今日は文芸部室で壮絶なバトルがあった。   

4月30日。



また、教室でピーSPやってるH瀬殿を置いて、ぼんやりと部室へ向かう。


学生課に鍵を貰いに行くと、既にH田さんの名前があって鍵を受け取ってるようなので部室へ向かう。




S科全員が行くのなら、N上氏が名前を書くから・・・ってことこは部室にいるのはA野さんH田さんかな・・・。


いや、S科女子はM近さんもいるけど、あの寮嫌いの彼女がGWにリキペディアみたく帰らないなんて絶対にない。


ってことは残るはその二人だもんな。うん。



まぁ、GWで1週間合わなくなるし、顔合わせだけでも行っとかなきゃなぁ・・・。







ってなわけで、部室に行く。

ドアのガラス越しには確かに女子二人が見えた。



当然、H田さん。














それと見知らぬ方

















え、誰!?


二人で仲良く絵描いてるけどさ!!





いや、このくらいで慌てちゃいかんぞ。リキペディア。



ここはひとつ、冷静にだな。





「よっ。 ちわ~」



若干に微笑みながら挨拶だ。
(ニヤケながら、という表現でも可)








・・・。






・・・・・・・・。






これって、マジであれだよな。









なんか。


マジで新入部員キター。












B場ちゃんH瀬殿「見学すら来ないから誰も入らないなw」って言ってたのに!!









と、そんな中、H田さんがしゃべる。






H田さん
「で、入るの入らないの?」













え、それいきなり聞くの!?


ってか、それ恐喝じゃね!?












新入部員
「えぇ。入ります」

















入ったーー!!



なんか、某団長が某小柄巨乳未来人を占拠した某文芸部に無理やりつれてきてへんな団体に入れた感じじゃないか!









H田さん
「じゃぁ、携帯番号教えて」

















手際いいなぁおい!



なんか、事態がどんどん進むから、俺の頭じゃ追従できんわ!!


・・・ちなみに、進入部員の名前はW辺さんというらしい。






頼む! 早くH瀬殿来てくれ・・・!!








そして。









静まり返る部室。
















誰かなんかしゃべってよ!!









そうだ。ここは俺がしゃべるしかない!

そうだ、そうだよな。うん。





ここに、女子と初対面の人が苦手なリキペディアが、両者を兼ね備える新入部員がいるこの場を何とかするために口を開いた!








リキペディア
「そういや、予算のことだけど・・・」


















新入生関係ねぇぇ!



もう少し、新入生に関与すること言えよ!!





そんな会話は適当にH田さんとの間で処理。









えーえーえーーー。


また、黙ってしまうぞ。


何か言え! 俺!!














リキペディア
「あ、H田さん、ケータイ壊れたんで連絡はパソコンにお願いします」

















新入生に超関係ねぇ!!




H田さん、って呼んでるし!!!


危機対処能力が限りなく低いぞ!?










そんな中。




「こんちわーー」




と現れたのはメシア!!
(メシア・・・2年生のT中君のこと。文芸部の中で英雄視されてることから)








助けてメシア!



この文芸部の空気をどうにかしろ!!!


















メシア
「あ、N上先輩います?」

















N上氏、いねぇ!!


残ってろよN上氏!!







で、数分、ケータイいじってたメシア。












メシア
「あ、じゃぁ、失礼します」


















帰ったぁーー!!


文芸部、用済みだぁぁ!!

イラスト担当からは英雄視されてるけど、リキペディアの英雄にはなってくれなかったー!!















さて。

静まり返る文芸部室。







いや、本来、これが文芸部として正しい部室の風景なんだろうけども!








なんていうか・・・うるさくない!










正直、帰っていいかな!?


まぁ、帰ってもすることないけど!




でもさ、でもさ!!


最初、部室に来てこう言ったんだわ!




「寮生だし、帰るのは一番最後の人と一緒でいいよー」















帰れねぇぇ!!


俺、この二人帰るまで帰れねぇぇ!!














あぁ・・・・部室が静かだよぅ・・・。




H田さんはこっちに背を向けて本読んでるし。

新入部員・W辺さんは黙々と絵描いてるし。










で。

5時。










荷物をまとめ出すH田さん。










ちょ! やめて!!


俺を置いてかないでくれ!!







俺人見知りよ!?

見知らぬ新入部員と二人きりなんて、雰囲気に押しつぶされるって!!







そうだ!


ほら! アレだ!!

今度、オマイの好きな午後の紅茶(ストレート)おごってやるからさ!?


だから、後輩帰るまでここにいてくれって!!









・・・という、俺の願いを物凄い圧縮率で視線に込めてH田さんに送った(睨みつけた)けども、想いむなしく、いともアッサリ「お疲れ様~」と帰る本田さん。




え・・・。









ガチでどうしろと?










えー。

えーー。



空気が重いのもアレなので、5時10分になったのを踏ん切りに自分の席から立ち上がり近くまで行ってみます。


そうです!

まずはコミュニケートです!!







新入部員
「あ、どうかしましたか?」

リキペディア
「いや、どんな絵描いてるか見てるだけー」

新入部員
「あ、そうですかー・・・」








・・・。





・・・・・・・。






会話終了。









なんか、真面目に絵描いてるんです!

極力自分の低い声で威圧してしまわないよう、軽いノリで言ってみましたけども!!




会話が続かないよ!!








しかし、取り急ぎ頑張ってみる。






リキペディア
「本当は部室、いつもはうるさいんだけどさー」

新入部員
「へぇ・・・そうなんですかぁ・・・」








・・・・。





・・・・・・・・・・。







もう、俺殺して!!



なんなのこの部室!!!





もしかして、これから毎日こうなの!?




さっき、新入部員に真面目なとこ見せようと「寮生だから毎日いるよ~」って言ったぞ、俺!!


なんで、自分の首絞めてんの!?















で。





新入部員
「あ、5時40分過ぎたので、失礼します」




そう言い、慌てて荷物をまとめてたったかと帰る(逃げ出す)新入部員。






あぁ・・・死ぬかと思った。


さてさて。ではでは。















追記。

そのあと、カギを返しに学生課へ行くと既に真っ暗。施錠済み。







このお役所仕事め!!


5時になったからって帰ってんじゃねぇ!!





ってなわけで、部室のカギを返せずに現在リキペディアが所有。

「文芸部」って書いたキーホルダーに、なぜか3つも同じ鍵があります。



不思議。不思議。


ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-04-30 19:58 | 歴史バカの日記

<< ペプシ・新登場の味を体感すべし! 女性曲、下手だったら罰金なw >>