え、そうやって作るんだ・・・。   

4月26日。日曜日。



さて。


まぁ、日曜です。



明日は月曜と言うことを、自分のケータイやパソコン、その他いろいろなものが知らせてくれますが、いつまでたっても自分は信じられません。






俺は昨日学校行ったのに!!









そして。

今日も行くのに!!!








まぁ、その話題は後で置いとくとして、先にOVA的なものを。




まぁ、あとで更新しますが、10時に部室へ集合したリキペディアは、忘れ物があったので、寮に一回戻りました。





さて。

自分の部屋に行くには、調理室(新聞があったり、台所があったりする場所)の前を通るのだが。





その部屋の中に一人。





椅子に座って真剣な表情でグレープフルーツの中身をほじくりまわす、某友人が。

(いつもどおりアルファベットとかで名前を書きたいが、本人の要望により、某友人となりました)






リキペディア
「何やってんのさ~?」



某友人
「ん? ゼリー作ってる」




と、某友人。


作り方を尋ねると、まず、グレープフルーツの汁をしぼり、果肉を取り出す。


そして、鍋で水・砂糖・寒天・グレープフルーツの汁を暖め、沸騰するちょい前になったら先ほどほじくったグレープフルーツへ再投入。


つまり、グレープフルーツの皮が容器なわけだ。




で、作業手順を見せてもらった。




うんうん。
なるほどーー。


ゼリーってこうやって作るのかぁ~。

と、勝手に感心。



しかし、まぁ、某友人がコマゴマとゼリーを作っていたのは結構意外だった。
うむ。イメージ的にこんな細かいことはしなさそうな人だからなぁ。笑。




どうやら、グレープフルーツが大好きのようで。

俺は酸っぱいもの苦手だぜ。苦笑。





さて、じゃぁ。このくらいにして、本編作成に入るかな。





ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2009-04-26 18:48 | 歴史バカの日記

<< 機械基礎論の追認レポート ~量... すずぬーと 「都道府県大戦」の... >>