リキペディア氏、ストーカー容疑で逮捕。   

まぁ、昨日のことです。






午後8時過ぎ。


塾が終わり、帰途に就いたリキペディア。









塾から明野寮までは「明野台地」と呼ばれる長い坂を登り続けなければいけません。


それに加え、街灯も少なく真っ暗に近いです。









・・・で。


その明野台地の坂登りを開始してすぐ。





信号待ちをしていたら、横断歩道の向こう側、リキペディアから見て右側から女子高生(セーラー服だから中学生と言うことも否めないが以降女子高生とする)が出てきました。





んーーっと、こんな感じ。


f0186726_19295015.jpg












えーーあー・・・。


俺も同じ方向なんですが。











その女子高生、登り坂なので自転車を押して歩いてます。

その上、ケータイに集中してます。












つまり。

歩くのが半端なく遅い。












対するリキペディア。


移動時は早歩きが基本の人間です。



それに早く帰りたいです。











自然、女子高生に追い付きます。



ですが、前方には女子高生が自転車持って歩道の7割占拠してます。








まぁ、追い抜かしてもいいんでしょうけども。













何か気まずい。
















仕方なく、ついて行くしかありません。




・・・と、その女子高生。











いきなりこっちを振り向きました。











暗いので顔の特徴とかは全くわかりません。








・・・ですが。






暗い夜道。


人通りなし。


後ろに不気味な男。


しかもついてくる。











さぞかし恐怖。








ですが、リキペディアにゃそんな気は全くありません。



こんなことで、しかもこんな人生の序盤で前科はほしくないです。













しかし、女子高生。


何回も振り向いてきます。










・・・いや! だから何もしませんってば!!




ってか、振り向かれる度ビックリするんですが。







それよりも自転車に乗って走り去ってくれーー!!









そんなこんなを約10分間。



ようやく明野台地の上の方。





今まで通ってきたのは結構広い道。

車道の隣にあった道です。








ですが。

寮へ戻るには、その車道にそって行くよりも少しそれて歩道に入った方が近いのです。








で、その道は今まで通ってきたよりもさらに真っ暗。



なので、利用する人もそんなにいない道なんですが。









なぜそこに入る! 女子高生!!







リキペディアもそこ通らなきゃ帰れません。


当然、後に続きます。









すると、女子高生。


またも振り返ります。













だから・・・俺なんもしねぇって・・・・・。







と、思ったのと同時に自転車に乗ってササーっと走り去る女子高生。





なら、最初から自転車に乗れよ!!











・・・以上、もしかしたら「この顔にご注意」的な不審者扱いされるんじゃないか。

リキペディアでした。


さてさて。ではでは。
















追記。

まぁ、こんな感じに結構細い道で前方にゆっくり歩く人がいたら結構困りますよね。





皆さんはどうやって対策と言うか、怪しまれないようにしてますか?



ってか、逆に女性側からしたら、こんな感じになったら無理にでも追い抜かした方がいいのか、それとも大人しくついて行った方がいいのか。






そこんとこ、教えていただいたら幸いです。


ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-05-21 19:57 | 歴史バカの日記

<< 宝くじだぜーー!! 熱烈! 球技大会!! >>