵は我が軍正面に橋頭保を確保することに成功。


後続の強力な部隊がさらに増援として送り込まれることとなる。





偵察と敵の通信を解析した結果、現在敵の2群が接近していることが判明。

材料力学航空団と、高軌道経済学戦闘集団である。


会敵は明日になると予想されるが、それまでに部隊の再編成が終わる見込みはなく、補給すらままならない状態の我が隊がどの程度抗戦しうるかどうか疑問は尽きない。


しかし、ここで我が隊が敗退することは許されない。




死力を尽くして、この新しい防衛戦を死守しなければならないのだ。








我が軍に栄光のあらんことを。


さてさて。ではでは。


















追記。

というわけで、3日目の試験ですが。





惨敗です。

完敗です。

敗残です。






なんでしょう、もうね、試験嫌になる!!


はぁ・・・全くもう。


それでは。


ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2012-06-20 23:42 | 歴史バカの日記

<< イエス! オーキャン!! 途中戦果報告パート2 >>