綺麗なお姉さんと話してみよう!   

さて。

本日、土曜日。



テオ・ヤンセンの作業に行ってまいりました。










まぁ、昨日寝過ごして行ってませんでしたからね!

今日こそは、と思って行ったわけですよ。











しかし、行ってみたはいいけども、工場に誰もいない。

そんなわけで、偶然会った4Mの友人らとワイワイ駄弁ることになりました。




しゃべってるうちに何人かがコンビニ行って、残されたのがかっかみさんリキペディア

とりま、暑いのでかっかみさんの車の中で駄弁ることに。











・・・すると。



リキペディア
「ん、あ、かっかみさん。向こう向こう」

かっかみさん
「え?  ・・・ん、あぁ」








かっかみさん側の窓にふと二人の女性の姿が映りました。

どうやら、芸短大(大分県立芸術文化短期大学)の先輩方のようです。







今回行われるテオ・ヤンセン展。

夏休み中の県立美術館に作品を展示するのですが、それに参加してるのは舞鶴高校、芸短大、そして我が大分高専の3校。

そして、4Mや5M、専攻科の有志は芸短大の手伝いをしてるらしく、芸短大はこうして休日、高専に設備を借りにやってきております。



そんなわけで、ついこの前。

高専とは打って変わって女子の多い芸短大のみなさんと、4Mとで「合コン」なるイベントが行われたそうで、H瀬殿も嬉々としておりました。





・・・っと、話がそれた。





ってなわけで、かっかみさんとその芸短大の女性がしばし会話中。




ちなみに、リキペディア的定義で大学生は「女性」と表記します。

・・・ですが、高専4年生や5年生の女性はなぜか「女子」と表記してしまいます。


・・・どうしてでしょうか?










・・・と、いうわけで、ちょうどいい区切りだったので、かっかみさんとその女性が話し終わったのを見計らって、リキペディアも第二回目の工場偵察を行うことにしました。

今回はかっかみさんもついてきます。
















・・・が、やっぱり誰もいません。


ロボ研の皆さんはチラホラいるんですが、やっぱり3Mの学生だけいません。

そんなわけで、すごすごと車に戻ってきた二人。










と、そこにインターセプト。



芸短大女子Aさん
「かっかみ君! どっかに冷蔵庫ないかな!?」

かっかみさん
「えーっと、リキペわかる?」

リキペディア
「うーむ・・・英語部にあるけど・・・今日は鍵持ってないわ」

芸短大女子Bさん
「うへーマジで?」

芸短大女子Aさん
「じゃぁ、ここで食べようよww」







と、いうわけで、アイスを差し出すその女性。

で、その手にあるのは大人数用の箱型アイス!




買い過ぎです。









全く面識のないリキペディアですが、「そこの君もあげるよー」なんて言われたら断れません。

軽く頭を下げて「頂きます」と言って食べます。









食べ始めたあたりで既にかっかみさんがアイス一本を平らげてます。


早い、早いです。






んで、そのままかっかみさんはリキペディアが一本食べ終わる間に3本完食。

リキペディア、遅い、遅いです。





そんなわけで、リキペディアも巻き込まれて歓談スタートです。




っと、アイスを差し出してくれたそのAさん。

リキペディアの胸にある名前(作業服なので学科と名前書いてある)を指差して。















Aさん
「マゾ・〇〇君?」

(〇〇君=リキペ苗字)


リキペディア
「違います! M科です! 機械科! マシーン!」
















いきなりスゲェ名前で呼ばれました。







Aさん
「えっと、同じ4年生?」

リキペディア
「いや、自分は3年生ですw」

かっかみさん
「あぁ、確かに3年やなwww(アイス食いながら)」

リキペディア
「全く・・・って、アイスこぼれてんぞ、おい」

Aさん
「かっかみ君、3年生からため口やんww」






その瞬間、にやりと笑ったのはかっかみさん。





リキペディア
「あー、いや、3年ですが同期ですよ」

かっかみさん
「留年留年w」

Aさん
「あーなるほど・・・勉強しなさいよ?ww」

リキペディア
「う・・・サーセン・・・」














・・・どうしてでしょうか。


留年ネタだけやたら楽しそうです。


















え、いや。

リキペディアが。






なんか、スムーズにしゃべれます。

普通に大丈夫です。






・・・・・・留年ネタを既に持ちネタ化してるからですか。







それから、「紙コップがほしい」ということで文芸部室に行くことに。

そう言えば、金曜日に七夕祭りしたときに紙コップ使ったなぁ、とか思いつつ・・・いざ部室へ・・・。



ってあれ。







Aさん
「車で行こう!」

リキペディア
「ちょ、え!? 100mもないっすよ!?」

かっかみさん
「まぁ、暑ぃしな!」

Bさん
「イエー!」

C君(途中でやってきた)
「うっし」










そんなわけで、車に乗ろうとしますが。



リキペディア
「おい、かっかみ。これ軽じゃねぇか!?」

かっかみさん
「うん、そうだけど?」

リキペディア
「あー、じゃぁ、俺歩いて行k

Aさん
「早く乗りなさいよマゾ!」

リキペディア
「え、えぇ!?」










ってなわけで、軽に大学生5人乗り。

ま、まぁ・・・高専敷地内だからいいのか・・・な・・・?





