ビバ☆体育大会!!   

5月30日。土曜日。



さぁて。


時間もないので今回は急ぎ足で更新。







まぁ、朝8時に先遣隊(場所取り係)として弟Cと祖母、おばさんと共に中学校へ。

それから場所取りやら何やらで走り回り、午前9時。


開会式







紅軍の団長は我が弟「ミスターA」


・・・・・まぁ、今回からもう面倒だから名前出すかw


つーわけで弟AことYが登場。





弟AことY・・・。

リキペディアより背丈が数㎝大きく(175くらい)肩幅が大きいため兄であるはずのリキペディアより一回り大きく見える。

なにせ生まれてこの方ずっとバスケ人生と言ってもいいスポーツバカであり、その体力は化け物。

・・・・こう書くと弟バカだと思われるかもしれんが、事実足の速さとバスケの腕前では県内屈指。



本当に化け物w




ってなわけで。

校長先生による形式的な挨拶があり、D君と言う生徒会長が挨拶をした。


まぁ、よくあることだけども、校長の話より生徒会長の話の方がいいというパターンw


・・・・このD君は俺が2年前に生活部長として働いた時も1年生ながら副生徒会長として生徒会メンバーの重鎮として活躍。

・・・・・・まぁ、のけ者リキペディアより生徒会の中心でしたともw




で、応援合戦やら100m走、ハードル、200m、各学年団体競技。


まぁ、それぞれの応援にワイワイやりながら午前の最終種目、定番と言えば定番である組体操で「オォー」ってやりながら。


で、午前終了の解散の合図とともに3年間、自分の担任をしていただいたK藤先生にあいさつに行った。




「どぅも。こんにちわっす!」


「おぉ~久しぶりやのぉ~~。」




みたいに。

で。

「いやー。ようやく技術の先生スゲェーって思いましたよw」


「そうじゃろ~。ようやくわかったかぁ!」






・・・K藤先生は技術の先生であるので。

で、一緒にいた音楽の先生、K辺先生にも似た感じにあいさつ。



で、よく見ると奥の方に数学の先生O野先生がww


このO野先生。

無口・無表情・無愛想の3点セットをそろえたつわもの。


まぁ、笑う時は笑ったりするんだが、かなり珍しく、特に男子の前で笑うってのはあんまりないw
爆笑ってのもあんまりない。

でも、人望が全くないわけではなく、それはひとえに先生の人柄である。


無口だけど、無愛想だけども、なんか面白い。



そんな先生。

まぁ、あんまり親しく話したことはないが勇気を出して行ってみましたともww


「どうも、先生こんちわっす!」


「あぁ?おぉお。 よく受かったな」




・・・第一声それですかw


「いやーー。まぁ、難しいっすよww」


「お前・・・大丈夫か?変な解き方してねぇか?」


「あぁ・・・
(何か思い当たる節がw)だ、大丈夫です!!」




・・・まぁ、数学の先生だしwww



「お前昔っから『なんでこんな解き方するんやろ』ってのがあったけんなぁ。」



「あ、そう・・・ですか??」





ううぅ・・・・身に覚えが・・・・・・・・・・。





ま、まぁ、適当にやり過ごして昼食。そして午後の部の開始。



午後。



中学時代の友人、M尻も登場し、騎馬戦の戦術指揮で二人でワイワイ。





「おぉ! 白軍は鶴翼の陣ですな!!」


「・・・・・・。」


「それに対し紅軍は・・・ おお。戦力の集中を図っております!」


「・・・・・・・・・・。」


「白軍は右翼より前進・・・紅軍は中央突破ですな」


「・・・・・・・・・・・・・・・。」


「っておお! 白軍、これは車がかりの陣であります!」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


「側面より白軍の襲撃を受け紅軍は総崩れですな」







ってあぁ・・・。

はしゃいでるのは俺だけですかww



まぁ、こんな感じでw






で、最終決戦リレー。



100点近くのアドバンテージを持つ紅軍にとってここで負ければ逆転負け。

当然、白軍は大逆転大チャンスと言うわけだ。




で、スタート。
色は4種類(赤・白・青・黄)


1年生、2年生では赤・白が2人接戦を繰り広げ、それより離れて青と黄が接戦を繰り広げている。

しかし、前者は白。後者は黄が優勢。



最終走者になる直前までそれぞれ10m程の差。




紅軍「赤」最終走者、弟AことYに。

そして白軍「白」最終走者、M尻の弟Sに。



コンマ2秒~4秒の差でバトンが渡る。









「行けぇ! Y!! 追い越せぇい!!!」


「逃げろ! S!! 逃げ切れぇ!!」





双方共の兄、俺とM尻が吠える。



バトンが渡って最初のコーナー。

後ろからYが追い上げ、そうはさせじとSが逃げる。




次の直線にてYとSが重なり、Yが前に出る。


そして最終コーナー。
YがSを何とか追い抜き、直線を疾走。

Sが必死に食らいつくが、本当にわずかな差でYが先にゴールのテープを切った。




同時に50mと程離れて走っていた青と黄も接戦の末に黄が前に出てゴールイン。







…てな訳で。




閉会式となり得点発表だ。




・・・・2年前。

この司令台の上には俺が立ち、得点を発表した。



・・・・まさか俺が見る側とはね。



で、得点発表は先ほどの生徒会長。D君だ。


マイクを使わず大声で生徒会長兼記録係長は言った。





「さぁ!みんな! 得点発表の時間だ!」



「何点とれるか楽しみだなぁ!!」






・・・。


何この奇妙なハイテンションwww






「まずは一ケタ目! 行ってみよぉぉぉ!!」



「ジャジャジャジャン!!」






・・・と、まぁ、こんなハイテンションで得点を発表していき、120点以上の差で紅軍が大勝した。



・・・・・・・1162点と1024点だったか?




まぁ、自分の時は180以上の差だったしww

ってなわけで奇妙にハイテンションなこの生徒会長、Dによる得点発表でみんなの笑い(失笑かもなw)を誘ったわけだ。



しかし、まぁ、こんな得点発表は正直すごい。

俺が発表した時は淡々とした声で得点を発表しただけだったからなww


笑いのかけらも感情も表情なかったな。






・・・・ちなみにこの生徒会長D君。

何を隠そうA子の弟である。



・・・・まぁ、A子についてはヤナロ事件(08年7月6日)以前の記事を参照なんだけどもw





さて。

で、終わって、解団式。
弟Aが団長からの最後のお言葉を言ってる。


まぁ、こんな場面は俺がいるとやりづらいだろうから、M尻と共に体育館裏へ行く。

・・・ま、声は聞こえてくるんだけどもw



・・・・・・・・・若干上ずったような声。

泣いてるだろうということは簡単にわかるが、俺は何も聞いてないさ。


俺はいないし聞いてない。


そういうことにしといてやるよ。



やれやれ・・・・。

お疲れさん。






で、片付け。

去年もそうだったが、俺はM尻と共にテントを片づけ、机を体育館へと運びと東奔西走。


生徒よりたくさん働いたなw



まぁ、それがなぜか心地よく感じるのは不思議だ。

なんか晴々しいというかねw


さてさて。








お疲れさん。






日本ブログランキング登録中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
君のクリックが私のヤル気をあげる!!
日本ブログ村「高専生ランキング」
↑1日1回クリックよろしくです。
[PR]

by rikipedia | 2009-05-30 22:08 | 歴史バカの日記

<< ジーク・ジオン!! 運動会☆ >>