フランス軍め! マジノ線が邪魔だ!   

という訳で。


ドイツ軍で颯爽とプレイするリキペディア。



チェコ・スロバキアを攻略し、ポーランドをわずか2ヶ月程で降伏させ、続くスウェーデンも攻略。

そして、我が軍はフランスへ侵攻したわけだが。



どういうことだろう。



目の前にマジノ線が。






軍事辞書:リキペディア


「マジノ線」

フランスとドイツの国境線沿いに築かれた要塞。

長さ数十キロの要塞で、基地の機能はほとんどが地下に存在する。

巨大な大砲と機銃、強固な防御を備えた要塞で、第一次世界大戦の教訓を元に建造された。


さらに、マジノ線の北方にはアルデンヌの森があり、ここは歩兵では突破できないため天然の要塞となっていた。



さて。

史実ではドイツ軍、航空機の一点集中と戦車によるアルデンヌの森を強行突破したことによって、挟撃されたマジノ線はあっけなく崩壊し、フランスはわずか1ヶ月で降伏に追い込まれるわけですが。

まぁ、要塞だから、航空機にゃぁ脆弱です。




しかし。



え・・・。




航空機がない。


しかも。


戦車は大量に配備できるけど、目の前にはマジノ線の強固な防御ラインが。




はい。


退却するしかありません。



マジノ線の射程外に防御陣地構築しましたが、敵の航空機に対しては無力。


後方の砲兵陣地があっけなく蹂躙されていきます。




あぁ・・・。

フランス軍強ぇえ!




だって、正面切ってマジノ線と戦うのは戦車には無理です!!

早く航空機!!




あぁ・・・・。



リキペディアのご健闘をお祈りください。


さてさて。ではでは。








追記。


え?

あぁ。

「大戦略 ~電撃戦~」の話です。


これは2週目なのですが、1週目と進行ルートが異なっており、困っております。


あぁ・・・・どうしよう。


ポチッとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-10-12 22:56 | 歴史バカの日記

<< 原因不明の体調不良。 小説「魔法と科学」 後編! >>