戦争推進反対。軍備拡張賛成。   

さて。



戦争終結後64年が経過した今日。

終戦記念日とも、敗戦記念日とも言われておりますが。


・・・って。

まぁ、戦争が終わった日ってことで記念することはいいんですが、戦争に負けた日を記念するってのはどうでしょう。

一応は、自分の国です。


祖先、と言ったら大げさですが、それでもその時代の日本人が命がけで作って、命がけで守り、命がけで戦った国です。

それが負けたことを記念するとは・・・・。



そんなわけで、今日は戦争と軍備について考察いたします。







さて。

戦争が終結し、教育は戦前と180度方向転換。


忠君愛国の精神から、戦争大反対の教育へ。


まぁ、確かに。
戦争は政治の延長線上にある行為とはいえ、大きなバクチ。

勝ったとしても、大きな犠牲の上であればイラク戦争時のアメリカの様に国民から大きな批判を受けますし、勝ったとしても、余力を残した圧倒的勝利でなければ日清戦争後の三国干渉の様に、他の第三者から利益を奪われます。



で。
まぁ、確かに戦争はできれば回避するもの。


その精神だけは、現代日本人はどこの国よりも立派であると信じております。



しかーーし。


だからと言って、軍備を制限する意味が分からない。




大体の日本人は「軍隊=戦争をするもの」という認識であり、「=あってはならないもの」という考えです。


・・・。

・・・・・。


えぇ。


大変な間違いです。



もともと、軍備というのは、戦争をするものではなく、戦争をしないものです。


・・・・・。


・・・・・・・・。

あぁ・・・意味がわかりにくいですね。



軍備があると、どういうことが起きるか。


とにかく、最新鋭の装備と大勢の軍隊があれば他国から侵略を受けることがなくなるんです。


自然界でもよくありますが、「自分は毒を持ってるぞー」ということをアピールする魚とか虫とかっているっしょ。

軍備もそれと同じ。



自分のとこに強力な軍隊があるぞーーということが世界共通でわかってる国にはあまり戦争を吹っかけられません。

例えば、米英仏独露中・・・。


まぁ、米国は戦争大好きブッシュさんのせいで戦争を自分からあおってたりしますが・・・。




とにかく、「軍備」とは、「戦争抑止力」の意味で国家には必要不可欠な存在なんです。

日本の自衛隊、軍隊ではないということでありますが、戦争ともなれば防衛軍として機能するのは間違いなくこれでしょう。



そして。

陸上自衛隊の規模は総勢15万人。

航空・海上自衛隊の規模は各5万人。


合計、25万人。





知ってますか?


北朝鮮でさえ、保有する軍隊の数は100万人ですよ。




確かに、装備は旧式かもしれない。

しかし、4倍の数ですよ?



これで国防って・・・。

ねぇ?



さらに、軍備があるってことは、外交でも有利なんです。

なんて言ったって、後ろに軍隊の力、軍隊のカードが見え隠れしてるんですから。


逆に、軍隊がない国相手だと、「別にコイツに無理言っても、コイツは何もできない」っていう認識なんです。


北朝鮮から見れば日本ってそういう扱いなんですよ。


なにせ、自分の4分の1以下の戦力で、専守防衛(攻撃されるまで攻撃しない)という理念を持ってるんですから。

言いたい放題です。



外交は平等じゃないんです。
いわゆる、「ジャイアニズム」なんです。

力が強いものがすべてを制すわけじゃない。
でも、大体のことが一方的にできてしまう。


日本がアメリカの言うこと素直に聞いてるように。

朝鮮戦争への派兵・イラク派兵・ペルシャ湾派遣・・・・・。
全て、外交で後ろに軍備の力があったからですよ。




なので、確かに日本人の戦争嫌い精神は大好きです。

しかし、だからと言って軍備をなくすなんてアニメのようなキレイごと言ってると、いつか他国に侵略されてしまいますよ・・・?



戦争反対。

大きな声で言っていいです。


リキペディアだってそう言います。


しかし、いざというとき、自分の命を賭けて国を守る精神があるか?

それが軍備と戦争の違い。





戦争はあってはならないもの。

そして、戦争抑止に大きな力を持つのも、また軍備なのであります。




さてさて。ではでは。












さて。
軍隊を整えるには、自動車、製鉄、電子部品・・・その他いろいろな基礎技術が必要です。

ってことは、軍備整備は日本の大きな経済成長に貢献してるっす。
だから毎年毎年軍備の更新がどこでも行われてるんです。


国防費が高い?
まぁ、人件費高いから仕方ないんすよ。日本は。

それに、海洋国家ってのはそうなる宿命なんです。
当然、戦車より軍艦の方が高いですしね。


・・・まぁ、そんなわけで。
同調頂けたらポチッとお願いします。
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-08-15 15:00 | 歴史バカの日記

<< 「たわけめ! ここにたわけがお... 総員、黙祷!! >>