製図にて   

5月8日。金曜日。



たった二日行っただけで休みとは。

いやはや嬉しきかな。





で、そんな金曜日の最後の講義。




ずばり製図。
2時限をフルに使ったその講義。






そこで我が軍は意外にも苦戦を強いられた。







まず、スケッチ1回目。
いくつかの注意を受けたが、まぁ、よいだろうとのことで次の用紙をゲット。



製図道具を忘れ、満足な装備とは言い難かったが、リキペディア軍は善戦し、3時10分ほどに2枚目の清書製図を完成させた。











つーーわけで。








第一次総攻撃開始。




「製図清書、これでも食らえ!」



「隊長! 敵の嫌味攻撃です!!」


「ぐわっ抜かったわ。 側面図の中心線を書き忘れるとわぁあぁ!」
















第一次総攻撃失敗。



まぁ、そんなわけで、1回目の提出は先生の嫌味攻撃の餌食となり跳ね返された。










で、中心線を書いて、指摘を受けた各部の寸法線の記入を変更。






そして。












3時25分。
第二次総攻撃開始。





「よし!これで完璧だ!」



「・・! 敵より反撃! 嫌味攻撃の反復です!!」





「さっき一緒に言えよぉぉおぉおお!!!!」












第二次総攻撃失敗。




先ほどのところに付け加え、新たに2か所、寸法の変更を指摘された。


ってか、教科書通り書いてるのに、それを変えるってのは先に言ってくれませんかね?







つーーわけで。



3時35分。
第三次総攻撃開始!!
(いい加減陥落しよぅや)





「今だ! 全軍突撃!」



「敵より反撃です!!」



「言い訳バリア展開!!」



「・・・!! 斜め部分の肉厚は7mmだと言ってます!」



「しまった! 肉厚だったかぁあぁ!!」














第三次総攻撃失敗。




まぁ、斜めの部分。
縦に測れば7mmなんだけど、肉厚で計算すると45度だから5mmほどに・・・・。


3度目の正直とか言う言葉はないらしい。




で・・・・。


それからも我が軍は突撃を繰り返しては玉砕し、第六次総攻撃を以ってようやく製図を陥落させた。


だってさ?
図面が黒いとか、中心線が長いとかそこら辺の注意受けてもなぁ・・・。


造ったら同じだって!!!




・・・こう思うのは俺だけですか?



まぁ、そんなわけで。



うん。

疲れたっす。
[PR]

by rikipedia | 2009-05-08 21:29 | 歴史バカの日記

<< 第一次メアド整理。 ヘイル・タイタニア!! >>