体育でのバレー(全戦全敗の奇跡)   

4月30日。木曜日。





さぁて。


まぁ、今日、体育でバレーがありました。



俺のチームは、H間君やM浦君、A上やU木氏、S藤殿とB場ちゃん、そして俺の7人構成。



結構アグレッシブな人が多く、自分もこのチームでよかったぜなんて思ってたチームだ。






でー。






まぁ、今日も試合をやったんだが。








全戦全敗。














という、もはや快挙。
3回やって、3回連続敗北。




さて、誰のせいだ?















はい。私です。






飛んできたボールは取らないし、とったらとったでどこか変なとこへ飛ばすし・・・・。
H間殿には「ヤル気ねぇやろ?」と言われる始末。




我がチームの失点、45点のうち、18点が俺だ。
普通、7で割れば6~7が普通なんだが・・・・・。


まぁ、それでお見合い状態となって取らなかった点数を含めればもっと上がるんだがなぁ。




で、リキペディアのやる気なしオーラ(自分では頑張ってるつもり)はみんなにも伝染するようで。
2回戦あたりは特にひどかった。






うん。
申し訳ないなと・・・・・。







相手人数の関係で自分が抜けることが何回かあったが、その時が大体点数稼いで、自分が入った途端に逆転・敗北する、または点差が開くわけで。


ちなみに得点はサーブ2点のみ。
失点が約10倍と言う奇跡。














あぁあぁあぁあ・・・・・・・・。

やっぱこんなときに大体、「自分他のチームならなぁ」なんて思ったりする。
まぁ、他のチームでも負け続けで同じこと思ってるんだろうけども。


そういや、自分がいたチームが勝ったことってあまりない。
むしろ、それで負けてると言っていいぐらいだ。



小学生の体育の時。半期にわたりバスケしたのに、1回も勝利の文字が踊らなかったのは自分のチームだけだったし、中学生の時には体育大会の騎馬戦で、味方団長の騎馬に激突して味方を敗北へと引きずり込んだこともある。






うわーーーなんじゃこりゃ。
死神以上のジンクスですねこれは。


まぁ、「ヤツがいると負けるー」なんて陰口を叩かれるのは慣れたこともあったか。







まぁ、そんなこと思いながら2回戦終了後の審判をしていたわけだが・・・・・・。



ふと、コートの中の友人が目に映る。

K藤A士殿だ。

確か・・・バレー部だったか。
さすがとでも言うべきサーブの威力と、接近戦の強さ。

アシストもきれいである。




俺もあのくらいうまければねぇ・・・・。
せめて迷惑をかけない程度の能力が欲しいですよ。

自分の居場所を確保でき、迷惑にならない程度のそんな実力が。






そんなわけで2年最後のバレーはこうして終了。
後味の悪いこと限りない。



俺がいない間、なんか陰口でも叩かれてそうだけども、この成績じゃぁ、文句も出ない。
つーーか、事実。既成事実。




やれやれ・・・。



ってなわけで若干落ち込み気味のリキペディアがお送りいたしましたー。












今日のひとこと。
「みんなゴメン。」
[PR]

by rikipedia | 2009-04-30 19:57 | 歴史バカの日記

<< ケータイの整理 リキペディア、東方デビュー >>