東方「緋想天」 ルナティック攻略日記   

まぁ、最近ハマってるわけですよ。苦笑。



東方の格ゲーに。



ってかまぁ、自分初心者なんでほとんどコマンド知りませんが。








弱射撃と強射撃しかしませんww


敵が近づいてきたら格闘だけ押して、適当に射撃。





格ゲーなのに射撃が強いと言うのがこのゲームの特性。



つまり。




リキペディア向き。





だってねぇ・・・?


リキペディア射撃大好きですよ?




コーエーさんの「鋼鉄の咆哮Ⅱ ウォーシップガンナー」やら、タイトーさんの「零式艦上戦闘記・弐」やら。

時々攻略を書いてる「提督の決断Ⅳ」やら。




ガンダムも結構好きですが、やはり射撃ばっかり。




格闘命の「めぐりあい宇宙」でさえ、ゲルググMのビームマシンガンをチマチマ撃つというせこさ。







だから、コーエーさんとバンダイさんにお願いです!!




ガンダム+鋼鉄の咆哮
を作ってくれ!!





鋼鉄の咆哮・・・軍艦を自分で設計して、その軍艦でミッションに挑む。シューティングの要素もあり、設計もできてめがっさ面白いリキペディア一押しの作品。




つまり。
ガンダム(1年戦争限定。ここ重要)にて、軍艦の艦長の戦いみたいな。


連邦陣営ならばサラミスから始まってマゼラン、ホワイトベースへ。
もちろん、設計は自分で。


ジオン陣営ならばムサイ、チベ、ザンジバルと来て、最後は何と言ってもグワジンやドロス!!



まぁ、MSとの戦闘力の差が半端ないけども!!



そこは頑張ってとしか。




最初はルウム戦役から始まって、最後はア・バオア・クーとかね。


つーーわけで作ってくれねぇかなぁ~。








・・・・・って話題が大幅にずれた。



ええーなんの話題だ?
(真面目に忘れてた)






あぁ。
東方でしたか。




まぁ、そんなわけで、友人からもらって1週間ぐらいはイージーやらノーマルやらで。

それからハードとルナティックを始めたわけですが・・・。














あぁ~~~。




弱い。





弱すぎる。







正直、拍子抜けだ。




マリサで遠距離からボカボカしてりゃぁ、楽勝じゃねぇか・・・・。




まぁ、いわゆるチキンプレイヤーなんだけどさ・・・・・。
(それゆえに対人は弱いと思われる。なにせワンパターン)





CPUは、当然のことながらそんな柔軟性に欠けるから射撃だけでも行ける訳で。







まぁ、チキンプレイヤーと言われようとも勝利すればいいリキペディア。


あれっすよ。
勝ってなんぼですよ。



とにかく勝てばいいんですよ。




ごくせんとかって不良グループみんなで投石してればヤンクミ重傷ですって。苦笑。


それを何をトチ狂ったか鉄パイプ持ってるのに素手の女教師に負けると言う不良グループ。




よく見てると不良たちは一人ずつ攻めると言う武士道。




しかも、味方がやられるのをキチンと見届けてから次の人が行くという、プールのスライダーの順番待ちのような丁寧さ。


ある意味、礼儀正しく、1対1が大好きな武士道ですね。





まぁ、兵法学的に言うと、一人ずつで攻めるのは「兵力の集中」を怠ると言うバカバカしい限り。

さらに言うと、「逐次兵力投入」という禁じ手でもある。







まぁ、簡単に説明すると。

A・B、二つのグループがあって、兵力は双方ともに10人。一人ひとりの力も同じとしよう。



で、BはAに対し、一人ずつ殴りこませたとしよう。

で、それに対しAは10人で挑んだとしよう。



ハタから見れば10対10だが、戦闘だけみれば10対1だ。
もちろん、10人のうち、一人を道ずれなんてこともできなくはないが、多分に不可能。


・・・・誰しも自分と同じヤツ10人に囲まれて、そのうちの一人を立てなくなるまでボコボコにするのは無理なわけです。



つまり、Bは一人ずつ兵力を出した、いわゆる「逐次兵力投入」で負けた。

一方、Aは戦力を集中させた。いわゆる「戦力集中」ができていた。




まぁ、簡単な兵法学で、基礎ともいえるもんですが、要するに不良はそれがわかっちょらんのです!!




・・・・さて、兵法の基礎を語ったところで。

ちなみに、「戦力集中」には、相手の戦力と自分の戦力から被害と戦果を計算する「ランチェスターの法則」なるものがあるので。


戦略ゲームとかで兵力の配置を困った時に使ってみてください。


ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2009-05-16 23:50 | 歴史バカの日記

<< 到達度テストまであと3日。(ば⑨か) 新型インフルエンザ日本国内初発見 >>