弟の誕生日会したら彼女さんも来た!!   

さてと。



本日は母の日 兼 弟の誕生日



予定通り、昼ごろに地元別府に帰り、家から徒歩2分とない焼肉屋にて誕生日会を行いました!!




6時半に予約をしており、一番最初に到着したのは両親祖母

そんで、リキペディア弟2人(B・C)を伴って6時35分ぐらいに到着。









んで、今日の主役たる弟Aが一番遅くに登場。






みんなで「遅いよ~」とかいいながら迎え入れると。







???
「こんにちわ~」

親父
「おぉ、よく来たなぁwww」


















え、ちょ!?



弟Aの彼女さんも!?







まさかです。まさかの事態です。


ですが、このことを聞いてなかったのは自分だけのようで。




他のみんな、普通に接してます。














おい、待て・・・!!



俺を仲間外れにするな・・・・・・!!!














ってか、彼女さんスゲェ。




だって、この場にはリキペディア一家(両親・祖母・兄弟)の合計7人がいるわけで。


その中に、単身突入して、普通に会話してたりしてる・・・!!







・・・ちなみに、その席順がこちら。

f0186726_2245418.jpg








えぇ。


彼女さん、パネェ。














だってよ!?


逆になって考えてみよう!?



リキペディアの付き合ってる彼女さんが誕生日で、そしたら相手の家族に招待されて、一人で行く!?








無理!!



絶対無理!!








だって、うまくしゃべれる気がしない!!




アウェーとかそんなもんの次元越えてぼっち!!









そう考えると、この彼女さんスゲェ。


実は、こうやって家族の会食にお呼ばれするのは、これで3回目とからしいんですが。




それにしても馴染み過ぎてます。













・・・うん。スゲェ。



度胸と言うか、勇気と言うか。








いや、まぁ、こう書いていると凄い嫌がっているようにも受け取られかねないんですが、実は凄い喜んでおりますw


こうやって、うちの家族ともワイワイしてくれて、非常にありがたいな、とw









とりま、彼女さんの無双っぷりは止まりません。



親父とかのしょーもないギャグにちゃんと反応してくれたり、祖母の面倒な説教っぽい何かに耳を貸して、それでいて弟Aとちょいちょいいちゃついてます。


ホントもう、この人スゲェ。







ってか、今までリキペディアは出掛けたとこで偶然弟Aと一緒にいるのを見かけたぐらいで、実はちゃんと顔を覚えておりませんでした。



なので、ちゃんと弟Aの彼女さんを見たのは今日が初めてですw


ま、普通に可愛い娘だと思います。









さて、そんなわけで、誕生日会は普通に何事もなく進行。




ちなみに、この焼肉屋。

弟Aのバイト先で、リキペディアの後輩も何人かいるので、スゲェアットホームと言うか、落ち着いて食事が出来ましたw


まぁ、ご近所さんだから店主のおじちゃんおばちゃんとも知り合いですしw





そんなわけで、リキペディアが寮に戻らなければならないため、誕生日会は8時半ぐらいで終了。

2時間程度しかありませんでしたが、ワイワイと楽しく食事が出来てよかったでありますw






弟Aの兄としてちゃんと振舞えたかどうかは・・・まぁ、微妙と言うか、なんというかですが。


まぁ、長く続いてくれればと思う限りw
















唯一、残念なのはあまり会話が出来なかったこと。



みんなワイワイと彼女さん含めて話せているのに、リキペディアだけが変な風に避けてると言うか、逃げてると言うか・・・。










えっと、その。実は。

リキペディアはまともに女子と話したことがありません。




・・・いや、文芸部には女子がいるので普通に会話できておりますが!!


なんというか、こう、「部活の仲間だから」という意識が念頭にあるので、性別をそんなに気にせずに振舞えると言うか、まぁ・・・何というか。







つまり。


「部活の仲間」とか、「クラスメイト」とかいう仲間意識がある女子ならばまだ気軽に話せるのですが、今回のように「弟Aの彼女」ともなると、リキペディア、あまりしゃべらなくなるのです。




なので、積極的に会話できなかったので、向こう側からすれば「あまりしゃべてくれない」とか「無視されてる」とか思われててもおかしくはありません。




ってか、はっきり言うと、「女子が苦手」というか、長らく(クラスメイトや部活仲間を除いて)女子と会話したことがないため、
「会話スキル」が皆無!!








そんなわけで、何言っていいかわからず、口ごもってしまいます。


・・・できれば、もう少しいい雰囲気を出せればよかったんですが。








うーーむ。


弟達には普通に絡んで行ってたので、やはり、そこら辺がちょっと壁になってるのかなぁ、と思ったリキペディアでありました。




本当に申し訳ない。<(_ _)>







とりま、これからも頑張っていきます!!


さてさて。ではでは。
















追記。

やはりというか、なんというか。





こうやって、自分の身近な人物に彼女さんがいて、それでいてみんなで楽しくやってると、自分も彼女さん欲しいなぁ、と思わなくもないですw


なんでしょうか・・・まぁ、一種の羨望にも似た感情かと思われますw






例えはヒドイですが、友人が目の前で面白そうなゲームをやっていれば、当然それが欲しくなるものなのです。

そう言った感じで、同じく「あ、俺も彼女さん欲しいな」と思うに至るのかもしれません。







・・・ですが。

中学3年から高専1年の途中まで彼女さん持ちだったリキペディア。



付き合うことの難しさ、維持することへの労力、その他、いろんな面で多大な負担が来ると言うことは重々承知しております。


そして、やがては訪れるであろう「別れ」





それらを考慮した時、やはり損得勘定で・・・理論で物を考える傾向の強いリキペディアはどうしても次の一歩が踏み出せません。


そうしてまた、自分のどーでもいい損得勘定で自分の好きな人を傷つけてしまうくらいなら、いっそ「付き合わない方が楽だ」という結論に至ってしまっているわけで・・・。









ふーむ・・・。


難しいものです。







とりま、今は「一人身の方が楽しいし楽w」という自分内意見のもと、日々過ごしておりますw



まぁ、それがいいのか悪いのかは・・・未来の自分が判断してくれることでしょう。









さて・・・。

これからも多くのカップルが長く続きますように。



リキペディアの分までオマイら、頑張れ・・・!!









ぽちっとお願いします!!<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2011-05-08 23:26 | 歴史バカの日記

<< 過去問をクラス分印刷したら数万... 6万人達成!! >>