最終決戦 「菊水」 発動。   

本日、会敵した倫理・製図両騎兵部隊。



製図騎兵隊はその機動力を生かし、準備不足な我がリキペディア師団を苦しめるも、わずか1時間ばかりの戦闘で大勢は決し、リキペディア師団は快勝した。



続く倫理騎兵隊は、我が秘密兵器である、対倫理用兵器「カ・コモン」によりいともたやすく撃破。



この日の戦闘は全く以って順調に進んでいたと言えよう。








問題は明日の最終決戦。


殿を務めるは、敵、微分積分機動艦隊。





我がリキペディア師団をまるで蟻塚を崩すかの如く粉砕してきた艦隊である。


これに際し、我がリキペディア師団は「決戦」を発動。





作戦名「菊水」



その名前に相応しく、生還を前提としない作戦であり、まさに決死の作戦と言える。

この決戦に、リキペディア師団の持ちうる艦艇は全て参加(散華)するのである。




制空権のない、今。

艦隊だけの突入に疑問の声が多く上がる中。


リキペディア師団の臨時編成された艦隊は着々と出撃準備を続けていた。





さてさて。ではでは。















追記。


昨日。


「軍事ネタでブログ書けって!」という要望が某友人ことNモルからありまして。





・・・いや、書くのは書くでいいんですが。


軍事ネタって書く人多いじゃないっすか。




彼らのパクるのはどうも気が引けます。

ってか、彼らの方が素晴らしいです。






あ~。面白いなぁ・・・と。


・・・なんて言うんですかね。


そんなディープに軍事突っ込んでない方々が書かれる軍事ネタ、というのはすごく新鮮で斬新。

また自由でもありまして、読んでて楽しいもんなんであります。






リキペディアの場合、本当に軍事っぽく書いちゃうから真面目くさくて面白みが出ないんであります。


例えば、この作戦名「菊水」


「菊」は天皇陛下の家紋であり、日本海軍全ての軍艦の艦首に菊の紋章が描かれ、日本陸軍全ての銃器に菊の紋章が描かれておりました。


そして、「菊水作戦」は沖縄に上陸しようとする連合国軍艦隊に対し特攻を行いまくる、という作戦。


その一環として、かの有名な戦艦大和が沖縄へ向けて出撃した作戦でもあります。



大和以下、軽巡、駆逐艦合わせて10隻と言う、開戦当初の日本軍の陣容はどこへ行ったのかと思うくらい、小規模な艦隊。

制空権のない艦隊は坊ノ岬沖で航空機によって壊滅。

傷ついた駆逐艦数隻が帰還するのみと言うありさまでありました。




・・・という内容です。

知ってる人が見りゃ「あ、なるほど」なんでしょうけども、普通の人が見れば「へー」で終わりです。苦笑。





まぁ、そんなわけで。

明日、微積にてボロボロになって帰ってくるんでしょうけども。苦笑。


「全力で」見逃すわけにもいかず、まぁ、頑張って行きまっしょい。







「なんだ。オレンジか」 ぽちっとお願いします。
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-02-23 21:16 | 歴史バカの日記

<< リキペディア終戦記念日 ブログネタ:柿ピーの柿とピ... >>