総員、黙祷!!   

総員、黙祷!!




さて。


終戦から64年たった今日。


我が別府市では、12時にいつもとは違う、サイレンが鳴り響き、それに合わせて俺は黙祷をささげた。


まぁ、家族のヤツらは、テレビ見たり、なんやらで黙祷捧げている人はいなかったんですが。

・・・まぁ。


その中でただ一人、東京方面(正確には皇居)の方角向いて黙祷捧げる俺も、俺なんですがね。苦笑。



まぁ、そんなわけで。


今日は、戦争と軍備について語ります。




で。

書いてたら結構長くなったので、別更新にしたいと思います。




はい。



皆さんも、黙祷をささげたでありましょうか?


唯一の被爆国、日本国国民として我々には戦争の痛ましさを伝える義務があります。



軍事オタクたるリキペディアでありますが、軍事オタクでいられるのはそれがバーチャルだからであって、現実世界での戦争なんてのは勘弁であります。


仮に兵士となっても、体力のない自分は生き残れそうにありませんし、将軍ランクの人間になったとしても、他人の命に責任を持つなんて大げさなことはできませんよ。



だってさーー。

将軍ランクってことは、自分の作戦で味方数万の命がかかってくるわけっしょ。


それに、オトリ役の部隊選べって言われても、それぞれにそれぞれの命があるわけっすから、とても選べる勇気なんて・・・ねぇ・・・?



戦争終わって遺族になんて言っていいやら・・・。



ってなわけで。

戦争はバーチャルで結構なリキペディアでしたーー。

さてさて。ではでは。











バーチャル・・・擬似体験だからこそ、作戦立てれますし、味方を見捨てることができるんですよ。
失われても、また「作れば」いいんですから。

しかし、実際の戦争では人間なんて作ることできませんしね・・・。


まぁ、そんなわけで。リキペディアと共に平和の祈りを。ポチっとお願いします。<(_ _)>
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-08-15 13:02 | 歴史バカの日記

<< 戦争推進反対。軍備拡張賛成。 海行ってきたお! \(^o^)/ >>