序章:「開戦前夜」   

2010年・6月7日・午後17時48分。



とある一室にて。






副官
「司令。敵軍は目の前にまで迫ってきております」


参謀
「我が軍との会敵予想時刻は明日の午前9時前後かと」


リキペディア
「敵兵力は?」


副官
「はっ。敵軍、機工法Ⅱ級陸上戦艦を先頭に、応用物理級陸戦艇が続いております」


参謀
「単刀直入に申しますと、我が軍にはこれに対抗しうる戦力はございません」


リキペディア
「6割の撃滅も厳しいのか?」


参謀
「遺憾ながら。・・・4割撃滅できればよい方かと」


副官
「味方の過去問級爆撃機もまだ到着しておりません」


リキペディア
「そうか・・・では、全軍に以下の電文を通達」


副官
「はっ。どうぞ」


リキペディア
「防御に徹し、明日以降の戦闘に備えよ。この戦場は放棄する」


副官
「了解しました」


参謀
「閣下、ご武運を」


リキペディア
「我が軍に栄光の光があらんことを。 ジーク・メモリーズ」


参謀・副官
「ジーク・メモリーズ!」




さてさて。ではでは。


















追記。


遂にやってきました。



開戦前夜。





さて、我が軍は明日、機械工作法Ⅱ応用物理との戦闘を行います。


双方ともに、過去問のない厳しい戦いであります。







・・・ってか、誰か私の機工法Ⅱの教科書知りません!?



自分、機工法Ⅰの教科書なら2冊あるんで、誰かと入れ替わったんだと思います。


ってなわけで、機工法Ⅱの教科書、裏を1ページめくったところにリキペディアの名前(本名ですよ~)が載ってるので、見っけた方、まぁ、遅いけどリキペディアまで~~!




ぽちっとお願いします!\(^o^)/


ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-06-07 19:01 | 歴史バカの日記

<< 第一章:「白紙の解答用紙」 え、休み終わりなの? >>