ちなみに、運転席かっかみさん、助手席は芸短大のC君

後ろはAさんBさんときて、リキペディア


おいまて、肩が当たる。











そんなわけで、車発進。


リキペディア
「この距離で車かよ・・・w」

Bさん
「いいじゃん、かっかみ君の石油無駄遣い!!」

かっかみさん
「うぎゃぁーーー」












・・・ここで。


リキペディア
「え、いや。石油じゃなくてガソリンな。石油だと重油とか灯油、ナフサも入るよ?」

(オタリーマンみたいなこと言ってんな俺)











とか言ったらダメなんでしょうね・・・。


いや、艦船大好きなリキペディアにとって、「重油」という艦船燃料を他の燃料と一緒にしてはいけないと言うか、どうしても分けたいと言いますか・・・!!



でもほら、
そこは空気を読んで黙っておくべきと言うか・・・!


しかし、
間違いは訂正してあげたいと言いますか・・・!


結局、
ヘタレだから何も言わなかったけど・・・!!











そんなわけで、部室に行くもそういやぁ、B場ちゃんに鍵貸しっぱなし。

・・・すまん、鍵開かない。<(_ _)>



と、いうわけでわざわざ車で行ったにもかかわらず、リキペディアのミスで引き返す羽目に。

すると、「じゃぁ、コンビニ行こうぜ!」っていうことで、コンビニに行くことに。







・・・おい、ちょっと待て。

リキペディア
「おい・・・公道はさすがにまずいんじゃね?」

Bさん
「大丈夫です! 私隠れます!」

リキペディア
「確かに小さいけどさ・・・」

かっかみさん
「まぁ、近くだし大丈夫だよーー」

Aさん
「そうそw 気にすんなww」






・・・というわけで、何事もなくコンビに到着。

まぁ、確かに高専出てから20秒もかかりませんけど!













かっかみさん
「まぁ、これ軽じゃないしw」

リキペディア
「先に言えよ・・・俺がバカみたいじゃないか・・・」




実際、機械科(自動車は専門みたいなもん)が間違えるってどうなんでしょうかね。

でも、最近はこんなにコンパクトな車も出たのか・・・。






で、適当にコンビニで紙コップ買った一行。






Aさん
「よし! パーク行こう! プリクラ撮ろう!」













・・・どうしてそうなった。



ちなみに、「パーク」とは、高専から車で10分程度のとこにある、郊外型複合商業系施設「パークプレイス」のこと。

難しく言ったけど、要はイオンとかあるじゃないっすか。

それが色々組み合わさって、巨大化したヤツ。


大分銀行ドーム(旧ビッグアイ)の近くにあって、眺めとかいい。

公園もあって、買い物もできて、散策できる施設。











って、いやいや、待て待て。

みなさん、テオ・ヤンセンは!?



さっき、高専内でなんかやってましたよね!?


・・・いや、口に出しては言わなかったけど。




とりま、リキペディアはまだヤンセン参加を諦めておりません。

ってか、作業服です。



そんな恰好でパーク行った日には羞恥心で死にます。











というわけで、リキペディアここで離脱。




いや、まぁ、このまま待ってても誰も来ないだろうなぁ、とは思ってましたが・・・!

でも、まぁ、なんというか、気遅れしてしまうと言うか・・・。




オタペディアが、そんな普通の女子とたわいもなくしゃべれるわけがなく。

だって、会話のネタがないんですもん。



好きな歌は? アニソン。

最近見た番組は? アニメ。

好きな有名人は? 声優。





どれもこれも認知度低い!!






そんなわけで、離脱した後、誰も来ないだろう。と見切りをつけて部屋に戻る。


至る現在。






うん、なんというか。

自分から他人との交流断ってるからオタクで非リア充なんじゃないかな・・・?


さてさて。ではでは。



















追記。

なんとか表面上だけは上手くやれた(ように見せかけることが出来た)リキペディア。



ってか、初対面の人にいきなり「マゾ」呼ばわりされてしまいました。

仮に、制御情報工学科(S科)の作業服着てたら「サド」だと言われてたんでしょうか?



・・・いや、それでもなんか、「SなのにMっぽいwww」とか言われてそうです。

知り合いの腐女子さんからは軒並み「「「アンタは受けだ」」」とかいう評価されますし。





えっと、その。

リキペディアはどこに向かっているんでしょうか?




ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2011-07-09 20:20 | 歴史バカの日記

<< リキペディア腐男子説。 タイムトラベルを体感した。 >>