決戦結果報告。   

6月15日。月曜日。



本日。

大分高専2M第38師団(通称・リキペディア師団)は敵主力と交戦。


甚大な損害を被るも、これを撃退せり。








1時限目、高速機動艦隊「物理」との決戦。


公式型対空砲にて敵A問題型爆撃機を撃ち落としつつ、射程距離内まで接近。

砲撃によって敵B問題級大型空母を撃破せしめたり。


しかれども、砲撃の弾着観測の甘さゆえに、轟沈せしむること叶わず。







2時限目との間に束の間の平和到来。

予想外にも早く物理を撃破したために、化学に対する迎撃準備を整えた。








2時限目。大型重航空爆撃機「化学」との決戦。



先ほどの如く公式型対空砲で迎撃するも、そのほとんどは分厚い装甲に阻まれ、損傷を負わせることできず。

敵の派状問題攻撃の前に我が師団は苦戦を強いられ、撃退には成功したものの、戦果のほどは不明である。





ってなわけでハイ。


敗北です。


惨敗です。





物理は撃破に成功し、化学も撃退には成功したが、双方ともに撃沈はできておらず、また、明確なる戦果も不明。


もしかしたら、高速機動艦隊「物理」も無傷のままこちらが撤退してしまったのかもしれない。





さてさて・・・・。






つまり。

我が軍は勝ったのか?




戦果は不明ですが、後々、上層部から返答があるでしょう。ポチッとお願いします。
日本ブログ村「高専生ランキング」ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by rikipedia | 2009-06-15 13:03 | 歴史バカの日記

<< 羞恥心→求人誌 明日、決戦。 >>