激戦! ~本日、将棋戦線ニ異常アリ~   

最近。

まぁ、本当に身近な話題ですが。







寮生の一部で将棋が人気です。










・・・いや、人気というほどでもありませんがww






とりま、事の発端は数日前。


寮の友人T末「暇だーー」ということで部屋にやってきました。






そんなわけで、「将棋やろうぜ」という流れに。



軍事オタクであり、戦略や戦術が大好きなリキペディア。

もちろん、兵棋演習から派生した将棋も一応はできます。


というわけで、将棋をパチンパチンと指しましたとも。







リキペディアの脳内の中では、将棋の戦況がリアルタイム戦術ゲーのごとく、脳内再生されております。




「歩兵隊を前進させろ。敵の攻撃に合わせ、金将軍の部隊で戦線を押し上げるのだ!」

「敵、長柄隊、左翼より進行しつつあり!」

「騎兵部隊に対応させろ。 角将軍は一気に的本陣へ突出し、敵陣を打ち崩せ!」












序盤の先頭で、我が軍は敵軍より優位に立った。

この戦術戦、我が方の勝利だな・・・!










「司令! 敵騎兵部隊により味方の金・銀両将軍が攻撃を受けつつあり!」

「仕方ない、金将軍を下がらせろ」

「それでは銀将軍が犠牲に・・・」

「・・・・・・致し方ない。金将軍の戦力はまだ必要だ」

「了解しました! 金将軍に転進を命じます」












うぅむ・・・敵の騎兵部隊に阻まれ始めたな・・・・・。

しかし、我が軍にはまだ金将軍の3個部隊と銀将軍の2個部隊が控えている。


そうそう戦局が覆ることは・・・。














「司令! 敵騎兵部隊の奇襲です! 金将軍の部隊、壊滅状態です!!」

「なんだと! すぐに銀将軍の部隊を回せ!」

「司令! 銀将軍の部隊が敵騎兵部隊の奇襲を受けました!」

「こ、これでは我が軍の陣が崩れるぞ!!」









えっと・・・あっれー・・・?

ここから一気にリキペディア陣営の旗色が悪くなり・・・・・・。














T末軍
「お前は既に包囲されている。さっさと降伏しろ!」

リキペディア
「ば、馬鹿な・・・我リキペ軍がこうもあっさりと戦局を覆されるなど・・・・・・!」





リキペディア軍、敗退。









さて、前振りが長くなってしましましたが。


ここで、勝った勢いに乗るT末。

ってか、久々にやった将棋にハマったようで。







T末
「リキペ、将棋貸してー」




昨日だけでも3人の人と将棋をやっておりましたw



それが、一部の人で将棋の人気が出始めた理由。(でてねーよw)




まぁ、ってなわけで、将棋の世界はやってみると楽しいもんがありますwってことで一つ。

戦術は奥が深いであります!



是非、みなさんもやってみてはいかがでしょうか。


さてさて。ではでは。


















追記(敗戦言い訳)。


・・・いやさ?

戦闘ってさ。






リアルタイムで行うじゃん?




でさ、やっぱさ。

重視すべきは「戦術」よりも「戦略」なわけですよ!!



将棋やチェスのように、「戦闘開始の時点で敵軍と同じ兵力しか集めていない」というのは、既に負け戦への一歩を歩み出しているんですよ!


また、補給や兵站の維持が考慮されてない点もダメですね。

さらに言うのであれば、近代的な歩兵部隊は全て機械化されております。

なので歩兵の移動力が1マスというのは少々納得がいきません。


さらに、総司令官である王様が、戦術地域にノコノコやってきてる時点でもうアウト。

確かに前線との通信・司令部機能を維持する必要は認めますが、そのためだけにわざわざ最前線に出てこないでいただきたい!



そして何より!


捕虜になった我が軍の兵士!

彼らは翌日から敵軍としてなんの迷いもなく戦っておりますが、それは一体どういうことでしょうか!


少しは忠誠心というものをですね・・・(以下略









以上、軍事オタの変な言い訳でした!w








注:一応言っておきますが、ネタとして実際の軍事と比較してるだけであってリキペディアは普通に将棋が好きなごく一般的な高専生であります。
(高専生って一般的なの?)






ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2011-09-11 21:20 | 歴史バカの日記

<< リキペディアに栄光あれ フラッシュゲー紹介 >>