やっぱり軍事オタク。リキペディア。   

さて。



今日の授業のことですが。




まず。


一時限目:情報


制御変数 I を使ったプログラミングを行っておりましたが。



その時。

「sum」という記号。



それを聞いた瞬間!


リキペディアの脳が反応した!!





sum・・・?





えーっと。




Surface or Ship to Underwater Missile
(水上艦発射対潜水艦ミサイル)


・・・の、SUM?






・・・あ、いや。


読み方が同じならばSurface-to-Air Missile
(地対空ミサイル)


・・・のSAM?



・・・ちなみに、後者の場合。

その装備を有した基地のことを「SAMサイト」と言いますが・・・・







リキペニウム
「ちょ、おまっ・・・黙れ」







・・・あぅ。


怒られてしまった・・・。





・・・コホン。

と。まぁ、リキペディア。


通常授業中に軍事用語出ようものならすぐ反応します。

・・・以前、化学のCa(カルシウム)CA(重巡洋艦)と言い、Cl(塩素)CL(軽巡洋艦)と言ったのと同じ系列です。





・・・授業によって違いますが、その時・その時に隣の席になった方。


しばし、リキペディアのうんちくを聞く羽目になります。




そんな時は、軽く受け流すか適当にうなずいてやってください!



で。

・・・続く3時限目の線形代数。


f(P)という行列のベクトルがあり、それがA(P)というベクトルに変換できる(線形変換)時の講義にて。






リキペディア
「軍事ではAPは徹甲弾って意味であります!」







・・・と、例にもよって隣の席のやつに言い放ちました。苦笑。




えぇ。

W辺君ですね。苦笑。



確か、あなたは1時限の情報の時にもSUMの話をしましたね。苦笑。







サーセン。<(_ _)>









・・・と、謝りつつもリキペディアの勢いはハンニバルのカンナエの戦いのごとく突き進んでいくのであります。



リキペディアは同授業中にもう一回、AK(B)という行列に対して「アサルトライフルか!?」というボケを入れているが、分かってくれた人は多分いない。




・・・周囲はみんな「AKB48!」って言ってたんだけどね!

リキペディアには歌手よりも武器、ってイメージが強いのさ!!


さてさて。ではでは。












追記。


3年B組

リキペディア先生!





空対空ミサイルがAAMで、艦対空ミサイルがSAM。
(注:独り言)



地対地ミサイルはASMで、艦対地ミサイルはSSM・・・。
(注:独り言)







リキペディア
「はい、ここテストでまーす」






生徒たち
「やってらんねー」




ぽちっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2010-01-21 22:07 | 歴史バカの日記

<< ラノベ侵攻作戦 続・風邪の様子。 >>