リキペディアと彼女。   

え・・・・。


別段、彼女できた。とか、そんなんじゃないっすよ?


いや・・・・あまりにネタに困ったので・・・・・・。




えぇ。

まぁ、A子のことでも、書きましょうか?

ってわけです。


まぁ、某友人からも「A子のこと書けよーー」って少し前に言われていたので、まぁ、面白半分に書いてみますか。


えぇ。

ちなみに、A子宅にはパソコンがなく、ケータイも制限があった記憶があるので、このブログは絶対に見られません。

だから、書くんです。




え?
・・・陰険?

えぇ。

リキペディアは陰険です。


クルル情報参謀級に陰険です。




さて。じゃぁ、書きますか。


長いので、読みたい方は下にある「ホントに読むの?」をクリックしてください。






・・・・・。

・・・・・・・・・・・。

・・・・え。

えぇーーーー何を書けばいいんだろ。




・・・そういや、昨日N森と一緒にワイワイやってた時にメールが着て。

N森
「お、誰か?」

リキペディア
「B場ちゃん」

N森
「ちっ。つまらんなぁ」

リキペディア
「・・・何が来ればつまるんだ」

N森
「そうやな。A子とかやな」



と言う会話がありまして。


・・・えぇ。
まぁ、連絡先知らないんですがね?

だから、来るはずないってN森にゃぁ言ったんですが。

というわけで、そこの裏話でも。


事の発端は今年の4月30日。

まぁ、予告通りにメアド整理のために中学時代の方々全てにメール送ったわけですよ。


「メアド整理を行うので、残りたい人は1週間以内に返信お願いします」


・・・って。
まぁ、もう少し文面は丁寧だったわけでありますが、ニュアンスとしてはこんな感じ。


さて。
まぁ、そんでA子からは返信なく宣言通り消したわけですが。


ここまでは、表向きの話。


・・・さて。
なぜ、自分がわざわざ4月30日に行ったか。

ちゃんとした理由があって選んだわけですよ。


えぇ。
A子のケータイ。

実は1ヶ月毎に上限料金が決められておりまして。


つまり、月の終盤はケータイにメールが届かない可能性がものすごく高いんです。


それを知ってゆえのこの日付です。


・・・ま、でもそれは結局確率論であります。


もしかしたら、裏をかかれてメール着てたけど返信しなかった。ということもあります。
策士のA子ゆえ、どちらが起きたかは自分に知るすべはありません。

直接聞くこともできませんし、誰かに頼むわけにもいきませんからね。苦笑。




・・・まぁ、あれっすよ。
嫌ってるわけじゃないんです。



逆に思い出が痛いから突き放してしまうんです。



・・・なんて言うんですかね。

トルネコの大冒険やってて、今までパンだったのに、罠ですべて「腐ったパン」に変わったような感じですかね?

今までよかった分、変わった後が痛いというか・・・・。



正直、早く忘れたいわけでもありますが、不承、このリキペディア。

なかなか冷酷にはなりきれません。


本人、「人間は全て数式で表せる」なんて豪語してますが、意外とおもいきりの弱いヘタレ人間です。

決断力に乏しく、情に厚いのか間抜けなのか・・・。


まぁ、そんな人間です。
まぁ、なので、書いちゃうんですが、まだケータイのminiSDに写真やらメールやらが残ってたりするんですよね?
(夏休み明けてそのSDカードが行方不明だったり)





・・・正直、自分でも思いますよ。

「気持ち悪い」って。


「いつまで引きずるんだ」ともね。苦笑。



普通、終わったならばそこでキッパリと忘れて、次行こう!!

ってすりゃぁいいのに。


ってか、毎度毎度テストの点が悪い度そうやってきたのに。


なぜでありますかねぇ・・・・。


情に厚いのか、未練がましいのか。苦笑。

まぁ、後者だと思いますが。笑。


まぁ、上記理由でずっと寮に引きこもってるんですよ。

今まで言って来たように、家が嫌だ、ってことも本当です。


そして、会うのが怖いから、という「逃げ」のために寮に閉じこもってるのも本当。



そんな観点では、A子やM尻、K木といった仲のいいメンバーが進学した鶴見丘高校に行かず、高専に行ってよかったって思います。

まぁ、逃げてるだけなんですがね?


皆さん、ご存じのとおり、リキペディアは本当に、冗談抜きで現実逃避の天才。


いつまでもずっと逃げ続けています。

嫌なものは見ません。


さぁて、その対象が「現実」になった場合、本当に自宅警備員という選択しか残っていないような気もするんですが。苦笑。



まぁ、それでもあえて、自分はこう言います。


これでよかったんだ。


って。
どうせ、自分と付き合ってたところで、同じような破局の道しか用意されていなかったでありましょう。

ならば、思い出が少ない方がいい。
今でさえ、こうやって、ウジウジとウザいくらいにやってんならば、もっと長かったらどうよ?ってね。苦笑。


えぇ。大きな声でこう言いましょう。

自分は迷惑だった。別れて正解だった。自分がいない方が幸せなんだーって。


・・・・さぁて、そうやって自分を正当化してすでに1年と1か月。

記憶を消せる機械があれば、それを使用したい気分ですし、事故に遭えば記憶喪失するかなぁ・・・なんて考えると意図的に事故を起こしてもいいような気もしてきます。苦笑。



しかし、意外とリキペディアはこの世界に未練があるっつぅか、もっと美味しいもん食いたいし、ゲームしたいし、休日なーんもすることがなくて、無意味にベットで寝っ転がってるのも大好きなので、自殺願望とかはありません。


もう少し軍事についての知識も増やしたいし、30年後の日本の様子や42年後になくなる石油燃料ってのも楽しみです。

将来の夢とかって希望も何もありませんが、それでもとりあえず、生きておきます。





明日、また美味しいもんを食うために。

明日、また友人と限りなくどーでもいい会話するために。

明日、また眠いだけの授業を受けるために。

明日、またパソコンでゲームするために。

明日、また寝るために。

明日、また昔を思い出して感傷に浸るために。

明日、またブログを更新するために。


明日、またこうやって、平和だなーって言うために。








えぇ。
これら全て、リキペディアの幸せ、であり生きがいと言ってもいいかと。

そういった意味で、自分が高専に行ったことは間違いなくよかったわけです。


3年という短い期間ではなく、5年も同じ友人とワイワイやってられる。

来年も、再来年も、同じメンバーで、一つの教室に集まって、クラスの中心ってわけじゃないけど、楽しくやってられる。


えぇ。

・・・・・・時々、勉強しなくていいのかなーーって思うときもありますが。苦笑。



まぁ、こんな感じに「こんなこと思うようになったのも、A子のおかげだよなー」なんて考えつつ、思いでは思い出として、大事にしまっておくことにしましょう。


・・・えぇ。
間違いなく、A子は自分にとっちゃぁ「メモリーズ」ですね。

だから、感謝してるんですよ?


ま、だから忘れられない原因ともいえるんでしょうが。苦笑。



はぁ・・・・。
やっぱ、気持ち悪いよなぁ・・・いつまでもウジウジと言ってるのって。

あぁーー。
恥ずかしい。


なんて記事書いてるんだ俺は。苦笑。


ま、ってことで、今日はここまでーー。




さてさて。ではでは。<(_ _)>















追記。

やれやれ・・・・。

テスト前になって、なんでこんなにも感傷に浸らなけりゃぁならんのだ。苦笑。
ま、でも悪くはないんですがね?

面白かったら、ポチッとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-09-13 19:02 | 歴史バカの日記

<< 1万1千人突破! 相互リンクのお知らせ!! >>