ボスボラス海峡航空戦   

いままでのあらすじ



外交摩擦を機に、国境に位置する中立国ヴォースを獲得するために軍事行動を起こし始めたリキペディア連合軍。


それを阻止すべく、中立国保護のために軍事介入を決意したかっかみ連邦軍。




前回までの戦闘の様子はコチラ







現在の主戦場は中立国北部の島上空。


南部の島は既にリキペディア連合軍が占領を終えており、その勢いをかって北部の島を占領中だったかっかみ連邦軍を襲撃したためである。





簡易地図。

f0186726_22582958.jpg







この地図を見てわかる通り、戦場はかっかみ連邦本土・占領した島に近く、それに対しリキペディア連合軍は本土・島のどちらにせよ、長駆進行を強いられていた。



そのため、帰還するための燃料を確保せねばならず、それはつまり戦闘空域に長くとどまれないことを意味していた。


結果、戦力の低下を意味する。





それに対し、かっかみ連邦軍は本土で生産した航空機を島に飛ばし、戦闘を行い、燃料・弾薬の補給はその島で行うことが出来る。


この差は大きかった。





実際の戦闘でもラバウル航空隊がオーストラリアまでの長駆侵攻を強いられ戦力を消耗したことは有名である。



しかし、優勢と思われたかっかみ連邦も1つだけ泣き所があった。


それは工業生産高。




周知の通り、リキペディア連合側は南部の島の占領を完了しており、そこで得られる資金・資材を航空機生産にあてることが出来た。


だが、かっかみ連邦はリキペディア連合に邪魔されていることもあり、島の6割ほどしか占領を完了していない。



さらに、占領したばかりの都市からは得られる資金が低く、それを増大させるには工作車を使って建築を行うしかない。

だが、それさえも満足に行えていないので、リキペディア連合との工業生産高の差は時間の経過とともに大きく影響した。



つまり、戦力はほぼ拮抗している。





数で攻めるリキペディア連合軍。

地の利を生かし質で攻めるかっかみ連邦軍。







リキペディア連合軍がかっかみ連連邦軍の戦闘機を撃墜すれば、負けじとばかりにかっかみ連邦軍も戦果をあげる。


その結果、主戦場たる北部島上空では連日のように激戦が続き、両軍の航空機喪失数は合計200機以上にも及んだ。


それは双方にとって、意図しないものであった。





リキペディア連合軍首脳部は、かっかみ連邦軍が早期に島を放棄すると予想し、できるだけ攻勢をかけた。


かっかみ連邦軍指導部も、頑強な抵抗を示せばリキペディア連合軍は攻略不可と判断し、戦力回復のために撤退するものと予想し、徹底抗戦を続けた。


双方の相手に対する「期待」から、戦闘は長引き損害は拡大していく。







その戦闘の最中、リキぺディア連合軍は強引な解決策を講じた。


なんと、戦闘機隊が消耗し合っている間隙を突いて、輸送機から歩兵部隊降下作戦を実施したのだ。




歩兵部隊が真っ先に占領したのは島の空港。


かっかみ連邦の歩兵・工作車部隊は占領作業のために島の北東へ行っており、中央の空港がある地点は手薄だったのだ。


そのため、歩兵部隊は迅速に空港の占領を完了することができた。





これは、今度はかっかみ連邦軍が本土からの長駆侵攻を迫られ、リキペディア連合軍は最大の橋頭保を築いたことを意味する。






地理的に優位に立ったリキペディア連合軍。


北部島の空港を抑えられ、現地歩兵隊と本土からの戦闘機隊が分断されたかっかみ連邦軍。




しかし、かっかみ連邦軍は既に次の作戦を用意していた。

その驚くべき作戦とは・・・?



さてさて。ではでは。















追記。

お馴染、「ゲームボーイウォーズ3」の対戦日記。


かっかみさんは最初こそ初心者でしたが、プレイを重ねるごとにどんどん成長しております。



いやはや、リキぺディアのプライドにかけて負けるわけにはいかんのですが、いつかは打倒されてしまいそうで・・・。


なんというか、友人が成長していってるのをその強さで体感してるのは、ドラクエで主人公たちがレベルアップしてるのを見てる気分、というか、モンスターファームでモンスターを育てている気分というか・・・で、なかなか楽しいもんであります。


いやはや。

自分も負けるわけにはいきませんな。




最後に、現在の状況。

f0186726_23554892.jpg




これからどうなることやら。



ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-04-12 23:57 | 歴史バカの日記

<< ブログネタ:疲れを感じる瞬間は!? ブログネタ:いっぱい食べる女子... >>