マゼラアタックVS61式戦車   

今回評価試験を行うのは戦車です。




「・・・え、前回宇宙艦とかいう大規模なものを選んで置きながら今度は戦車ってなめてんの?」



とかいうことは言わずにまぁ、楽しんでいってください。





・・・さて、では行きましょうか。











・・・と、言いたいところなんですが。





正直。



勝敗が決まりきってます。






・・・いや、どう考えてもこれは61式戦車の方が優秀です。





え、マゼラアタック?





何それおいしいの?







リキペニウム
「いや、戦車だから美味しくはないだろ」




・・・はぁ、正論で突っ込むなんて面白くない。



いや、リキペディアはタイトル画像のように、ジオン公国を限りなく愛し心酔する者。

よって、ジオン兵器大好きです!!


カッコいいんです!!


・・・ま、ですが今回くらいはそんな固執せずに正当な評価を下してみようと思い。<(_ _)>






さて、では。

勝敗決まってますが行きます。



なぜかって?






他に書くことないし。







では。


マゼラアタック





ジオン公国軍が使用する主力戦車。

高価なMSを補佐するために生産。





なんと、全高が6m。






正直、これだけでも敗者決定。







戦車とは、2つの理由で全高が低くなければならない。



1つ。

敵に見つからないため。


2つ。

被弾個所を減らすため。




大きい、というのは発見されやすく被弾し易い。

いわゆる的。




そしてそして。

マゼラアタックは下部の「マゼラベース」と上部の「マゼラトップ」とに分けられる。



で。


上部マゼラトップはVTOL飛行によって「離脱」することができる。



つまり、砲塔が空飛ぶ。




何と言うトンデモ設定。

まぁ、しかし、VTOLで飛行できるのはわずか5分で、砲撃の姿勢も安定しない。






何のために分離したんだ。








しかも、その機能のため。


砲塔は旋回不可







・・・あの、それって。


自走砲?





戦車とは、360度旋回可能な砲塔を持ち、敵主力戦車に打撃を与えうる主砲を装備し、機関銃程度ではビクともしない装甲を有し、履帯によって移動する兵器ではないのか!
(明確な定義はないです)


特に砲塔が旋回しないと言うのは、戦車に於いて一番大事な機動戦に不向きということであり、そのような兵器は後方で自走砲と呼ばれるのである。


真正面にしか攻撃できない兵器など戦車ではない!!




しかし、主砲はなんと175mm!!



現在戦車の主砲が105mmや120mm程度なことを考えると破格な設定だが、大きさが大きさなので、そこはスルー。


そして35mm(一部で30mmや33mmの記述あり)の3連装機関砲を1基装備。

こんだけ大きな機関砲なら装甲車は言わずもがな、戦車でさえ穴をあけられそうな威力。





しかし、これも前方だけ実装。


・・・まぁ、戦車でこれだけの機関砲を360度回せるようにしろ、というのは難しいんですが。
(主砲が35mm機関砲というのならば簡単)




ってか、砲塔が旋回しない戦車が機関砲の有効射程距離まで近づかれちゃダメです!!


コイツは遠距離での援護に徹するべきです!!




幸い、コイツの主砲は175mm。

WWⅡの牽引式重榴弾砲でさえ155mmとかが主流だったんだから十分使えるぞ!!









で、次に61式戦車。
読み方は(ろくいちしき戦車)


コイツは昔、詳しく解説しましたので、その時の記事に詳細は任せます。
(その記事へはココをクリック!!)



・・・ま、ここでは簡単に説明を。



えーー。


主砲は155mm連装砲。


これが360度ちゃんと旋回します。






これだけでももう61式戦車に軍配をあげたくなります。


ま、マゼラの175mmにも驚きましたが、実用の戦車でさえ120mmの主砲が多数なので、155mmという主砲は素晴らしいもんです。

それがさらに連装砲、というのだから驚き。



そしてそれが小さな砲塔に収まり、旋回までする。



まさしく、存在すれば最強のMBTですね!!




そして、不整地走破性能は90km/hを超える。





・・・なんですか、これ。

まさしく化け物じゃないですか。






しかも、この「陸の王者」を動かすのに必要な人員はたった2名。




・・・まぁ、2名、というのはいいのか悪いのかは判断しずらいところです。

例えば、戦車の偽装や修理、整備、その他色々なことを行うのに対して4人と2人じゃ1人当たりの作業量が倍違いますし、単位時間当たりの作業量だってそうです。


人員削減=兵力増強というメリットもあれば、人員削減=戦力減というデメリットもある訳です。





・・・ま、というわけで。








旋回できない戦車と旋回できる戦車じゃぁ、回避率に大きな差があるので、どう考えても61式戦車の方が優秀です。






マゼラアタックには、遠距離からの不意打ちで敵に打撃を与え、敵に反撃される前に撤退する、という一撃離脱の戦法をお勧めします。



61式戦車には、相手の照準が定められないよう、蛇行機動と散開を取りながら相手の側面へ移動し、攻撃する戦法をお勧めします。



さてさて。ではでは。
















追記。

戦車のゲームやったことはわかるかと思うんですが。



砲塔が旋回しない戦車って使い難いですよね!




何せ、回避運動を取りながらの射撃ができません。

砲塔が90度でも旋回するのならば、相手を中心にしてぐるぐる回りながら射撃という方法がいいですよね。


砲塔が旋回しない戦車(戦車というよりは自走砲か駆逐戦車?)は敵に対して近付くか後退しながらしか撃てません。

敵に接近すれば被弾率は上がりますし、後退しながらでは命中率が期待できません。





えー・・・。コンバットチョロQ「THE ~戦車~」しか戦車ゲーやったことのないリキペディアがお送りしました。


ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-03-26 03:48 | 歴史バカの日記

<< アムロ高校に行ってみたw チベ級高速重巡洋艦VSサラミス... >>