イタ電で警察呼ぶ   

4月27日。月曜日。



さて、我が2Mは一週間始まって早々、スゲェことをやってくれました。











「イタ電で警察呼ぶ」






さすが、我がクラス。

常識やルール、道理なんてもんは一切通用しません。



それが我が2M!!!

(開き直りやがった)




まぁ、簡単に説明すると、A君がB君のケータイを借りて警察に2回イタ電をし、さらにC君のケータイでもう1回イタ電したわけだ。
(今回はプライバシー保護のため、アルファベット順で名前を記載)




それを昼休み中にしたため、午後の授業中は二人のケータイに何回も着信があったそうな。苦笑。




で、4時限目が終わった途端、担任のO木が怒りながら来たわけだ。














え?
常識がないって?


いやいや。
そこが我がクラスのいいところでもあるのだ。


確かに、悪いこともよくやってるが、逆に陰湿・陰険なことは全くなく。
(まぁ、堂々とロッカー蹴るのも・・・。苦笑)





同学年の某クラスは怖いでありますよ。

陰謀やら、裏切りやら・・・・・。



ホント、影で何やってるか分かんないクラスがある反面、自分はこのクラスに入れることを光栄に思わなければ。




まぁ、堂々と、「リキペディア留年決定~。イエーーイ」とはしゃぐクラスでもありますが・・・・。





ま、まぁ、素直なクラスってことでさ?
うん。




まぁ、いつものようにS保殿やH前殿は俺を留年させたがっていたが、まぁ、自分としてはこのクラスが一番居心地がいいため、出来る限り留年は避けたいところだ。










我々2M。
今後ともさらに賑やかで楽しく、明るいクラスになるよう頑張っていきたいものだ。











追記。
昼休みまでにレポートを提出し、クリアしたぜ――。
[PR]

by rikipedia | 2009-04-27 18:45 | 歴史バカの日記

<< やれやれ・・・・・・。 え、何のイジメ? >>