大分県の日食だ!!   

さて。


はい。



日食です!!



予定通り、自分は午前の授業を休んで、天体観測へ行きました!!

はい。

公欠ではなく、「サボり」扱いですが、数十年に一回のビックイベントの代わりに、一回程度の授業を休むぐらい、何とも思いません!!


それほどすごいものなんですよ!!
日食というのは!!


つーわけで。



はい。
今日の様子をつづります。




えーーえ。



若干遅れて、8時に起床したリキペディア。

部長さんからのメールで起床です。




部長さんによると、大分高専周辺の天気がおもわしくないので、別府に行こうか?という話。

まぁ、元より、部長にお伴することを決定した自分なので了承。



自分のクラスで、机に入れてあった観測用メガネを取り出して、部室前へ。


すでに、部長を含めた先輩2人がいて、天気の様子を観察していた。




さて。
自分、よく「天文部」と言っておりますが、それは正確にいえば間違いです。

正確には。

「気象天文部」なので、


「気天部」ガ正確であり、オーキャンや部活紹介でも気天部って言います。



・・・まぁ、自分のクラスには気天部知らない人が多いから、知名度が高いであろう天文部って言います。

今まで、「気天部」と言って通じたことはあまりありません。苦笑。

知名度低っ!!





さて。

まぁ、双眼鏡や、各種観測器具で観測する限り、この周辺の天候は1時間(現在8時半なので、日食が始まる9時30分までに)回復するのは難しいだろうと判断。


だてに名前に「気象」ってあるわけではありません。



という訳で、各種機材を車(ワゴンタイプ)に搬入し、最後に俺がバタンとトランクを閉める。


運転席に部長。助席に先輩。


後部座席の半分を天体望遠鏡が占領し、右はじに俺が座る。

・・・部長はどうやら免許取りたての模様。
初心者マークが初々しい。



さて。
それじゃぁ!

出発!!



威勢よく出発した俺だったが、とんでもないミスをしていたことには、まだ気づいてなかった。




高専を出て、すぐして。



部長
「うん・・・?Y田君・・・ドア開いてないかい?」

先輩(Y田先輩)
「えっと・・・」


そう言い、コンビニ前の交差点で停止した時を見計らって先輩はドアを一回開けて、再度閉める。
どうやら、半ドアらしい。


部長
「ふぅむ・・・おかしいな・・・」



まだ印が残っていたのか、部長は不安げに首をかしげる。
部長側のドアも違うし・・・俺のドアもきちんと閉めたし・・・・・。



ま・・・まさか・・・!!


俺はあることに気がついて後ろを振り返る。
部長に車を止めるように口を開くが、それと同時に車が発進。




・・・そして信じられない光景。



ガッ・・・


ドザアァァーーーーー





俺は見た。

後部トランクが開き、そこから山積みにされた機材一式全てが道路上に投げ出されるのを。




部長・先輩・俺
「・・・・・・!!!」

落ちる瞬間、すべてがスローに見えた。




慌てて車を止め、俺とY田先輩とで、道路上に転がる機材を回収する。
もちろん、すぐ近くを車が通る。


Y田先輩
「これで全部?!」


「は・・はい! 取り残しありません!!」

部長
「い・・いい、急いで荷物入れといて!!!」


「も・・・申し訳ありません! トランク閉めたのは自分です!」

部長
「いや、サインを見逃した自分だ。それより荷物を!!」


「はっ!!」





ンなわけで、みんな必死に働いて何とか部品や機材を回収して、車へ帰還。


はぁ・・・・。
いやぁ・・。


寿命縮んだぜ・・・。


まぁ、もしこれが高速走行中ならば大事故になっていた可能性もあるわけで・・・・。

発進直後だったから何もなかったわけで・・・。


はぁ・・・・。怖ぇよ車・・・。




で、途中で部長氏のお母さんを載せ、一行は別府サービスエリアへ。


別府サービスエリアは、曇ったり晴れたり、霧が出たりと天候は安定しなかった。

しかし、ここまで来たのだからと機材の設営を開始。



・・・・・。


・・・・・・・・・・。


人が沢山寄ってくる・・・


まぁ、三脚3つ立ててカメラ設置し、大きな望遠鏡、大きな双眼鏡を複数、それに何やらいろんな機材が入ったケースを沢山持ってるんだもんな。


そりゃ目立つっす。


まぁ、そんなわけで。


部長の厚意で周囲の人に日食用メガネ貸しまくったり、星や時間の解説等を行っていると・・・。


低く、薄い雲に覆われて。



で。

日食用メガネがなくとも肉眼で見えるという偶然。



おぉ!!
特殊な改造を行った双眼鏡じゃなくとも、普通の双眼鏡で見えるっす!!


まぁ、そんなわけで。


10時58分に最大の9割欠けを見て、12時頃には荷物をまとめて帰宅。




さて。

ここはサービスエリア。

戻れません。


ってなわけで、次のIC降りるまで、引き返せません。



さて。
次のICは?



湯布院!





・・・・。


まぁ、そんなわけで、湯布院までひょっこり旅行に行った我が気天部。


まぁ、IC降りたら即Uターンして大分米良ICまで。


これが長いのなんの・・・・。




眠いから寝たいけど、部長が運転してらしゃるし・・・。


えぇ。
頑張って起きておりました。



・・・まぁ、Y田先輩は堂々と寝てましたが。苦笑。



ってなわけで、大分高専に到着したのは1時5分。

走ればギリギリ欠課にならない時間(授業開始より20分すぎるとアウト)だけど・・・・。




えーーーえーー。


脳内予想。

「ギリギリ教室駆け込む」

      ↓

「絶対にヤジが飛んでくる(特にS藤君あたり)」

      ↓

「面倒だし、気まずいし・・・・。」

      ↓

「よし、休んじまえ」




ってなわけで、3時限目が終了する2時20分まで部室で読書してましたとさ。


まぁ、4時限目の特活だけ出る形に・・・。
予想通り、3時限終わって行ったらS藤君より「おまえ何今頃来てんだよ!」ってな抗議的文句つけられたし・・・。


あぁ・・・・。

まぁ・・・こっちが正解なのかな・・・・?



みんな特活サボればよかったのにって言ってたけど、まぁ、特活未履修だと問答無用で留年だし・・・。
まぁ、これ以後休むことなんてないだろうけどね。



さてさて。ではでは。





あ・・・・。
写真ですか?

えぇ。沢山撮りましたとも。
ケータイでも撮りましたが、いかんせん。画質しょぼいし、太陽小さいしうまく撮れてないし・・・。

まぁ、そんなわけで、気天部で撮った写真を載せますよ。
今、部長さんが整理作業に追われているので、終了し次第載せますので、どうかお楽しみのほどを・・・。






あと。
高専関係の皆様。

事故のことは内密にお願いいたします。<(_ _)>
読んでる方々を信頼して載せましたので・・・。

特に、運転されていた部長氏のためにもよろしくお願いします。<(_ _)>

さてさて。ではでは。
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-07-22 20:14 | 歴史バカの日記

<< 明日、決戦。 うはっは!! >>