以前、倒れた先生の。   



さってと。



本日、金曜日は国語の授業がありました。



はい。



前回の授業で保健室に行き、何かただならぬ出来事があった、I本先生の授業です。



・・・といっても、前回の授業が3週間前なんですがね。苦笑。

先週は学年閉鎖でしたし、その前は文化祭の準備でしたし・・・。




さてと。


まぁ、みんなもどうやら覚えていたようで。


先生が教室に入ったとたん、質問の嵐。



「先生! 具合はどうですか!」


「どこが悪かったんですか!」





・・・。


・・・・・・・・・・。



はい。


「悪い」前提です。




で、先生のお言葉。


「えぇっとネ。 ちょっとネ。 この前はネ」


「えーネ。 心臓がちょっとネ」


「発作が起きてしまってネ」






・・・・。


・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



えぇっと、はい。


初めての方。


一応、注釈です。


この先生、国語の先生だからか、語尾に必ず「ネ」が付きます。


まるで、文節分けした文章を聞いてるかのような感覚に見舞われます。



しかも、その総数は半端なく。



以前、自分が10分おきに1分間測定した結果では、1分の平均が13回ほど。


つまり、単純に考えて、90分の授業で1200回近くも言ってる計算です。



また、自分以外にも同じように測定した人は多く、1分平均15回だとか、90分全部で1000回超えた、とか、そんなある種の「武勇伝」をお持ちの先生です。





ま、そんな先生。

その聞き取りにくい「ネ」の連射から平均的な日本語に訳すと、「心臓の発作」というのが原因らしい。





はぁ・・・・。


いや、先生の年齢は存じませんが、結構大柄であるので、そういう病気とかだと結構心配なんでありますが。




大丈夫ですかねぇ・・・・。





先生のご冥福を・・・
・・・じゃなくて体調をお祈り申し上げます。<(_ _)>



さてさて。ではでは。














追記。


さて。

今日の国語の授業中。


作者の名前にて。




I本先生
「えー。 かがみ・・・」







ピクッ




・・・。


・・・見ると、俺以外にも顔をあげたのが数名。




らき☆すただ!

絶対、今顔あげたヤツ、かがみんと勘違いした!


・・・密かにそう考えて喜んでるリキペディアでした。





昨日、N森から7巻借りて読みましたよー。ポチッとお願いします。\(^o^)/
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-11-06 22:08 | 歴史バカの日記

<< 湯の町、別府に是非どうぞ! 仏陀再誕・映画券 >>