返事がない。ただのバカのようだ。   

さぁて。




えーーー。


去年の反省をなんら生かさずにものの見事なまでに微積に完敗し、その負け方はマリアナ沖海戦やレイテ沖海戦にも勝るとも劣らないものでありますが・・・。



さて。



最近、クラスに軍事について語れるべき仲間ができました。

・・・先日CGで作った軍艦やらの戦術本(双葉社様)を見せたらかなり喜んでくれました。



嬉しい限りです。



大和や翔鶴が好きなリキペディアですが、そいつは武蔵が好きな様子。
まぁ、確かに長門から受け継いだ連合艦隊旗艦の座は一時的に大和に譲って、その次に武蔵へと行きましたからなぁ・・・。


それに電探やらも武蔵の方が装備が早かったはず・・・。
対空砲は大和でしたか?




・・・っていつか書いたなこんな記事。

さぁて。
軍事を思い出したのはほかでもなく、文芸の締切だからであります。



まぁ、一応2つ書いて推敲もいくつかしてはいるわけですが・・・。







軍事をどうしようかと。



まぁ、ミリタリーとも呼ばれてたりするこれ。

(自分にとって)第一回と第二回の部誌に「こんなの書いて恥ずかしくないのか?」と怪訝な顔をされながら載せたやつですが・・・。



いや・・・。
まぁ、部長やらに正式に通達はしてないだけでもう書く気はほとんどないです。

まぁ、途中で放り投げた感があるから「最後までやれ」って言われそうなのを恐れて。
・・・・まぁ、誰も読んでないから気にされないわけでもありますが。




それに参考資料やら探すのが面倒です。




今回、まぁ、皮肉なことに普通(とリキペディアが思っている)作品を書いててわかったことでありますが。



軍事はまず、地形を調べ、兵力を把握し、登場人物の思考も考えて、作戦を練って、兵器の性能まで調べます。

例えば、何か一つ海戦があるとすれば。






まず、どこでやるか(地形)を考えます。

・・・なので今現在、中学校の地図帳が棚にあります。



で、次に参加兵力。
多すぎると日本の資源状態が悪化するだろうし、移動とかも面倒になる。
次の海戦に参加させる艦も考えて選ぶわけです。


で、選んだ艦を集めて、艦隊を編成します。
機動艦隊ならば空母を中心に重巡や軽巡を中心に。
まぁ、大きい開戦ならば日本なら金剛型戦艦を随伴させたり。


打撃艦隊ならば戦艦中心。
警戒艦隊ならば軽巡や駆逐艦を中心。


輸送船団ともなると護衛の艦も考えなければ・・・。





で、同じようなことを米軍側も。



次に登場人物。
どの艦隊のどの艦に誰を載せるかを決めます。

沈没する艦ならばなおさら重要。
性格等も考えるので結果に大きく影響が・・・・・。



で、両軍とも参加兵力の指揮官が決定したら次は作戦。
先ほど決定した艦隊全ての艦の能力を考えて、何時間あればどこまでいけるかを地図帳より計算。

空母があれば発艦時間と航続距離も考えて・・・。
どう動くか決定してから作戦内容。


包囲なり突撃なり迂回なり。



あぁ・・・・。
これだけでも面倒なのに、小説を実際に書くとならば兵器の様子や人物と相手のせめぎ合いも書かなければならんとは。




まぁ・・・。
そんなわけで大変です。



ではでは。











追記。
もしも先輩に「途中でやめるのは許さん」って言われた時のために軍事も書いておこうかと。

あぁ・・・。
時間がない・・・・。

軍事全く書いてないですよーーーー。







日本ブログランキング登録中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
君のクリックが私のヤル気をあげる!!
日本ブログ村「高専生ランキング」
↑1日1回クリックよろしくです。
[PR]

by rikipedia | 2009-05-21 21:54 | 歴史バカの日記

<< 正規空母翔鶴型・正規空母大鳳型 到達度の結果。(微積) >>