再試パラダイス☆   

さてさて。

まずはコドモノミカタさんからのBUMPということで!


「ダンデライオン」!!






次にMattunさんの「カーマは気まぐれ」ですが。

えー。動画はあったものの埋め込みが出来ない仕様だったので、リンクを張り付けておきます。

申し訳ありませんがそちらをお願いします。<(_ _)>


「カーマは気まぐれ」


さてと。


本題に入りましてーー。



現時点での再試数は3教科。




英語線形化学だ。



勿論、微積も入るので4教科受験することになるだろう。






・・・ちなみに専門教科である新機工法はレポート内容不十分と言うことで単位喪失が確定。




既に2単位がないわけだ。







・・・まぁ、それは去年も同じで、専門の1単位を喪失したまま再試に臨んだわけです。




去年はそれに加えて数Ⅰと英語の再試も落ちてたので、合計9単位喪失したまま2年生に上がると言う、なんともまぁ危険な綱渡り。苦笑。





今年も似たような状況ですが、去年よりも悪化しておりまして。





まず一つ。

専門の喪失単位が2単位に倍増。


割合でいえば2倍に増えております。




・・・大丈夫なのか?





そして二つ目。


化学がある。


去年は化学の点が悪くなかったので再試受けてません。

もし受けてたら範囲1年分なんて絶対無理ですた。


・・・え、無理じゃね?






・・・。



決して楽観視してませんが、線形の再試は合格するでしょう。



となると、残りは微積・英語・化学の3教科。


そして既に失った2単位。



これらを合計すると13単位となり、留年確定。



M科は確か10単位程度で留年するわけで、となれば化学を取っても安心はできない。





つまり!!


英語又は微積の再試を合格する必要があるのだ!








リキペニウム
「な、なんだってーー!!」






・・・古いネタありがとう。



まぁ、これは言うにたやすいが、去年の再試で両科目とも落としている(数Ⅰの先生=微積の先生)ので、実際問題どう転ぶかわからない。



もしも、微積のテストがよければ再試を受けずに済むが・・・。





リキペニウム
「それはないな」







うん。

そーだよね。


俺もそう思うけどハッキリ言うのはどうかと思うんだ・・・。





つまり、微積ないし英語を片方取ればとりあえずは大丈夫。

両方取れば文句なし。




なんだ。簡単な話じゃないか。











・・・で。

どっちを取る?




両方を中途半端に勉強するぐらいならばいっそ片方を見捨てて勉強するのもあり。




・・・でも。


どっちを勉強すりゃぁいい?





英語は世間一般的にみると簡単だ。


しかし、英語嫌いが根付いた俺にとって英語の勉強ほどやる気の出ないものもない。




ならば微積は?

英語に比べれば解いている瞬間の楽しさといったらない。





やっぱ俺も理系だなーーとか思いつつもここで問題。


難しい。


微積は単純明快ではない。

入り組んだ式を解きほぐすのは楽しいがその式を解きほぐす解法にひらめかなければ全く持って意味不明。





お、俺は!!



どうすればいいんだぁぁあ!!



さてさて。ではでは。













追記。


ちなみに、この計画の根底には「線形を取ったら」と言うのがあるので、もしも線形を落としたりしたのならば英語と微積を両方取らなければならない。


それはいわゆる死亡フラグ。


どどどうしよう。

ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-02-27 18:49 | 歴史バカの日記

<< やはり軍事オタク。 ニュース:「運動できる子は頭も良い」 >>