外国の地名なんてシルカ!!   

本日あったのは「工業力学」「地理」





まぁ、どっちもどっちといった出来。






地理は社会に分類されるので、リキペディアは得意なんだろう?ということを言われましたがとんでもない。




むしろ逆です。















だって、外国の地名とか全く馴染みないw




え、カルスト地形は石灰岩地域がどうので、中国のコイゾン(塔状カルスト)が有名?

丸い小さなくぼ地がドリーネでそれが集まってウバーレ?









いや、知らん。知らんww
















・・・ともあれ、全く知らないわけでもない。





例えば、ノルウェー・フィヨルド。




リキペディア
(あぁ、確かフィヨルドは軍艦を秘匿するために使うのに適した地形だったよな・・・)









例2、フィンランド・氷河湖。




リキペディア
(森林が多い地形だから伏兵に向く国だよな。うん。あ、モッティ戦術とかも有名よねw まぁ、でも氷河湖が多いから車両による侵攻が・・・ry)








と、まぁ、何かと関連付けて覚えるリキペディアであります。







以上、「カタカナと英略語は軍事用語に見える」


リキペディアでした!\(^o^)/








例えば、「ATM」と聞けば「Anti Tank Missile」(対戦車ミサイル)とか・・・。




数学のベクトルAP「armor piercing shot and shell」(徹甲弾)とか・・・。







工業英検があるなら軍事英検があってもいい。


さてさて。ではでは。















追記。


五大湖の一つ、「スペリオル湖」
















覚え方。


まっがーれ↓スペリオル






これで覚えられたんだから俺は神w



ぽちっとお願いします!!\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by rikipedia | 2010-09-15 23:21 | 歴史バカの日記

<< 相互リンクのお知らせ! はい、俺死んだ~\(^o^)/ >>