元カノと再会してみよう。パート2   

さてと。


パート1はこちら。

元カノと再開してみよう。




さて。

まさかパート2を執筆することになろうとは誰が予想したことか!




ってなわけで。いきます。




2011年9月3日。

この日、午前は英語部(英語弁論大会)の打ち上げがありました!


まぁ、のちのち記事にして行こうかと。





んで。

午後9時半から。



以前書いた元カノA子含む友人3人とワイワイやってきました。




まず。

集合時刻の9時半に対して、9時前に到着したリキペディア。


なんなんでしょうか、この無駄なやる気具合。




んで、みんなやってきたのは9時10分のK木、9時20分のM尻、それと9時40分のA子

まぁ、若干遅れてしまったわけですが・・・。


とりま、適当に予約してた店に入ります。

そこで、2時間食い放題を頼んで、わいわいと会話しながら盛り上がります。



話の内容は、主に各自の大学のことや、昔の友人が今どうしてるか、など。

リキペディアはと言えば、やはりここでも留年ネタでいじられっぱなし。


ですが、大学の生活というのは彼ら進学校(リキペディア以外全員鶴見丘高校)からすれば、非常に楽しく楽なようですw



まず始まったのは「夏休みが1週間以上ある!」という話。

そして、「宿題がない!」「自分の興味のある授業だけ受けられる!」といったもの。



高専にいたら全部が当たり前で気付かないものばかりですが、こうして聞かされてみると高専は恵まれてるなぁ、と痛感いたします。

ちなみに、話しながら食事してるわけですが、駄弁るの中心なので、いつしかフライドポテトや枝豆みたいなのが中心になってしまってます。


まぁ、うどん食いながらしゃべるのもなぁ、と思いつつ。






とりま、久々に会った友人ら。

話しだしたらその勢いに際限はありません。

懐かしい話や、自分らが知らない話。

仲良いからこその罵倒や、まるわかりのお世辞。




冷静になった自分がそこにいたとすれば、「なにやってんだか」と言いそうな、実に生産性のない時間でありますがw

それでも、凄く楽しい時間であったことだけは断言できるでしょう。





そんなわけで、過ぎる時間も凄まじく早いです。

気付いてみれば、店を出る時間の夜中12時。


そっから「どーしよっかーww」で始まって「カラオケ行こうぜーww」でまとまる話し合い。

ヤベェ、みんな元気だなぁ・・・と思いつつ、カラオケに到着。






さすがにみんなぐったりするのかと思えば。


歌い始めます。






と、ここで気付くリキペディア。

ここ最近、一緒にカラオケ行って来たメンバーって全部高専生なわけです。



えっと、はい。

大学生と歌ったことありません。





いや、K木とかM尻とかとは中学時代からよく行ってたので、3人ならば何とかなったでしょう!

ですが、そこにA子入れると大学生3人・高専生1人、の構図になってしまいます。




・・・ん、わかりにくいですか?











つまり、もっと簡単に言うと!



大学生のテンションわかんねぇぇ!!!












なんなんでしょう、この盛り上がり方。

明らかに高専生とは違う盛り上がり方をします。





ヤベェよー、仲間外れだよーーーー。










・・・と嘆いてたのもわずか数分。

やっぱ、そこは長い付き合いということで、結構アッサリ馴染んでしまいました。



大学生のテンションかどうかは知りませんが。苦笑。






さて、そんな楽しい時間も、やはりすぐに終わってしまいます。

気付いたら、カラオケ閉館の朝5時。






まさか、一睡もすることなく歌い通すとは・・・・・・・。
(一部寝てたやつがいましたが)


とりま、そそくさと準備をして、帰ろうかと・・・。

















K木
「ファミレスで駄弁ろうぜwwww」














お前ら元気よすぎorz






ですが、さすがにどう見ても空元気なメンバー。

ファミレスに入ってもすぐに爆睡しそうな感じです。








ってなわけで、リキペディアの解散宣言。


各自家に帰ることになりました。


リキペディアは、「ネカフェに行ってのんびり寝てから帰ってもいいなぁー」「もしくは始発で帰るかなー」のどっちかを考えてたんですが、どっちにしろ駅に行く必要があります。







・・・というわけで。

帰り道A子と二人。












いや、謀ったわけでもなく、帰り道が本当に偶然こっち方面でして!!


とりま、K木M尻がメンバーから外れた瞬間からのこの沈黙が凄くいたたまれません!


えっと、A子さん!?

さっきまでのテンションどこにやったんですか!


今こそさっきスゲェはしゃいでたあのテンションで場を盛り上げて下さいよ・・・!




いや、わかってます!

お互い、もう睡眠不足でスゲェ疲れてるからこんなに沈黙が・・・つまり、しゃべるほどの体力も残ってないわけで!

だから、普段はもうちょっと明るく話せるはずでしょうよ!?









リキペディア
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


A子
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」












この沈黙もう嫌!!orz



仕方ない。ここはリキペディアから何か話し始めるしかありません。


女子と二人っきりで沈黙とか、それなんて拷問。orz





これがもしA子の作戦なら見事なまでの大成功です。

現在進行形でリキペディアの精神ゲージは、まるでバルカン砲の残弾カウンターの如くガリガリと削れていっております。





というわけで、何か・・・ほら、何か話せよ!










リキペディア
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


A子
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



















話題がねぇ!!!



そうだもんな!

さっき、一応のことは結構しゃべったもんな!

いや、疲弊した頭じゃ何しゃべっていいかもわからんのですよ!!


とりま、何でもいいから言ってしまえ!









リキペディア
「えーっと、そういや、A子って学部なんだっけ?」


A子
「え? 理工学部だよ。さっき言ったやん」














そうだよ、さっき聞いたよ!


くそう、ほら、もうチョイ何か!!







リキペディア
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


A子
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」













ごめんなさい、もう無理ですorz


そんなわけで、特にこれと言った会話もなく家まで送ったリキペディア。

寄り道して送ったとかじゃなくて、マジで駅への途中にあるんですよ、この方の家・・・・・・・。



そんでもって、最後も非常にあっけないものでした。







リキペディア
「そんじゃ、お疲れさん」


A子
「うん、お休み」







本当に、ただそんだけ。






そして、最後にA子のマンションを見上げて、4年前はこの下で色々駄弁ったりしてたなーとか思ったりもして。

リア充になるのはいつになるやら・・・とため息一つ。




んで、駅に向かうがてら「あーそういや、連絡先を聞き忘れたなぁ」とか、「そういえば、スライディング土下座をするようさっきカラオケで言われてたなぁ」とか、思い出すわけで。


ってか、こうして一人になって考えてみると、もっと何か話したいことととか思い出したりして来て、「おいおい、10分遅ぇーよー」とかつぶやきながら、駅に向かうのでした。




さてさて。ではでは。

















追記(その後)。


リキペディア
「うぎゃーー! ネカフェ満室かよ!」

「仕方ねぇ! 始発で帰るか・・・!」

「って、始発まで1時間以上あるじゃねぇか!!」

「暇だよ、コンチクショーーーー!!」






結局、駅のホームで寝ながら待ってましたとさw






おしまい。



ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2011-09-06 22:11 | 歴史バカの日記

<< 東京旅行3日目(8月5日) パート1 A子とK木とリキペと・・・。 >>