深いのか浅いのかよー分からぬ。   

7月13日・月曜日


七夕からほぼ1週間経過し、週明けとなった今日。


自分は放課後を文芸部室にて過ごした。

今日は人生で最も睡魔軍が活発だったと言える日で、ほとんどの授業を寝て過ごした。


「では、お先に・・・」


そう遠慮がちに言い、文芸部室より帰宅したのはT中君。

文芸部の1年生である。



さぁて・・・。
今日は2Sは来ておらず、2Mもほとんどが参加していない。

部室に一人残った自分は読書をして寮食堂が開く5時半までの時間をつぶした。




・・・・さて。

5時25分。
いつものように、窓を閉め、施錠。
扇風機の電源を切り、ドアに鍵をかける。


さてさて。寮に戻ろう。



なんとなく、部室から出て少し歩き、左側を見た。
そこでは、野球部が活発に練習をしている。

と、こっちにボールが転がってくる。


この歩く速度だと、自分の少し前を左から右へ通過するだろう。
ボールが転がってきている先を見ると、1年生だろうか。走って追いかけているのがわかる。



俺は何となく駆け足をはじめ、授業と同じ要領でボールを拾う。
それを見て、足を止める野球部員。


俺はそれを精いっぱい投げた。



だが。

悲しいかな。
肩下げカバンをかけた筋力のない自分の肩では届くこともかなわぬ。

それに、方向も野球部員に対し、取り舵10度くらいずれている。


それでもその野球部員はなんとか受け取り、お礼を言いながらまた練習に戻って行った。




・・・ふぅうむ。
別段、わざわざ走って自分がとる必要のないボールではある。

しかし、それをわざわざ取ったからには、何か理由やら思惑やらあったわけで・・・。


・・・・・ふぅうううむ。
しかし、それに思い当たる節がない。


あれか?
目の前をボールが通り過ぎて、野球部員からにらまれたり居心地が悪くなるのが嫌だったからか?

しかし、まぁ、なんでわざわざ取ったんだろうか。





と思いつつも俺は何気にすがすがしい気分で寮食堂への足取りを速めた。











・・・・・・・・えーーーあーー。


今日、国語で創作大会なるものが。


で、調子に乗ったリキペディアは、その勢いで自分の周囲の生活まで詩というか、物語チックにするみたいです。

ま、そんな調子に乗ったリキペディアの創作大会。


・・・いかがでしょうか?




はい。
気持ち悪いですよね。



さてさて。ではでは。









先ほどの変換。
「捜索大会」
・・・何を捜索するんでしょうか。ポチっとお願いします。
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-07-13 19:58 | 歴史バカの日記

<< 幸福実現党 新党首挨拶 オタリーマン4巻!! >>