う、うぎゃぁす。   

ぎぃいいやぁあぁ!!



はい。
こんばんわ。

リキペディアです。



最近、席替えをして、みんなの名前がホワイトボードに書かれております。


で、何人かは名前を変えられてりしておりますが、自分のとこをいつか「リキペディア」にしてやろうと思ってるリキペディアです。

いや、てっとり早く自分で名前書き替えようかとも思っておりますが・・。




それはさておき。




さて、今日は6月30日、火曜日。ですな。

我が2M(2年機械工学科)は火曜の3限と4限に機械実習なるものが入っております。


まぁ、実習なので、それに機械科なので鉄削ったり溶接したりしてます。

この前書いた溶接もそれの一つ。


3週間ごとにローテーション。
40人を10人くらいに分けた班でやります。



で。
今回、自分らは「旋盤」と呼ばれるものにレッツチャレンジ。




って、まぁ1年のころからやってるんですがね。



旋盤ってのは、まぁ・・・。
電柱を作ると考えてくれ。

アレの片手に収まるくらいの金属の塊を作るわけだ。


鉄の塊を、旋盤にセットして、回す。
速度は大体300rpm(毎分300回転)


で、回ってる鉄の塊に刃物を当てて、削ってくってわけだ。
あ、もちろん、削れるのはもとから円柱状の形だけ。

四角とかだったら刃物が痛んでしまいます。



で。


やってしまいました。リキペディア。





まぁ、鉄円柱の端っこから「Φ31mm・25mm」って指導書にあって。


まぁ、直径31mmで25mm削れってわけです。


で、フンフーンと適当にやって直径25mm削りました。





で、次に直径31mmにするわけですが・・・。

まぁ、最初は直径が40mm近くあるから、結構削っても平気だねーー。


えっと、「25mmまで」だから10回くらい(1回で1mm削る)でも余裕だな!!



・・・とずんずん削って。


で、適当なとこでやめてノギス(定規よりもっと正確に測るヤツ。0・005mm単位で測る)で測ると、お。


29mm!


ほぉ。
ええーーえーー。25mmまでだからあと・・・4回くらいか?

そう思ってもう一回鉄の塊を回転させた時。


・・・・。


・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・??


・・・・・・・・・・・・・・・・・・????


あれーーーー。






直径31mmじゃん!!


がぁ!!

しまった!!





25mm直径じゃねぇよ!!

長さだよ!!



あぁああああ・・・・。orz




まぁ、ね?


「余ってる」ならまだしも、「足りない」はどうあがいても修復不可。




この世のどこに削った鉄の太さを増やす達人がいるというのだ。


はぁ。

やらかしたーーーー。




まぁ、そんなわけで、以後、先生の目にとまらぬよう、ビクビクしながら作業。

幸い、2mm程度なので、人間が意識せずに見ると大して気づきません。



はぁ・・・。
ちなみに、来週で3回目。

仕上げやって、先ほどのノギスやマイクロメーター(0・001mmまで測るすぐれもの)で寸法を測ります。



で。
ホワイトボードに。



「寸法誤差」


0・05mm以下 0点

0・10mm以下 1点

0・30mm以下 2点

0・50mm以下 3点


0・50mm以上 4点






もらえるんじゃない。
引かれるんです。

つまり、指導書に書いてある寸法からプラスマイナスずれると上記のように減点。

え、2mm?


4点・・・。



ってか、むしろ4点で済んでよかったって感じですよね。

普通に考えると、0・5mmで4点ならば俺は20点減点されてますよ?



あぁ・・・・。
60点以下はやり直しなのに・・・。



まぁ、そんなわけでリキペディア。

来週の授業が怖いです。ガタガタブルブル





・・・さてさて。ではでは。














先生が「長さはミスがあると思うから削らんで大丈夫よー」と言ったので、自分のは未だ84mm以上あります。
あれ・・・。先生、ここ80・0mmでは?
いいんですか?

それに、俺のミスは「太さ」。「長さ」ではどうにもなりませんが?
ポチッとお願いします。
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-06-30 21:50 | 歴史バカの日記

<< 第5回 「今日は何の日ー?」 リキペディアがキレた日。 >>