未知との遭遇!!   

さてと、今日は予定通りマツヤに行って来たであります!




当初の予定と異なり、駆逐艦2隻を購入しましたw


で、マツヤを出て家に帰ろうと移動していると、急に雨が降ってきました。






これはまずい、と近くにあったブックマーケット(ゲームショップ)に逃げ込み、時間をつぶすことにしました。


で、雨が上がった間隙を突いてブックオフに行って傘買って帰ろうかと思ったわけですが。
(ブックオフの2階には服とかバックとか置いてあるw)










突然、4offから打電が入りました。


一応、お互いメアドは知ってますが、あまり使わないので突然の打電に驚きました。




ふむ、どうしたことやら。










4off
「すずさんもブックオフ行くみたいよ~」

(すずさんについては右端のリンクから)













ほう、ほう、ほほう・・・。



さて、どうしたことだろうか!?












いや、別段会うことに否やはないぞ。


だが、まて、心の準備がだな?










いくらなんでも突然すぎるだろう!












・・・いや、待て。


4offは何と言った?







「行くみたいよ~」と言ったな、うん。

で、あればまだすずさんブックオフには着いていない!








ならば先に行って待ち伏せればいいじゃないか!



続いて4offから着たメールでも、「これから向かうとこらしい」と着た。

それに、すずさんの容姿も添えてあった。






これならば、先に行って単に入口を見張っておけばいいじゃないか!


そんで、「あぁ、あの人がすずさんかぁ」って確認してから普通に会えなかった風を装って帰ればいいじゃないか!
















・・・え、何、ヘタレだと!?






そうだよ!


ヘタレだよ!

会ったことない人に初めて会うってのが正直怖いんだよ!!









リキペニウム
「お前・・・相手は女性だぞ?」













だからだよ!






お前、女性って言ったらアレだ!



未知の生物だぞ!?
















リキペニウム
「そこまで言わなくていいだろう!?」











とりま、急いでブックオフに向かって迎撃態勢を整えねば・・・。





HAHAHAHA!

古来より、戦術では待ち伏せの方が有利なのだよ・・・!





と、調子に乗るのもつかの間。















4off
「すずさんもう売ったみたいだぞ!」






ん!?

何を売ったのかどうなったのかよーわかりませんが、ともかく!





すずさんに先回りされている、だと!?








これはまずい、極めてマズイであります。

これは我が方が待ち伏せをされてるわけであります。



つまり、リキペディア、俄然不利に・・・!







とりま、突入するしかありません。

まぁ、平日の昼間っからブックオフに来ている自分と同年代の女性なんてそう多くないに決まって・・・!
















・・・なん・・・だと?













まさかの展開だ。


店内をくまなく捜索した結果、8人はいる。


いや、しかし、この中から4offが言ったような容姿の人を探せばいいんだ。










ふむ、だがしかし、それでも4人もいるぞ!


一体何なんだ!?













流行りか!?



流行りなのか!?




今はショートヘアに眼鏡が流行りなのか!?








とりま、その間にも4offから報告が入ってきております。


それによると、すずさんもこちらを探しているらしいのであります。








ふむ、ならばあたりをキョロキョロしていて頻繁に位置を変えてる人を見つければいいんであります。

ハッハッハー、アタイってば天才。








であればリキペディアはそれと逆の行動をすればいいんであります。

すなわち、普通にマンガを立ち読みして、普通を装えばいいのです!





そうすれば、頻繁に動き回る相手も見つけやすいであります。


店内をグルグル巡回している眼鏡をかけたショートカットの女性、そんなに多くはない!




そんなわけで、リキペディアは適当な漫画を一冊手に取り、読むふりをしながらあたりの警戒を続ける!


・・・ふむ、目下視界に目標を確認できず、調査続行なり。












とか思ってたら。


「すいません。 リキペさんですか?」














なぜバレたww












とりま、突然の事態に面喰いながらも、かかとをつけ右手で(室内だったので)海軍式の敬礼をする。





リキペディア
「はッ、リキペディアにございます。 えっと、すずさん、でありますか!?」

すず
「はい、どうも~。 桐風すずですw」

リキペディア
「しかし、なぜ自分がリキペディアと・・・? 小官にはとても・・・」

すず
「だってさ、その持ってる本w」

リキペディア
「・・・・・・。 ・・・あぁ、なるほど」










リキペディアとしては近くにあった適当な本を取ったつもりでありますが、その本のタイトルは「紺碧の艦隊」



日本に架空戦記シミュレーションブームを巻き起こした有名な作品でありますが、どうもそれが原因ですずさんはリキペディアをリキペディアと認識したようで...。










抜かったわ!!














とりま、捜索勝負は我が方の負けに終わった今回の遭遇戦。








さて、まぁ、そんなわけで。

すずさんは先輩です。


リキペディアは目上の人を敬わなければ気が済まない人と言うか、元から「敬語キャラ」な気質があります。
(古泉君ではありません)



そんなわけで、敬語を使わなければなりません。





すずさん
「よし、明林堂に行こう!」

リキペディア
「はっ、了解しました! すず閣下!」

すずさん
「それやめよう!? 省こうよ!!」

リキペディア
「はっ、失礼しました! 閣下!!」

すずさん
「省くのはそっちじゃない!」










あれ?


おかしかったですか?







とりま、リキペディアの性分として静寂と言うか、会話が途切れるのが嫌いです。

こう、特にあまり見知った仲じゃないと気まずいじゃないっすか。








そんなわけで、リキペディア。


スゲェしゃべります。











もとより、しゃべるのは好きです。


・・・苦手ですが。







まぁ、そんなわけで、明林堂(別府本店)に行って本見ながら駄弁って、それから100均行って駄弁って、まぁ、とりあえずはしゃべることに終始したような気がするであります。



で、まぁ、そのあとは普通に帰宅の運びとなりました。


大体6時前でありましょうか。








・・・まぁ、雨の中、傘もなく突っ走るのは流石にリキペディアといえど辛いもんがありましたがww




おかげで家に着いた時には手が死んでたよ!

ゲーム出来ないジャン、これ!!



さてさて。ではでは。















追記。

申し訳ない。だいぶ長くなったであります。




ちなみに、この後にもう一件更新がありますが、同じようなネタだったりします。

本当はここの追記に入れたかったんでありますが、流石に長くなりすぎたでありますw



そんなわけで。ノシ



ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村俺の妹がこんなに可愛いわけがない
f0186726_1964840.jpg

[PR]

by rikipedia | 2010-12-28 23:34 | 歴史バカの日記

<< リキペディアは普通か否か? 再試の結果を発表しよう! >>