テスト初日。結果報告。   

6月11日。木曜日。


我々、リキペディア機甲化大隊ハ、本日。敵、「新機械工作法」「世界史」ト接敵。


戦闘ヲ開始セリ。






八・五〇時~九・五〇時。
新機械工作。





一〇・二〇時~一一・二〇時。
世界史。




まぁ・・・。

そんなわけで。



ハイ。
まぁ、問題が簡単だったこともあり、両テストとも(多分)欠点は免れたかと・・・。

まぁ、60点以上だから結構つらい。


これが高専クオリティ。





ちなみに。

世界史をやり終えると、下の方に小さく。
「時間が余った人は世界史やその授業について、感想や要望があれば書きましょう」

ってあったので。












書きました。











20分以上使って。




・・・・テスト時間は総計1時間。

35分で終了し、残った時間のほとんどを感想に費やしました。


見直し?
あぁ。やってませんよ。
自分は感想書きたかったので、2枚目(B4)の裏を全部使って感想を書いてやりました。




大体の内容。


「私は基本的に文系なので、社会は好きです。

その中でも歴史が好きなので、世界史の授業を楽しく受けております。


ちなみに、私の好きな時代はWWⅡ(ワールド・ウォー・Ⅱ。第二次世界大戦)です。

どちらかと言えば枢軸国寄りの考えを持つ自分なので、若干ではありますが現在の

枢軸国のみを批判し、戦勝国だからと言って批判されていない米英に納得ができておりません。


まず、ヒトラーは偉大なる独裁主義国家の元首であり、プラトンの唱える「哲学の政治」

そのものです。私は、「独裁政治で珍しくも成功をおさめた元首」と考えております。


ヒトラーは戦争を引き起こした犯人と思われがちでありますが、ドイツを戦争に導いたのは

経済難であり、その要因と言えばWWⅠの勝利国、英仏が無茶苦茶な賠償金をドイツに

請求した事と、米国が引き起こした世界恐慌に他なりません。

それを数年間で解消せしめたヒトラー率いるナチス一党はもう少し評価されるべきでは

ありませんか?


日本側としても、東南アジアを占領した際、彼らを「独立国」としており(扱いは植民地だが)、

戦後の独立機運を高めたきっかけでもあります。


(以下半分ほどを省略)



・・・と言う訳で今後ともよろしくお願いします。」





・・・・・まぁ、そんなことを書いてやりました。

あぁ・・・・・・。

先生の反応気になる・・・。



これで粛清されたりしたら言論の自由で怒りますよ?

自分。



まぁ、こんな性格と思想持っておりますが、これからもよろしゅう。<(_ _)>





さてさて。ではでは。


日本ブログランキング登録中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
君のクリックが私のヤル気をあげる!!
日本ブログ村「高専生ランキング」
↑1日1回クリックよろしくです。
[PR]

by rikipedia | 2009-06-11 13:14 | 歴史バカの日記

<< 将棋の面白さに感動。 恋をしました。 >>